池松壮亮× 菅田将暉が喋るだけの映画「セトウツミ」感想&ロケ地&キャスト&あらすじ

映画「セトウツミ」

(C)2016映画「セトウツミ」製作委員会

2017年10月13日から、連続ドラマ「セトウツミ」が始まります。
このドラマ面白そう~と思って調べていたら、先に映画が制作されていたことを知りました(気づくの遅っ)。

で、ちょうどWOWOWで映画を放送していたので、なにげに見てみたら、これが面白い!漫才やコントを何本もつなぎ合わせたような内容で、お笑い好きにはたまらない映画です。

そこで、ドラマが始まる前に、映画版「セトウツミ」についてまとめてみました(今さらですけど)。

映画「セトウツミ」は、U-NEXTで動画を視聴できます。トライアル期間の31日間は、無料で見放題です。

映画「セトウツミ」基本情報

  • 製作年:2016年
  • 製作国:日本
  • 上映時間:75分
  • 公開日:2016年7月2日
  • 監督:大森立嗣
  • 脚本:宮崎大、大森立嗣
  • 撮影:高木風太
  • 音楽:平本正宏
  • 原作:此元和津也「セトウツミ」

映画「セトウツミ」原作

このドラマの原作は、此元和津也さんの漫画「セトウツミ」です。「別冊少年チャンピオン」2013年5月号より連載中。

大阪の男子高校生、瀬戸と内海が川辺で繰り広げる、ボケとツッコミにあふれた関西弁の会話劇を描いた作品。キャッチコピーは「この川で暇をつぶすだけの、そんな青春があってもええんちゃうか」

漫才のようなボケとツッコミ、絶妙な間、言葉選びのセンス。不思議な空気感と独特の視点が面白く、私もすっかりハマってしまいました^^

会話の面白さだけでなく、2次元ならではの“絵”が表現するテンポと間を楽しむ作品でもあると思います。おすすめ。

映画「セトウツミ」あらすじ

高校2年生の内海と瀬戸は、放課後にいつも河原でダラダラとしゃべりながら一緒に過ごす。性格は対照的な彼らだが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文章で悩んだり、ときには本音を語り合ったりと、話は尽きない。そんな2人を陰ながら見守っているのが同級生の一期だった。さらにはヤンキーの先輩・鳴山や、謎のバルーンアーティストたちが、2人の日常にちょっとした波風を立てていく。

映画「セトウツミ」登場人物(キャスト)

  • 内海想……池松壮亮
  • 瀬戸小吉……菅田将暉
  • 樫村一期……中条あやみ
  • おじさん……鈴木卓爾
  • 鳴山……成田瑛基
  • バルーンさん……宇野祥平

映画「セトウツミ」感想

とにかくね、本当に、ただ喋ってるだけなんですよ。
高校生の瀬戸と内海が。
そのへんの、どこにでもある川辺で。
ずーっと。

会話劇なので、ストーリーはないです。
衝撃的な展開もないし、感動も驚きも特にないです。

でもね~。
2人の会話に引きこまれちゃいました。
すごくセンスがいいです。
言葉の選び方。間の取り方。2人の掛け合い。独特の視点。

私は大阪出身者ですが、恥ずかしながらあまりお笑いに詳しくなくて、笑いに対するこだわりも知識もほとんどありません。
そんな私でも、「あ、すごい」と思うほど。

基本的には瀬戸が話題をふり、内海がクールにツッコむというパターン。
たまに内海がボケて瀬戸がツッコむこともまって、私はこっちが割とツボでした^^

ていうか、2人ともバカじゃないでしょ(笑)
内海は頭良いキャラ、瀬戸はおバカキャラなんだけど、こんな会話、賢くないと絶対無理ですよー。

内海役の池松さんは、福岡県出身。
瀬戸役の菅田さんは、大阪府出身。

菅田さんがお笑い大好きなのは知ってたので、ノリがいいのは納得。
池松さんの大阪弁も、上手かったと思う。少なくとも私は違和感なかった。
何より2人の息がぴったりで、かなりイイ感じでした。

大笑いするというよりは、クスクス、ニヤニヤする笑い。
オチが見事に決まると、爽快な気持ちになりますよ。

で、なぜか、ちょっとだけ切ない気持ちになる。

汗を流したり、夢中になったり、必死に反発したり。
そういうことを一切しない、青春。

疲れている時、まったりしたい時に、おすすめです。

映画「セトウツミ」ロケ地

この映画の舞台となったのは、大阪府堺市です。

ザビエル公園そばの内川


瀬戸と内海の放課後の定位置となっていた“いつもの川辺”は、大阪府堺市堺区にあるザビエル公園そばの内川沿いです。

【ザビエル公園】
住所:大阪府堺市堺区櫛屋町西1-1
アクセス:阪堺電軌阪堺線「花田口」駅下車

泉陽高校


瀬戸と内海たちが通う高校には、大阪府立泉陽高校が使用されました。
住所:大阪府堺市堺区車之町東3丁2-1
アクセス:阪堺電軌阪堺線「花田口」駅から東へ300m

殿馬場中学校横の路地


瀬戸と内海がヤンキー鳴山にからまれる場所は、堺市立殿馬場中学校の横の路地です。
住所:堺市堺区櫛屋町東3丁

殿馬場中学校横の通り


内海が下校時にいつもひとりで歩いている道は、堺市立殿馬場中学校の横の通りです。
住所:堺市堺区櫛屋町東3丁

西然寺


瀬戸が恋をする樫村さんの家(お寺)には、西然寺がロケ地に使用されました。
住所:大阪府堺市堺区戎之町東5丁1-32

 

ドラマ「セトウツミ」については、こちら↓で書いています。

http://dramaeveryday.com/sinya_setoutsumi_0/