命売ります第8話|みんな死ぬ運命?

「命売ります」

どうも、夏蜜柑です。
BSジャパンの連続ドラマ「命売ります」第8話。

やや中だるみかなぁ。今回は面白くなかった。羽仁男が死のうとして死ねない話は面白いけど、羽仁男が死にたい男を助ける話は普通すぎて面白くないってことか。

羽仁男に懐いていた薫が何やら思い詰めている様子。起爆剤になってくれるかな?

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第8話「同業者、命安く売ります」のあらすじ

  • 高校生・莉子(萩原みのり)は、羽仁男(中村蒼)のマネをして「命あげます」とネットに投稿。一緒に死んで欲しいという子が現れるが、莉子は途中で死ぬのを辞めたくなったと言い、羽仁男に代役を依頼する。
  • 約束の場所へ現れた相手は、やつれた胡散臭い中年のおじさん・丸田雅夫(木下隆行)だった。てっきり莉子と同じ女子高生だと思っていた羽仁男は戸惑いつつも、2人が約束した「死ぬまでにしたい5つの事」を実行しようとする。
  • 実は、丸田もまた羽仁男を真似て命を売る商売をしていて、代役を頼まれたのだった。丸田はギャンブルと酒に溺れつくった借金苦から逃れるため、自殺したいと言う。羽仁男は「死ぬ理由があるあんたと俺は違う」と憤る。
  • 丸田は「本当に死にたい人間は自殺する」と言い、羽仁男の自殺願望を否定する。莉子に説得され、丸田は唯一の心残りである生き別れの娘に会いに行く。
  • 娘とまた会う約束をした丸田は、自殺を撤回し羽仁男に礼を言う。まともな感覚を取り戻しつつある羽仁男だったが、警察から丸田がひき逃げで死んだという報せを受けショックを受ける。
スポンサーリンク

第8話の感想

今回は助ける側に回った羽仁男。
自殺しようとしてる羽仁男が、自殺しようとしてる丸田を説得してもねぇ。

まったく説得力がないですよね。

羽仁男自身もそのことに気づいているようで。
必死に「あんたと俺は違う!」と叫び地団駄を踏む羽仁男。

羽仁男は、自分だけが特別だと思っているのかなぁ。

特別だと思っているのは自分だけじゃないんだけどね。だって、羽仁男を真似て命を売る商売やりたがる自殺志願者が、こんなにもいるんだから。

娘と和解し自殺を思い留まった丸田でしたが、やっぱり死んでしまいました。
羽仁男が助けても助けなくても、結局みんな死ぬんですね……(・_・、)

命を売る商売がネットで拡散され、「反社会的」と非難されはじめた羽仁男。
次回は第1話に登場した田中泯さんが再び登場するみたいで、嬉しいです。

そして前田さん演じる薫の心境にも何やら変化が……。
もしかして羽仁男が死ぬのを見届けようとしてる?羽仁男が死ぬのを辞めたら自分で殺そうとか考えてる?

気になるわー。


ほかの記事を読む?

「命売ります」 命売ります第1話|暗くて妖艶でゾクッとする三島由紀夫 「命売ります」 中村蒼主演「命売ります」原作・あらすじ・キャスト・主題歌