「FINAL CUT」第6話あらすじ&感想:どう見てほしいの?面白さが伝わらない演出

ドラマ「FINAL CUT」

どうも、夏蜜柑です。渡部さん、平野さん、銀メダルおめでとうございます!

さて、火曜9時ドラマ「FINAL CUT」第6話。

慶介の正体が丸見えになりましたが、コレは想定内なんでしょうか。12年前の事件は依然として謎のまま。制作側は、このドラマをどう見てほしいんでしょう…。

※ドラマ「FINAL CUT」は【フジテレビオンデマンド】で有料配信されています。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

第6話のあらすじ

  • 慶介(亀梨和也)は雪子(栗山千明)に目的を見破られたことに気づき、姉妹との接触を断つ。百々瀬(藤木直人)は慶介を番組で取り上げようと企み、井出(杉本哲太)や真崎(水野美紀)らに調べさせる。
  • 慶介のもとを矢口(中村倫也)が訪ねてくる。矢口は、恋人で料理研究家の柴みちる(今野杏南)を殺した疑いで、マスコミに追われていた。慶介は矢口の無実を信じるが、矢口は突然姿を消してしまう。
  • 矢口が逮捕される。百々瀬は「矢口にみちるの写真を見せろ」と小池(林遣都)に命じ、写真を見て動揺した矢口は走行する車の前に飛び出す。
  • その場にいた慶介が矢口を助けるが、警察官としての姿がテレビ中継されてしまう。真犯人が捕まり、矢口の無実は証明される。
  • 慶介が警官だと知った雪子は、慶介を呼び出し「本当のことを教えて欲しい」と言う。

第6話の感想

今回はファイナルカットなし。例のセリフもなし(ホッ)。

慶介、小河原姉妹に目的を見破られてしまいましたね。

百々瀬にはターゲットにされ、高田には「MP.info.net」の存在を知られ、テレビに映って全員に警察官だということがバレバレ。

これ、主人公ピンチなんじゃ……?

でも、慶介に焦ってる様子が、まったくないんですよね。
どういうことなんでしょうか?
ぜんぶ想定内なの?

なんか……状況がよくわからない( ̄ー ̄?)

このドラマの欠点がひとつわかりました。
視聴者にどう見て欲しいのか、制作側の意図が伝わってこない(ハッキリしない)ことです。

今、主人公のカッコ良さに惚れ惚れする場面です!
今、主人公の密かな企みに気づいて驚く場面です!
今、禁断の恋にドキドキする場面です!
今、手強い敵の存在にゾッとする場面です!
今、主人公のピンチにハラハラする場面です!

っていう、視聴者の気持ちを誘導する演出に欠けているように思います(わたしがバカなのかもしれませんが)

ドラマの内容にもよりますけど、「FINAL CUT」みたいな復讐劇の場合、過剰なくらいの演出でちょうどいいのではないでしょうか?

主人公のキャラクターにしても、ミステリアスに見せたいのか、カッコよく見せたいのか、ピュアで優しい人間に見せたいのか、なんだかよくわかりません。

個人的には、亀梨さんは表面的なカッコ良さを売る役よりも、内面的な人間性を売る役のほうが、合っていると思いますけども。

もし、主人公を「ピュアで優しい人間」に見せたいのだったら、復讐劇というストーリーとは合わないと思うんだけどなぁ……。

ゲストの使い方も、あんまり上手いとは言えないですよね。
今回はせっかく中村倫也さんだったのに、人物設定が浅くて非常にもったいなかった。

今回は文句ばかりですみません(ーー;)

まぁでも、禁断の恋百々瀬との対決事件の真相もこれからなので、後半で盛り上げてくれることを期待します。

チェインストーリーのあらすじはこちらで書いています▼

「FINAL CUT」チェインストーリー各話あらすじ(ネタバレあり)
放送中の火曜9時ドラマ「FINAL CUT」チェインストーリーの各話あらすじ(ネタバレあり)をまとめました。今後も随時、更新していく予定です。

「FINAL CUT」の記事一覧を見る