「デイジー・ラック」海野つなみ原作・佐々木希主演:あらすじ、キャスト、ED曲は?

ドラマ10「デイジー・ラック」
海野つなみさん原作、佐々木希さん主演のドラマ「デイジー・ラック」が、4月20日(金)にNHKのドラマ10枠でスタートします。

「ひなぎく会」と称して集まっていた幼なじみのアラサー女子4人。30歳を目前にして、それぞれに訪れた人生の転機と“幸せ探し”を描くドラマです。

基本情報

  • 放送局:NHK総合
  • 放送時間:2018年4月20日(金)から毎週金曜夜10時~【連続10回】
  • 原作:海野つなみ「デイジー・ラック」
  • 脚本:横田理恵(「ごくせん」「1リットルの涙」「花咲舞が黙ってない」)
  • 演出:木下高男、都築淳一、小山田雅和(共同テレビジョン)
  • 主題歌:Crystal Kay「幸せって。」
  • 制作統括:谷口卓敬(NHK)、芳川茜(共同テレビジョン)
  • 番組公式サイト:http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/

原作

このドラマの原作は、海野つなみさんの同名漫画「デイジー・ラック」です。

子供の頃、「ひなぎく会」という名前で集まっていた幼なじみの4人──楓、薫、ミチル、えみ。30歳目前にして、それぞれに訪れた人生の転機と女の友情をオムニバス形式で描いた作品です。

海野つなみさんといえば、2016年に大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の原作者としても知られていますね。

実写化について、海野さんは「自分の中でも大事な話なので、ドラマ化されて嬉しいです。結婚や出産で人生が変わることが多い20~30代というのは、女性は特に大きな転機だったりします。このドラマが、そんな皆さんへのエールになればいいなと思います。」とコメントを寄せています。

 

あらすじ

子どものころ「ひなぎく会」という名前をつけて集まっていた幼なじみの楓、薫、ミチル、えみの4人は、えみの結婚式で久しぶりに再会する。だが、まさにその日、楓は勤務する会社が突然倒産し、恋人からもふられ、30才目前で仕事も恋も失うことに。楓は子どものころの夢だったパン職人になることを決意。町のパン屋に職を得たものの、パン作りの道は険しく、先輩の職人・安芸の指導も容赦がない。楓の新しい人生の始まりとともに、高級エステサロンの仕事にまい進する薫、極貧のカバン職人のミチル、新婚のえみの日常も、それぞれに思いがけない展開を見せていく。4人の明日は晴れ、それとも雨?(NHK公式サイトより)

登場人物(キャスト)

山城楓……佐々木希(幼少期:植原星空)
30歳を目前にしてジュエリーショップでの仕事と、結婚を夢見ていた恋人の両方を失ってしまい、甘かった人生観を思い切り後悔することに。人生のリスタートを図ろうとする楓が向かったその先は、なんと…! ほんわかしたキャラクターながらも、仕事や新しい恋にハラハラドキドキの日々を送る。

周防薫……夏菜(幼少期:豊嶋花)
エステサロンの営業職として、自己実現を図るべく精力的に働く。仕事にまい進する一方、年下の彼氏に二股をかけられるなど、プライベートでの幸せはなぜかなかなか手に入らない…。新規出店のコンペで出会った大和との恋には、波乱の予感!仕事に恋愛に、薫は果たして何を選択するのか?

讃岐ミチル……中川翔子(幼少期:根本真陽)
フリーのバッグ職人。独特の美意識によって作られるそのバッグは、一般受けせず、売れ行きは振るわない…。金銭的にかなり苦しい生活を強いられている。薫の弟である貴大から慕われている。そんな彼女の最大の秘密とは…30歳にして、〇〇未経験であること! (〇〇はご想像にお任せします)

岩代えみ……徳永えり(幼少期:竹内天音)
ひなぎく会の中で、唯一の既婚者。ひと回り年の離れた隆と幸せな結婚をして、専業主婦となった。が、しかし…隆は出張が重なるなど、家を空けがちで、甘い新婚生活を満喫するには程遠い毎日。その上、隆には浮気疑惑が持ち上がり…! 新米主婦のえみは、隆とともにどんな幸せを手に入れるのか?

安芸開人……鈴木伸之
ヨーロッパでのパン作り修行から3年ぶりに帰国。楓が働き始める「北村ベーカリー」で元々働いており、帰国後、楓の教育係に任命される。職人としての腕は素晴らしく、面倒見も良い人物だが、仕事には厳しい。

大和孝一郎……桐山漣
薫のライバル会社の営業担当。嫌味な男だが、仕事に対しては誠実で公平な目を持ち、かなりのやり手である。はじめは純粋にビジネスの相手として薫に興味を持っていたが……。

周防貴大……磯村勇斗
薫の実弟。出版社勤務。情報誌のライターで映画コーナーを担当している。人懐っこく、誰にでも好かれる明るい性格。姉の友達であるミチルとは幼い頃から仲が良く、“アニキ”と呼び慕っている。

岩代隆……長谷川朝晴
えみの夫。会社員。温厚で優しく、紳士で完璧な夫だが、仕事が忙しいのでえみになかなか構えない。そんなおおらかさが持ち味である一方、ちょっと鈍感で妻の変化にあまり気付かないのが玉にキズ。

津幡章生……矢野聖人
北村ベーカリーの従業員。あだ名は「つばっちゃん」。先輩の安芸を崇拝している。お店のムードメーカー。

箱崎るり……井上苑子
北村ベーカリーのアルバイト。現代っ子でサバサバしており、何事もそつなくこなす。

清水浩太……浅香航大
楓の恋人。大手企業に勤める会社員。いまどきの男子だが、根は真面目な性格。

牧村真司……栁俊太郎
薫の恋人。大学生で、薫のヒモのような存在。「しんちゃん」と呼ばれている。天性の女たらし。

高桑瑞枝……MEGUMI
薫の上司で高級エステサロンの敏腕オーナー。仕事一筋で薫のことを人一倍可愛がっている。

松下リエコ……芦名星
北村ベーカリーの箱入り娘で旧姓は北村。安芸の元恋人。

北村万里江……とよた真帆
北村ベーカリーの店主の妻。世話好きで人付き合いがよく、従業員たちを温かく見守る。

北村等……小林隆
北村ベーカリー店長。職人気質で人望に厚い。明るく温厚でめったに怒ることがない。

山城遼子……片平なぎさ
楓の母。近くに住んでおり、毎週のように楓の家に遊びに来る。天真爛漫で奔放な性格。一人っ子である楓とは仲が良く、娘の良きアドバイザー。

エンディングテーマ

エンディングテーマは、Crystal Kayさんの「幸せって。」です。

このドラマの為に書き下ろされた約1年ぶりの新曲で、「それぞれの道に、それぞれの幸せの形があるから大丈夫だよ」というメッセージが込められた、アラサー女子の背中を押すミディアムナンバーになっているそうです。

エンディングでは、「幸せって。」に合わせて、登場人物4人がダンスをしています。

ひとこと

わたしは海野つなみさんの漫画は読んだことがないのですが、ドラマ「逃げ恥」は毎回楽しく見ていました。

今回は、30代の女性たちが迷ったり悩んだりする日常を描きながら、小さなときめきと人生を楽しく生きるヒントを散りばめる、そんな清々しい作品になりそうです。期待大です。

「デイジー・ラック」の記事一覧を見る