モンテ・クリスト伯第1話|おバカな主人公が復讐鬼に変身

ドラマ「モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─」

どうも、夏蜜柑です。
フジ木曜10時「モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─」が始まりました。

割と原作に忠実に作られてましたね。ただ、原作の設定やストーリーをなるべく生かして現代の日本に置き換えてるから、「いやいや、それはちょっと」って思う部分も(いつものことだけど)

でも、よく考えて作られてるなぁという印象も受けるので、そのへんはもうスルーします!

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第1話のあらすじ

  • 2003年春。柴門暖(ディーン・フジオカ)は小さな漁港の漁師。同じ町で喫茶店を経営する目黒すみれ(山本美月)との結婚を控えていたある日、暖の乗る遠洋漁船「海進丸」が遭難。すみれや仲間達が心配する中、2週間後に無事帰還する。
  • 暖は航海の途中で死んだ船長・バラジ(ベヘナム)から、英語で書かれた手紙を預かっており、そのことで警視庁公安部の入間(高橋克典)が訪ねてくる。バラジは、ラデル共和国のテロ組織「ククメット」のメンバーの疑いをかけられていた。何もわからないまま入間に手紙を託す暖。
  • 結婚式当日、暖はテロ資金提供処罰法違反の容疑で逮捕される。暖は無実を訴えるも、入間の策略に嵌まりラデル共和国へ送られてしまう。実は手紙の宛先は入間の父・貞吉(伊武雅刀)で、貞吉はククメットに多額の資金援助を行っていた。入間は、暖に罪を被せ、ラデル共和国に囚われている人質と交換したのだった。
  • 暖の母・恵(風吹ジュン)は、すみれと一緒に暖の無実を訴えるが、心ない人々からの嫌がらせを受けるようになる。暖の地元仲間である南条幸男(大倉忠義)、神楽清(新井浩文)、寺角類(渋川清彦)の3人は、すみれを心配しつつも何かを隠している様子を見せる。
  • 暖は、ラデル共和国の海に囲まれた刑務所で激しい拷問を受ける。テロリストとのつながりについて訊かれるも暖は何も答えられず、地下の独房に幽閉される。8年後、独房で屍のようになっていた暖の前に、1人の囚人が現れる。
スポンサーリンク

キャスト

柴門暖……ディーン・フジオカ
南条幸男……大倉忠義(関ジャニ∞)
目黒すみれ……山本美月
神楽清……新井浩文
入間公平……高橋克典
寺角類……渋川清彦
柴門恵……風吹ジュン
守尾英一朗……木下ほうか
入間貞吉……伊武雅刀
ファリア真海……田中泯
守尾信一朗……高杉真宙
安堂完治……葉山奨之
入間未蘭……岸井ゆきの
江田愛梨……桜井ユキ
土屋慈……三浦誠己
入間瑛理奈……山口紗弥加
神楽留美……稲森いずみ

第1話の感想

2002年に公開された映画「モンテ・クリスト-巌窟王-」(ジェームズ・カヴィーゼル主演)を、映画館で見ました。

設定もストーリーも原作とは大幅に異なるのですが、すごく面白くて、興奮したのを覚えています。

最もお気に入りだったのが、主人公エドモン・ダンテスが投獄されたイフ城でファリア司祭と出会ってから、町に戻ってくるまでの冒険パートでした。

なので、本当に本当に、次回が楽しみでしょうがないんです!
もう、そこさえ楽しませてくれたら満足。あとはどうでもいいわ(よくない)

ディーンさんがちょっと心配だったんだけど、今回はそんなに違和感なかったですね。
浅黒い顔が漁師っぽく見えたし、お調子者でバカ(ここ大事)な主人公を、うまく演じてたと思います。

いかにも怪しげな手紙をホイホイ預かったり、それを誰彼かまわず見せびらかしたり、入間が差し出した偽の手紙をよく見もしないで返したり。

すみれに横恋慕している南条や、船長の座を奪われて嫉妬している神楽や、暖の実家を狙っている地上げ屋の寺角の思惑にも、まっっったく気づいていない主人公・暖。

ほんとにどーしよーもないアホなんですけど、これは今後の展開に必要不可欠な要素なのでしょうがない。

(ここから少しだけ原作のネタバレをします)

主人公・暖は、絶対にバカでないといけないんです。

これから、暖は自分が「無知で浅はかでお人好し」だから罠に嵌まったのだということを、牢の中で出会ったファリア真海(田中泯さん)から知らされることになるからです。

そして、彼は自分を陥れた人間たちに復讐を決意する。
「無知で浅はかでお人好し」だった自分を、別人に生まれ変わらせて。

主人公の変化に合わせてディーンさんの演技がどう変わるかが、今後の注目ポイントですね。

しかし、テロ組織への資金援助かぁ。
うまく考えたなぁという気持ちと、現実離れしてるなぁという気持ちと、半々です。

原作では、「追放されたナポレオンが軍を率いて再上陸するので準備せよ」っていう内容の手紙だったんですよね。

海に囲まれた刑務所に主人公を連れていくには(そしてそこでファリアと出会わせるには)、外国に舞台を変えるほうがしっくりくるのは確か。その後の展開を考えても、正解だったと思います。

あと、残された婚約者(妻?)のすみれが味わう地獄のような日々が、妙にリアルで残酷だった……。

現代だと、こうなるんですねぇ。
ちょっと辛いけど、ある意味これも前振りなんだよねぇ。

わたし、この物語は後半よりも前半のほうが、断然好きなのです。
だから、できるだけ前半部分をじっくりやってほしいのだけど……。

予告を見ると、けっこうサクサク進みそうな感じですね。

とりあえず次回に期待かな~。
まだ登場していない人もたくさんいるし、最後まで見るつもりではいます。

見逃し配信は…
フジテレビオンデマンドにて、最新話のみ期間限定無料配信(期間外は有料配信)されています。

「モンテ・クリスト伯」記事一覧を見る