志尊淳主演ドラマ「女子的生活」原作・あらすじ・キャストは?

ドラマ10「女子的生活」

志尊淳さんが主演するドラマ「女子的生活」が、NHK「ドラマ10」枠で2018年1月5日(金)にスタートします。

原作は、坂木司氏の同名小説。NHKドラマ初主演の志尊淳さんが、現代社会に生きる等身大の「女子」を熱演する痛快ガールズストーリーです。

ドラマ「女子的生活」の原作、あらすじ、キャストについてまとめました。

※情報は随時更新していきます

基本情報

  • 放送局:NHK総合
  • 放送時間:2018年1月5日(金)から毎週金曜夜10時~【連続4回】
  • 原作:坂木司 『女子的生活』
  • 脚本:坂口理子
  • 音楽:鈴木慶一
  • トランスジェンダー指導:西原さつき
  • 制作統括:三鬼一希
  • プロデューサー:木村明広
  • 演出:新田真三、中野亮平

原作

このドラマの原作は、坂木司さんの小説『女子的生活』です。

主人公は、性別は男性だけど見た目は本物以上に女子的な、トランスジェンダーのみき。ガールズライフを楽しむため東京に出てきたみきは、アパレルで働きながらお洒落生活を満喫します。

マウンティング、セクハラ、モラハラ、毒親……どんな壁にも果敢に立ち向かう、戦う“ヒロイン”の物語です。

あらすじ

“かわいい女子的な生活”に憧れ、田舎から都会に出てきたヒロイン・みきは、ファストファッション会社に働くOL。
でも、ひとつ大きな秘密があります。
それは、みきがトランスジェンダーであるということ。みきの性別は男性なのですが、見た目はスラリとした美人。しかし、男に興味がなく、好きになるのは女性、という“複雑な”人物なのです。
そんなみきのもとに、ある日、同級生だった後藤という男が転がりこんできます。みきの姿に戸惑う後藤ですが、ふたりはひょんなことから共同生活をおくることに・・・。
そんな奇妙な共同生活の中、みきにふりかかる「日常」に潜むいろんなモヤモヤを、おろおろする後藤をよそに、みきは圧倒的な自己肯定力をもって、ぶっとばしていきます。
ファッションの街・神戸を舞台に、破天荒で毒気たっぷりだけど憎めないヒロイン・みきと、ひと癖もふた癖もある登場人物たちとの“バトル”エピソードを、ポップに、明るく、コミカルに、そしてちょっと切なく描く、痛快ガールズストーリー!番組公式サイトより)

登場人物(キャスト)

小川みき(幹生)……志尊淳
見た目は美しい女性だが、実は男性で、恋愛対象は女性という“複雑な”トランスジェンダー。ファストファッション会社でOLとして働きながら、理想の「女子的生活」を満喫している。

後藤忠臣……町田啓太
みきの高校時代の同級生。ある日、みきの家に転がりこみ共同生活を送ることになる。おっちょこちょいで調子もよく、友達思いのいいやつなのだが、そんな「ベタ」な感じがみきをイラつかせることに・・・。

かおり……玉井詩織
みきの会社の同僚(同期)。あらゆるサンプル商品のモデルにされる、通称「トルソーちゃん」。合コンに精を出す“ゆるふわ”かわいい系女子。みきの良き理解者でもある。

仲村さん……玄理
みきの会社の同僚(先輩)。中国語が堪能なアジアン女子。みき、かおりといつも3人でランチを食べに行き、女子トークに花を咲かせる。

ゆい……小芝風花
合コンでみきと出会うセレクトショップの店員。梅酒や梅干しを自作し、オーガニックな服を纏う自然派女子。みきと「女」のバトルを繰り広げるのだが・・・。

板倉……羽場裕一
みきたちが働く会社の上司。全身イタリアン風のファッションでキメた管理職。トランスジェンダーのみきを「性別なんて関係ない。自社の洋服が似合えば、OK」と採用した。

▼ロケ地はこちらで書いています

ドラマ10「女子的生活」
「女子的生活」ロケ地情報:神戸メリケンパーク、須磨海浜水族園など

▼第1回のあらすじと感想はこちら

ドラマ10「女子的生活」
「女子的生活」第1回あらすじと感想:ラスト10分で印象が変わった

「女子的生活」の記事一覧を見る