「西郷どん」第4回あらすじ&感想:ロシアンルーレットで藩主を決めるトンデモ展開

NHK大河ドラマ「西郷どん」

(C)NHK

どうも、夏蜜柑です。

大河ドラマ「西郷どん」第4回。

何度も言いますが、わたしは薩摩&島津家に関する知識ゼロです。それでも斉彬がリボルバーを持ち出してロシアンルーレットをおっぱじめる展開には「はぁ?」ってなりました。

別の意味で楽しめそうですわー、この大河ドラマ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

第4回「新しき藩主」あらすじ

  • 斉輿(鹿賀丈史)は、斉彬(渡辺謙)を支持する者を徹底的に弾圧し、赤山(沢村一樹)にも切腹の沙汰が下る。
  • 赤山の教え子である吉之助や正助(瑛太)らは久光(青木崇高)に直訴するが、久光は「俺に何が出来る」とまったく取り合わない。
  • 赤山は、吉之助の父・吉兵衛(風間杜夫)の介錯で切腹を果たす。正助の父・次右衛門(平田満)は島流しとなり、正助も謹慎処分を受ける。
  • 由羅(小柳ルミ子)に対する怒りを抑えきれない吉之助は、斉彬に文を送り、決起を促す。
  • 江戸に登城した斉輿は、阿部(藤木直人)から隠居勧告を受ける。斉彬はリボルバーを使って斉輿にロシアンルーレットを提案し、勝負に勝つ。
  • 藩主に就任しお国入りした斉彬を、吉之助らは大歓声で迎える。

第4回「新しき藩主」の感想

前半の見どころは、赤山様の切腹シーンでした。
ちょっとマトモに見られないくらいリアルでしたね。

沢村一樹さんがこんな序盤で退場してしまうの、マジで惜しいなぁ……。

わたしとしは、渡辺謙さんより沢村一樹さんの穏やかな演技のほうが好きだったので(役柄によるところが大きいけど)、もっと長く出演してほしかったです。

でも、赤山が吉之助たちと酒を飲むシーンはいただけない。

シナリオ的には切腹前に赤山と教え子たちの絆を見せとこうって腹なんだろうけど、わたしはこういう意図が丸見えのシーンは白けちゃうんですよね。

「泣く用意してね」って言われてるみたいで。

むしろ吉之助たちと会わないまま切腹したほうが、ズシンときたように思う。

同じように吉兵衛と次右衛門が庭先で相撲を取るシーンも、意図が丸見えで退屈でした。

こういうほのぼのシーン、はっきり言って多すぎる。もうちょっと減らして緊迫感のあるシーンを増やしてほしいです。

と思っていたら、来ました緊迫感がハンパないシーン!
斉彬と斉興のロシアンルーレット対決です!

違う……なんか違うぞ……。

危ない父子だなぁとは思っていましたよ。
たけど、藩主を決めるのにリボルバーって。ロシアンルーレットって。

渡辺謙さんと鹿賀丈史さんの演技が凄まじかったので思わず見入ってしまったけど、これ、おかしいでしょ。

いや、ほんと冗談かと思いましたワタシ。
あまりにも突拍子がなさすぎて、しばらく事態を飲みこめませんでした。

でも冗談じゃなかったんですね。
本当にロシアンルーレットで勝った斉彬が藩主になっちゃったんですね。

吉之助たちは斉彬が藩主に就いたと知って大喜び。
大歓声の中、斉彬が派手に練り歩くシーンを見ながら、わたしは首を傾げてしまった。

みんな、どうしてそんなに斉彬が好きになったの?

「西郷どん」の記事一覧を見る