NHKドラマ「鳴門秘帖」キャスト・原作・あらすじは?山本耕史が美剣士役

NHKドラマ「鳴門秘帖」

山本耕史さん主演のドラマ「鳴門秘帖」が、NHK・BSプレミアムのBS時代劇枠で4月20日(金)からスタートします。

原作は、国民的作家・吉川英治の同名小説。幕府転覆計画を記したとされる鳴門秘帖を手に入れるため、阿波二十五万石への侵入を試みる美剣士と女スリの活躍を描く時代劇です。

基本情報

  • 放送局:NHK・BSプレミアム
  • 放送時間:2018年4月20日(金)から毎週金曜夜8時~【連続10回】
  • 原作:吉川英治
  • 脚本:尾西兼一(「わかば」「陽炎の辻」「臨場」)
  • 演出:西谷真一、酒井信行
  • 制作統括:八島賢(C.A.L)、銭谷雅義(NHKエンタープライズ)、土屋勝裕(NHK)
  • 公式サイト:http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naruto/

あらすじ

剣術修行を終えて10年ぶりに江戸に戻ってきた法月弦之丞(のりづきげんのじょう)は、許嫁の千絵の父で甲賀宗家頭領・世阿弥が阿波徳島に渡ったまま、行方知れずになっていることを知る。

世阿弥は、幕府転覆計画を記したとされる「鳴門秘帖」を手に入れるため、お上からの密命を受けて阿波徳島藩に潜入していた。剣の道に絶望し、虚無僧としての日々を送っていた弦之丞は、世阿弥の行方を探すため阿波に渡る決意をする。

弦之丞に助けられた女スリ・お綱、弦之丞の命を狙う辻斬り・関谷孫兵衛、阿波徳島藩士・天童一角、甲賀宗家の頭領の座を狙う旅川周馬、弦之丞の許嫁で世阿弥の娘・千絵らも阿波へ向かう。

原作について

このドラマの原作は、吉川英治さんの時代小説「鳴門秘帖」です。

1926年(昭和元年)8月11日から翌年10月14日まで「大阪毎日新聞」に連載され、人気を博しました。伝奇小説黎明期の傑作と言われています。

密国阿波に潜入しようとする青年隠密・法月弦之丞と、それを阻もうとする阿波藩士の戦い、弦之丞に想いを寄せる女性の恋情をからませた冒険活劇は読者に人気が高く、新聞連載時に映画化もされました。

その後も映画で3回、テレビドラマで4回映像化されています。
NHKでのドラマ化は、1977年の田村正和主演以来40年ぶり。

わたしは高校時代に吉川作品にハマりまして、「私本太平記」や「宮本武蔵」「神州天馬侠」など何作か読みましたが、「鳴門秘帖」は未読です。

物語の面白さは間違いので、大いに期待したいと思います。

「鳴門秘帖」とは?

この物語のタイトルであり、キーアイテムにもなっているのが、阿波徳島藩に伝わる「鳴門秘帖」です。

弦之丞の父いわく、「誰もがその名を知っていながら、誰もが見たことのない代物」。ゆえに、登場人物たちは誰もその中身を知りません。

「幕府転覆を謀る西国大名らの血判状」と伝えられており、それがあれば、いざという時に一斉決起することができるわけです。

そのため、決起を恐れる幕府側は、必死にそれを手に入れようとしています。

千絵の父・世阿弥は、「鳴門秘帖」を手に入れよという幕府の密命を受けて阿波に渡りましたが、阿波徳島藩に捕らえられてしまいます。

そこで次に密命を受けたのが弦之丞でした。
弦之丞はまつりごとのためというよりは、千絵の父・世阿弥を見つけ出したい一心で阿波に行く決意をします。

登場人物(キャスト)

※第6回までのネタバレを含みます

江戸

法月弦之丞……山本耕史

幕府大番頭の嫡子。剣術修行のため、許嫁の千絵に別れを告げて江戸を離れる。夕雲流免許皆伝を授かるには師を乗り越えなければならないという決まりに従い、師匠である戸ヶ崎夕雲を斬る。10年ぶりに江戸に戻り虚無僧として喜捨を受ける日々を送っていたが、松平左京之介から阿波探査の密命を帯び、公儀隠密として阿波へ向かう。

見返りお綱……野々すみ花

女スリで短銃使い。母親が死んだ後、飲んだくれの父・虎五郎と喧嘩して家を出た。弦之丞に2度助けられたことがあり、密かに弦之丞を慕う。虎五郎が死ぬ間際に「本当の父は西国にいる武家」と明かしたことから、弦之丞を追って阿波へ向かう。実は世阿弥の娘で、千絵の腹違いの姉。右手の甲に、千絵と同じ三日月型の痣がある。

平賀源内……正名僕蔵

江戸中期の本草学者・戯作者。その才能、行動、発想、すべてが型破り。エレキテル(摩擦起電器)を創作したことで有名。江戸で銀五郎を手当てしたことから弦之丞たちと知り合い、中山道や大坂でたびたび出会う。

松平左京之介……加納竜

元京都所司代。宝暦の変で竹屋三位卿藤原有村を都から追放した。幕府転覆を謀る血判状「鳴門秘帖」の存在を探るため、世阿弥を阿波徳島藩に送り込むが、その後世阿弥が消息を絶ったことから、弦之丞を向かわせる。

法月一学……塩野谷正幸

弦之丞の父。幕府大番頭。10年前、弦之丞の剣術修行に反対するが、熱意に負けて渋々認める。世阿弥と千絵を救うために阿波へ向かう弦之丞を何も言わずに見送るが、松平左京之介に対しては疑心を抱いている。

戸ヶ崎夕雲……品川徹

弦之丞の剣術の師匠。無住心剣夕雲流の極意を授けるため、弦之丞と対決して敗れる。弦之丞に「剣の道を究めることは、人でなしになること」と言い残して命を落とす。

万吉……梨本謙次郎

目明かし。女房のお吉と一緒に「みよしや」という飯屋を営む。法月家とは昔から付き合いがあり、弦之丞と千絵のことも幼少時から知っている。弦之丞の父・一学から弦之丞を助けて欲しいと頼まれ、弦之丞を追って阿波へ向かう。お綱が弦之丞に想いを寄せていることを知り、密かに応援する。大坂で一角の手下に襲われ重傷を負う。

お吉……中島ひろ子

万吉の女房。未だに弦之丞のことを「若様」と呼ぶ癖が抜けない。弦之丞のために万吉を阿波へ送り出し、お綱の妹と弟を預かっている。

銀五郎……忍成修吾

“唐草の銀五郎”という通り名を持つ元盗人。万吉のもとで下っ引きをしている。弦之丞を気に入り、千絵との仲を取り持とうとする。弦之丞の手紙を密かに千絵に届けようとして失敗、甲賀の者に殺される。

虎五郎……上杉祥三

お綱の父。ろくに働かずに酒を飲んでばかりいるろくでなし。弦之丞の争いに巻き込まれて甲賀の者に斬られ、「お綱の本当の父親は立派な武家で、西国にいる」と言い残して死ぬ。

お三輪……渡来るひか

お綱の妹。弟の乙吉と一緒に角兵衛獅子(獅子舞の大道芸)をしている。父の死後、お綱と共に暮らしていたが、お綱が阿波へ旅立ったため、万吉の妻・お吉に預けられた。

乙吉……太田琉星

お綱の弟。姉・お三輪と一緒に姉の帰りを待つ。

甲賀

甲賀世阿弥……中村嘉葎雄

甲賀宗家頭領。千絵の父。弦之丞の父・一学とは旧知の間柄。松平左京之介の命で阿波徳島に伝わる「鳴門秘帖」を探るため阿波に潜入。鳴門秘帖を手に入れた後、阿波徳島藩に捕らえられ山牢に幽閉される。お綱は芸者に産ませた実の娘。

千絵……早見あかり

弦之丞の許嫁。10年前、弦之丞が江戸を出立する際にお守りを渡し、今も甲賀屋敷で帰りを待っている。周馬から弦之丞の心が離れたと聞かされ、行方知れずの父・世阿弥を見つけ出したら周馬の嫁になると約束してしまう。その後、周馬の裏切りを知り逃亡、大坂の常木鴻山宅で療養中。首の付け根に三日月型の痣がある。

旅川周馬……武田真治

甲賀宗家の筆頭門弟。千絵の父・世阿弥が江戸を発つ際、後を任される。世阿弥が姿を消して10年経ち、甲賀宗家の頭領の座を狙って千絵と弦之丞の仲を引き裂こうと画策する。大坂で天童一角、関谷孫兵衛らと結託。

阿波徳島藩

蜂須賀重喜……相島一之

阿波徳島藩主。幕府転覆を企んでいる。

高木龍耳軒……田村亮

阿波徳島藩家老。鳴門秘帖を奪った世阿弥を山牢に監禁し、鳴門秘帖の隠し場所を聞き出そうとしている。

竹屋三位卿藤原有村……篠井英介

京の都で幕府転覆を謀ったとして都を追放される(宝暦の変)。現在は阿波徳島藩の食客となり、藩主蜂須賀重喜と共に機会を狙っている。

天堂一角……渡辺大

阿波徳島藩の原士。関谷孫兵衛と手を組んで「鳴門秘帖」に近づこうとする弦之丞の命を狙う。

関谷孫兵衛……袴田吉彦

お十夜頭巾の辻斬り。阿波徳島藩の原士だったが、諸国放浪の旅をしている。天堂一角に腕を買われ、弦之丞の命を狙う。お綱に惚れ込み、しつこくつきまとっている。

森啓之助……辻本裕樹

阿波徳島藩士。お米を連れて善光寺参りに来た中山道・下諏訪で、江戸から来た孫兵衛、一角らと合流する。弦之丞を慕うお米に苛立ち、無理やり貞操を奪った。

大坂

お米……武田玲奈

大坂の料理宿「川長」の娘。労咳を患っており、養生のため阿波徳島藩士・啓之助に連れられて中山道・下諏訪の宿に泊まっている時、弦之丞と出会う。弦之丞への想いに苦しみ首を吊ろうとしたところを、お綱に助けられる。大坂に帰る途中で啓之助に手籠めにされるが、弦之丞のために啓之助を利用しようと考える。

お久良……萬田久子

藍玉問屋・四国屋の女将。中山道妻籠宿で偶然お綱と知り合い、大坂で再会。お綱に実の父が世阿弥であることを告げる。世阿弥は10年前、四国屋の船を使って阿波に渡っており、江戸に残してきた娘・お綱のことをお久良に語っていた。

常木鴻山……春田純一

元与力。大坂で一角の手下に襲われた千絵と万吉を助け、天満にある屋敷に匿う。

語り……神田松之丞


ほかの記事を読む?

NHKドラマ「鳴門秘帖」 鳴門秘帖第1回|懐かしい昭和の冒険活劇復活 NHKドラマ「鳴門秘帖」 鳴門秘帖第2回|弦之丞ラブのお綱、世阿弥の隠し子?