「マチ工場のオンナ」第1回あらすじ&感想:実話を元にした名古屋が舞台の奮闘記

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「マチ工場のオンナ」第1回。

内山理名さんが適役!
舘ひろしさん、竹中直人さん、柳沢慎吾さんといった個性的な俳優さんたちの地に足の着いた演技もいいです。
私の年代にはかなり刺さるドラマでした。

ドラマ「マチ工場のオンナ」は、U-NEXTで各話有料配信しています(トライアル期間あり)。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第1回「大嫌いなお父さん」のあらすじ

2004年、32才の専業主婦の有元光(内山理名)は自動車部品メーカーに勤める夫・大(永井大)と息子・航太の3人で名古屋郊外に暮らしていた。ある日、光の父で町工場の社長の泰造(舘ひろし)が突然倒れる。余命数日のガンだった。ショックを受ける母・百合子(市毛良枝)や職人の勝俣(竹中直人)・純三(柳沢慎吾)たち。光は会社存続のため重要書類や印鑑を探すが、光に社長を継がせる気がない泰造は、教えようとしない。(番組公式サイトより)

ネタバレ

光は、経理の打越(忍成修吾)から会社の経営状態が良くないことを聞かされる。
泰造はデスクの下に大量の市販薬を隠し、体調が悪いことを隠し続けていた。

泰造の容態が悪化し、危篤状態となる。
光は、子供の頃にいつも遊んでいたミニカーのナンバーが、金庫の暗証番号になっていることに気づく。金庫の中には、印鑑や通帳と一緒にミニカーが入っていた。

家族やダリア精機の社員たちが病室に集まる中、光は「会社は私がやるから!」と泰造に告げる。その言葉を聞いた直後、泰造は息を引き取る。

スポンサーリンク

第1回「大嫌いなお父さん」の感想

今放送中のTBSドラマ「陸王」と重なる部分が多いけど、こちらはノンフィクションを元にしたドラマ。

主人公の光は、主婦から突然社長になり、やがて女性ならではの経営手法で「町工場の星」と称されるまでになった、諏訪貴子さんがモデルです。

だから年代もリアルだし、どこにでもある見慣れた風景の中でドラマが描かれていて、「陸王」に比べると地味だけど、親近感はありますね。

私、諏訪貴子さんとはほぼ同世代。
なので、つい自分のことのように(いや、社長業なんてやったことないけど)重ねて見てしまいます^^;

光の子供の頃の回想シーンが良かった。
70年代~80年代の感じが絶妙に表現されていて、アルバムの写真を見ているようだった。
光がお父さんに怒鳴られる駅のシーンとか、なんだかすごく懐かしくて切なかった。

舘ひろしさん演じるお父さんの頑固で不器用なとことかもねぇ~。
うちの父を思い出してしまい、「うっ」てなります(いや、健在だけど)。

このドラマの主題歌を松田聖子さんが歌うと聞いた時は、どこか違和感を感じたのですが(町工場と聖子ちゃんの組み合わせがピンと来ず)、ドラマを見てめちゃくちゃ腑に落ちた。

ラストシーンに重なって、子供の頃から聞いてた松田聖子さんの声が流れてくると、たまらないです(>_<。)
主人公の光の世代に、ぴったりですね。

初回から泣かせてくれましたが、今後はどういう展開になるのか楽しみです。
舘さん演じるお父さん、これで終わりって訳じゃないよね?
回想シーンでちょくちょく登場してくれるんじゃないかと期待しております^^

原作、登場人物(キャスト)、主題歌についてはこちらで書いています▼

http://dramaeveryday.com/nhk_machikoba_0/

「マチ工場のオンナ」の記事一覧を見る