anone第7話|ハリカと亜乃音の本音

ドラマ「anone」

どうも、夏蜜柑です。
水10ドラマ「anone」第7話。

とうとう偽札作りがスタートしてしまいました。ハリカと亜乃音が本物の親子のようで、切なくもあり嬉しくもあった第7話でした。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第7話のあらすじ

  • 理市(瑛太)から脅された亜乃音(田中裕子)は偽札作りへの協力を決意。るい子(小林聡美)と舵(阿部サダヲ)も従う。
  • ハリカ(広瀬すず)を犯罪に巻き込むまいと、亜乃音はハリカに内緒で偽札作りを始める。ハリカは彦星(清水尋也)のために、時給のいい夜間の仕事を増やして必死に働く。
  • 万平(火野正平)にうっかり偽札を渡してしまった亜乃音は、万平が居眠りをしている隙に本物と入れ替えるが、万平はその一部始終を見てしまう。
  • ハリカは偶然偽札作りの現場を目撃し、亜乃音の反対を押しきって理市に会いに行く。理市が亜乃音を脅して偽札作りに協力させていることを知り、怒りをぶつけるハリカ。
  • 亜乃音はハリカが偽札作りに協力することを許し、「その代わり何かあったときは私が母親になって守る」「私のそばから離れないで」と言う。
スポンサーリンク

第7話の感想

偽札作りなんて、始めないでほしかった。
あの人たちが犯罪に手を染めるところなど、見たくなかったのです。

でも、なんだかとても楽しそう。

コタツでみかんを食べながら一緒に作業しているところなんて、見ていてちょっとワクワクするのはなぜだろう。まるで文化祭の準備みたい。犯罪なのに。

冒頭、陽人に「家族?」と聞かれた4人が「家族じゃないよね」と答える場面がありましたが、「家族」と言えないあの人たちは、いったい「何」なんだろうかと、真剣に考えてしまいました。

亜乃音が偽札作りに協力するのは、娘の玲と孫の陽人を守るため。
そしてハリカの将来を守るために、彼女を偽札作りに巻き込むまいと必死に隠そうする。

亜乃音は、ハリカに“普通の女の子の幸せ”を手に入れて欲しいと願う。
母親の気持ちそのものですね。

けれど、ハリカにとってそれは意味のないことで。
何が幸せかは人それぞれ違うのですが、母親は、わが子に“普通の幸せ”を望んでしまうものなのでしょうね……。

ただ、亜乃音は、最終的にハリカの気持ちを尊重しました。
その代わり、何かあったら自分が守ると。

なんて素敵なお母さんなんだろうと、涙腺が緩んでしまいました。

母親が子供に普通の幸せを望むのは、子供のためだけではなく、自分が辛い思いをしたくないからでもあると思います。

亜乃音は、ハリカのために自分が苦しむ覚悟を決めた。
その決意だけでじゅうぶん。血縁の有無なんてどうでもいい。誰が何と言おうと、彼女はハリカのお母さんです。

とにかく嬉しそうな持本さん、野口英世で遊ぶ青羽さん、ひたすら集中の亜乃音とハリカ。4人とも今は楽しそうだけど、犯罪です。

火野正平さん演じる万平は、亜乃音の不審な言動に気づいた様子。
中世古の妻・結季も、秘密部屋の存在に気づきました。

彼らの偽札計画にほころびが生じたことを表し、不吉な予感を抱かざるを得ません。

4人を利用して偽札を作らせる中世古は、未だもって何を考えているのかわからず不気味です。

次回も気を揉む展開になりそうです。


ほかの記事を読む?

ドラマ「anone」 anoneロケ地情報|風力発電、テトラポットの海岸、病院、印刷所ほか ドラマ「anone」 anone第8話|ニセ札発覚、崩壊の予感