ドラマ「ハロー張りネズミ」第1話ネタバレ&感想:死語満載でも新しい探偵ドラマ

ドラマ「ハロー張りネズミ」第1話が放送されました。

どことなく昭和の懐かしさが漂いつつも、今どきの台詞とテンポの良さで、とても見やすくて好感の持てるドラマでした。
第1話は割とオーソドックスな人情ものだったので、今後は予想を裏切るエピソードを期待したいです!

スポンサーリンク

第1話「代理娘」あらすじ

東京都の板橋区、下赤塚にひっそりと佇む「あかつか探偵事務所」。お気楽所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、事務所の下にあるスナック「輝(キララ)」にて、今日ものん気にバイトの萌美にちょっかいを出す日々。そんな時、天井からドンドンと音が響く。さらに三回ドンドンドンと響き、それが所長の風かほる(山口智子)からの依頼の合図だと気付いた五郎とグレは、急ぎ事務所へ戻った。昼間から酎ハイをあおるかほるに悪態をつかれながら迎えられ、二人は事務所に尋ねてきた依頼主と対面。その男の依頼は、なんと、一ヶ月前に亡くした娘を探してほしいというものだった。その話を聞いた五郎とグレは……。

第1話「代理娘」ネタバレ

東京都板橋区、下赤塚の商店街にある「あかつか探偵事務所」は、誰も引き受けたがらない面倒な案件ほどやりたがる、という一風変わった探偵事務所。

ある日、川田(伊藤淳史)という男が事務所にやってきます。所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)が話を聞くと、川田は一か月前に交通事故で10歳の娘・美花を亡くし、妻・美保もまた同じ事故で危篤の状態にありました。

病院のベッドの上で「美花と会いたい」と呟く妻に、川田は娘が死んだことを告げることが出来ず、連れてくると約束してしまいます。

川田は、いつ死んでもおかしくない妻に、娘を会わせてやりたいと言います。「娘にそっくりな女の子を探してもらえませんか?」という川田の依頼に、戸惑う五郎とグレ。

川田が帰った後、所長の風かほる(山口智子)は「探偵の仕事じゃないね」と言い、グレは「あんなの無理に決まってんじゃねえかよ」と言います。

「仮にだな、何らかの方法でそっくりな子を見つけたとしても、全然知らない死にかけのおばさんが目の前にいて、娘のフリなんかできるか?」

しかし、テレビドラマで子役の演技を見たグレは、「いけるか?」と考えます。さっそく、ふたりはグレの知り合いでドラマのプロデューサーをしている男に会いにいき、偽ドラマのオーディションをセッティングしますが、美花に似ている子は見つからず、失敗に終わります。

途方にくれるふたりでしたが、公園で美花にそっくりな女の子・遥(三本采香)を見つけます。しかし、遥は児童養護施設「あかつき園」に身を寄せている孤児で、幼い頃に母親を亡くし、父親から虐待を受け、その父親も亡くなっていました。

ふたりの話を聞いた遥は、「早く死ねばいい。死ねば、この子に会える。私も死にたかった。一緒に」と言います。心を閉ざした遥を前に、何も言えなくなってしまう五郎とグレ。

五郎が川田の会社へ行くと、川田が慌てて病院へ向かうところでした。妻・美保の容態が変わったと病院から連絡があったと言います。

ふたりは病院へ駆けつけますが、美保はもう意識もなく、危ない状態でした。五郎は病院を出て「あかつき園」へ向かいます。遥に話しかける五郎。

「これは君にはまったく関係のない話だ。いくら死んだ美花ちゃんが君に似てるからって、美花ちゃんのフリをしてくれなんて、ムチャクチャな話だ。それはわかってる」

五郎は、遥の前で土下座をします。

「でも、もし遥ちゃんが、自分が誰にも必要とされてないと思ってたりしたら、それは絶対に違う。死にたかったなんて言うなよ。遥ちゃんにはさ、絶対に生まれてきた意味があるんだよ。今までつらいことばっかりだったかもしんないけど、これからたくさんいろんな人と出会って、人と人の……」

言葉に詰まる五郎。

「だからお願いします!俺と一緒に病院に行ってください!」

遥は、頭を下げる五郎を黙って見つめていましたが、おもむろに立ち上がると、そばにあったハサミを掴みます。

病院にいる川田のもとに、五郎が遥を連れてやってきます。遥を見て、驚く川田。
遥は美花と同じ髪型にするためにハサミで髪を切り、バレエを習っていた美花と同じような衣装を身につけていました。

遥は病室に入ると、もう何も見えず何も聞こえない川田の妻・美保に「ママ」と語りかけます。

「はやく元気になって。発表会、見に来てね」

うつろだった美保の目が、美花の姿をとらえます。

「ママ?」
「美保?わかるか?美花だよ」

美保の目から涙があふれ、こぼれ落ちます。遥もまた、「ママ!死なないでよ!ママ、死なないで!」と泣きながら叫びます。

後日、美保の葬儀を終えた川田は、五郎に礼を言います。

「美花が死んで、美保も死んだら、僕もうどうしていいかわからなくなっていたと思うんです。たぶん、死んでいたと思います。でも今は、ちょっと大丈夫なんです」

川田は、五郎に頼んで「あかつき園」にいる遥に会いに行き、遥を引き取ります。
「うまくまとまったな」と言うグレに、「そんな単純なもんじゃない」と言う五郎。

遥が死んだ美花の代用品になっているのではないか……と心配する五郎。
所長は「いいじゃん、代わりだって」と言い、グレも「これから先のことは俺たちの心配することじゃない。なるようになんだろ」と言います。

バレエ教室に通う遥を、優しく見守る川田。
帰り道、ふたりはぎこちなく手を繋いで、家に帰ります。

事務所の下のスナック「輝(キララ)」で食事をしていた五郎とグレが事務所に戻ると、謎の美女・四俵蘭子(深田恭子)が待っていました。

第1話「代理娘」感想

冒頭で、帝国リサーチの人が言っていたように、“探偵”というと、ちょっと昔のイメージなんですよね。

“探偵”から連想するものと言えば、
酒とタバコ。サングラス。汚い事務所。謎の美女。昭和の香り。ジャズ。
それらを全部詰め込みつつ、うまく、現代風にアレンジしていたなぁと思いました。
「人情」なんて言葉、もはや死語に近いのですが、それがかえって新鮮だったり。

安達祐実さん主演のドラマ「家なき子」の名台詞(同情するなら金をくれ!)や、高田純次さんのCMから生まれた流行語「5時から男」や、とんねるず司会の「ねるとん紅鯨団」のお約束シーン(お願いします!待ったぁ!ごめんなさい!)など、昔のテレビ番組やCMをいじったネタも、当時を知る人間としては、楽しかったです(笑)

原作は未読なので、登場人物たちや作品の雰囲気がどう変化しているのかはわかりませんが、ドラマとしては見やすかったし、配役にも特に違和感は感じませんでした。

結末も、個人的には好感の持てる結末でした。
これで良かったのかどうか、わからない。
あのふたりがお互いを“身代わり”にして、これからうまくいくかどうかも。
でも、そのあたりのモヤモヤを、山口智子さんが「いいじゃん」って言うだけで、なんとなく救われる……(この役は、山口智子さんじゃないとダメな気がする)。

正直、今まで探偵ものは苦手だったのですが、このドラマは今後も見たいと思いました。

次回予告:第2話あらすじ

ある日、「あかつか探偵事務所」を一人の女性が訪ねてきた。ゴロー(瑛太)とグレ(森田剛)が依頼内容を聞くと、四俵蘭子(深田恭子)と名乗る女性は、25年前の新聞記事を手渡した。
そこには「サンダー貿易副社長・自殺」の記事が。副社長が飛び降り自殺したという報道だが、本当は殺されたと主張する蘭子は、殺された四俵乙吉(平田満)は自分の父だという。
ただならない依頼だと感じ取ったかほる(山口智子)は、全てを聞かずに蘭子の話を遮り断ってしまう。失意に暮れて商店街を駅へと戻る蘭子だったが、その蘭子をゴローが呼び止める。
「困っている美人は放っておけない」というゴローは、蘭子から25年前に起こった事件のあらましを聞く。それは、サンダー貿易の贈収賄および詐欺事件に関することだった。
なぜ蘭子の父・乙吉は殺されなければならなかったのか!? そんな中、ゴローと蘭子は南(リリー・フランキー)という男と接触する……。

引用元 http://www.tbs.co.jp/hello-harinezumi/