ドラマ「CRISIS」第1話あらすじと感想:規格外のスケール

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

(C)関西テレビ

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第1話を見ました。

国家の危機に立ち向かう秘密部隊を、「規格外」のひと言でまとめてしまったところがすごい(笑)

ドラマ「CRISIS」は、フジテレビオンデマンドで各話有料配信しています。

第1話あらすじ

元自衛隊員の稲見朗(小栗旬)と、元公安の捜査員・田丸三郎(西島秀俊)が所属する公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)直轄の秘密部隊。
常識では計れない事件に脅かされる現代で、各分野のスペシャリスト5人が集結し、国家に危機をもたらす政治的事件やテロを秘密裏に捜査し、解決を図る。
ある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が現れ、辺りは騒然となる。
現職の外務大臣の息子である圭介は、これまで薬物や傷害など数々の罪を犯してきたが、親の権力によって逮捕を免れてきた、いわくつきの人物。
犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、夜のニュース番組での公開謝罪を要求。さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑するという。
鍛治からの指令を受けて、現場に急行した稲見や田丸、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲(新木優子)ら特殊班のメンバー。
親の加護のもと、やりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、班長・吉永三成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出す。
タイムリミットが刻々と迫るなか、稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触。そこで、ある驚きの事実を知ることに。
さらに稲見は犯行現場に関して“ある疑問”を抱いて――。(公式サイトより)

スポンサーリンク

第1話感想

冒頭からアクション満載で、小栗旬も西島秀俊もめちゃくちゃカッコよかった!
ストーリーもアクションも骨太で重厚なドラマですが、時々笑えるユーモアもあって、見ていて飽きないです。

放送される前から、カンヌで開催された世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPTV」で上映されるなど、期待度の高いドラマでしたが、期待に応える内容だったと思います。

【CRISIS】には、「危機」「重大局面」「転機」「運命の分かれ目」といった意味のほかに、「精神的ショック」という意味もあります。

特捜班のメンバーも、それぞれ何か闇を抱えてそうですしね……。
そのあたりも徐々に明らかになっていくと思うので、今後の展開が楽しみです。

キャスト

稲見朗……小栗旬
特捜班の捜査員。かつては自衛隊に所属し、その際に従事したある特殊任務での経験によって心に深い傷を負い、それがきっかけで除隊した過去を持つ。高い格闘技術と身体能力の持ち主で、時に無鉄砲なまでに周囲の想像を超える派手な立ち回りで犯人を制圧する。

田丸三郎……西島秀俊
真面目で常にストイックな特捜班の捜査員。かつて公安部外事課に所属していたが、ある事件がきっかけとなり異動を命じられ、その後特捜班に引き抜かれた。高い格闘技術を持つが、派手な立ち回りの稲見とは対照的に冷静沈着な動きで犯人を制圧する。

吉永三成……田中哲司
特捜班を統率する班長。元警視庁捜査一課の刑事で、観察眼が鋭く、取り調べの名手。捜査班では唯一の既婚者だが妻と一人娘とは別居中。

樫井勇輔……野間口徹
特捜班の捜査員。抜群の嗅覚を持ち、匂いが色分けされて見える「共感覚」と呼ばれる特殊能力の持ち主。かつては機動隊爆発物処理班に所属していた。

大山玲……新木優子
サイバー情報分析のスペシャリスト。クールに振る舞いながら心に闇を抱えている。元凄腕のハッカーで、官公庁や大企業のサイトへ不正アクセスを繰り返した過去がある。

鍛治大輝……長塚京三
過去の経験でスネに傷を持つ5人をスカウトし、自身直轄の秘密部隊として特捜班を組織した。極めてドライかつ合理的な考えで特捜班を使う切れ者で、誰もその本心をうかがい知ることはできない。

引用元:http://www.ktv.jp/crisis/