内山理名主演ドラマ「マチ工場のオンナ」原作&キャスト&主題歌

マチ工場のオンナ

内山理名さん主演ドラマ「マチ工場のオンナ」が、NHKのドラマ10枠で11月24日(金)にスタートします。

愛知県の町工場を舞台に、32歳の専業主婦が急死した父のあとを継いで町工場の社長となり、主婦目線の現実処理能力と決断力で奮闘する、実話をもとにしたサバイバルヒューマンドラマ。

ドラマ「マチ工場のオンナ」の原作、あらすじ、登場人物(キャスト)、主題歌についてまとめました。

スポンサーリンク

基本情報

  • 原作:諏訪貴子「町工場の娘」
  • 脚本:大島里美(大河ドラマ「花燃ゆ」、ドラマ10「四十九日のレシピ」、土曜ドラマ「太陽の罠」など)
  • 音楽:澁江夏奈(ドラマ10「わたしをみつけて」など)
  • 主題歌:松田聖子「新しい明日」
  • 演出:末永創、佐藤譲、小野見知(NHK名古屋放送局)
  • 制作統括:吉永証(NHK名古屋放送局)

放送時間
2017年11月24日(金)から毎週金曜夜10時~【全7回】

原作

このドラマの原作は、父の急死を機に主婦業から社長に転身した諏訪貴子さんの奮闘記「町工場の娘」です。

町工場を営む家の次女として生まれ、幼少期に亡くなった兄の「生まれ変わり」として育てられた諏訪さん。32歳の時に父が急死、突然社長を継ぐことに。

赤字経営が続く会社の再建をいきなり任され、様々な壁にぶつかりながらも、女性ならではの経営手法でピンチを乗り越え、社業を復活させるまでの10年の軌跡を綴っています。

あらすじ

専業主婦の有元光(内山理名)は、夫・大(永井大)と息子の3人暮らし。ある日、過労で倒れた父・泰造(舘ひろし)の様子を見にいくと、医師からガンで余命4日と告げられる。
幼くして亡くなった兄の代わりに光を社長にしようと育ててきた泰造に反発、専業主婦となった光。病床の父を前にしても、自分の気持ちを素直に伝えられない。
しかし光は、町工場を守ろうとする父の思いを知り、ついに社長を継ぐと決意。その言葉を聞いて、泰造は息絶える。

社長になると宣言した光に次々試練がやってくる。頼るつもりでいた夫は単身赴任で渡米。光をお飾り社長として見る幹部社員の勝俣(竹中直人)や純三(柳沢慎吾)たちは、光がやることに猛反発。取引先の銀行からは、女性と軽くあしらわれ、別の工場との合併を迫られる。

光にとって、町工場を守ることは、亡くなった父・泰造と交わした約束。果たして、光は、町工場を立て直すことができるのか?番組公式サイトより)

登場人物(キャスト)

有元光……内山理名
須藤家の一人娘。幼くして亡くなった兄の代わりに、父・泰造から男の子のように育てられた。同じ会社に勤めていた大と結婚後は、専業主婦として息子と三人で暮らす。

有元大……永井大
光の夫。自動車部品メーカーに勤務している。明るい性格で人あたりが良く、家族思い。時々大胆な行動をとったりする。アウトドア派で釣りが好き。

有元航太……山田羽久利
光と大の息子。

須藤泰造……舘ひろし
町工場・ダリア精機の社長。 ワンマンだが、社員を家族のように大事にしている。娘・光を厳しくしつけた反動で、今は娘と疎遠な状態にある。競馬が趣味。

須藤百合子……市毛良枝
泰造の妻。常に穏やか、ちょっと天然っぽいところも。会社の経営は泰造に任せ、自身は家族を優しく見守っている。

勝俣勉……竹中直人
ダリア精機のベテラン職人。泰造・純三と会社を創業、技術の腕は会社で随一。頑固で気難しい。妻・敏江には頭が上がらない。

花田純三……柳沢慎吾
ダリア精機のベテラン職人。会社の創業時からのメンバー。人情派でかつおしゃべりな性格。実は離婚歴があるらしい。

打越和哉……忍成修吾
ダリア精機の経理担当社員。元は銀行員だった。クールで感情をあまり表に出さないが、内に情熱を秘めている。

一ノ瀬翔……吉村界人
ダリア精機の若手職人。金髪がトレードマーク。ぶっきらぼうに見えて、実は人懐っこい。

川口大樹……渡辺佑太朗
ダリア精機の若手職人。技術系の高専出身で、おとなしい。パソコンが得意。

三枝文雄……苅谷俊介
ダリア精機の社長付きの運転手。元は職人だったが体調を崩し現場を離れた。まじめで実直。泰造を人一倍慕っている。

長谷川隆史……村上淳
愛知東西銀行の銀行員。やや強面で、銀行マンらしからぬ雰囲気があるが、仕事に対してはきっちりしている。

主題歌

このドラマの主題歌は、松田聖子さんが歌う「新しい明日」です。

松田聖子さんがNHKドラマの主題歌を歌うのは、今回が初めて。主人公・光の気持ちに寄り添うような、前向きで温かいメッセージを感じられる楽曲になっているようです。

松田聖子さんコメント

このたび、NHKドラマ10「マチ工場のオンナ」の主題歌を歌わせていただけることになり、とても幸せに思っています。
一人の女性が、マチ工場を守るために、懸命に頑張っていくストーリーにとても感動し、辛いことがあっても、夢に向かい努力して進んでいく主人公の姿に胸がいっぱいになりました。
このドラマが教えてくれる人生の素晴らしさを主題歌にも込められるよう、そんな思いで「新しい明日」という曲を作りました。
主題歌という形で、この素晴らしいドラマに参加させていただけたことを、心から幸せに思います。本当にありがとうございました。

まとめ

主人公・光を演じる内山理名さんは、NHKの連ドラ初主演。
主婦らしい知恵や女性ならではの目線で会社を立て直していく主人公の姿に、「今回のドラマはぜひ、たくさんの女性に応援してほしいなという気持ちがあります」とコメントされていました。

物語は、父・泰造が亡くなり、主人公・光が経験ゼロで会社の社長になるところから始まります。物語が進んでいくにつれ、光は今まで知らなかった父の姿を知っていくことに……。
会社経営の奮闘記であるとともに、父と娘の話でもあるようです。

「マチ工場のオンナ」の記事一覧を見る