西郷どん第8回|黒船来航よりもラブが大事な西郷どん

NHK大河ドラマ「西郷どん」

NHK大河ドラマ「西郷どん」

どうも、夏蜜柑です。
2月25日放送「西郷どん」第8回。

ついに黒船来航です。幕末はこの事件から始まると言われています。日本史に疎い人間でも「ペリー」って名前だけは知ってます。しかし、ホームドラマが続きます……_l ̄l○lll

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第8回「不吉な嫁」あらすじ

  • 西郷家では不幸が続き、須賀(橋本愛)は隣人から「不吉な嫁」と罵られる。吉之助(鈴木亮平)は須賀を励ますが、暮らしは厳しくなるばかり。
  • 浦賀に黒船が現れ、薩摩に戻っていた斉彬(渡辺謙)は急ぎ江戸に戻ることに。吉之助がお供に選ばれるが、須賀は「30両もの支度金を用意できない」と反対する。
  • 謹慎を解かれた正助(瑛太)は、吉之助が江戸行きを諦めると知り激怒する。何としても吉之助を江戸へ行かせたい正助や吉之助の家族は、懸命に金策に走る。
  • 正助らがかき集めた金で江戸行きを決めた吉之助だったが、須賀は離縁を申し出る。手切れ金と称した金を吉之助に渡し、須賀は吉之助の将来を思って身を引く。

第8回「不吉な嫁」の感想

橋本愛さん演じる須賀が、相変わらず西郷家に馴染んでいません。
ピンクの花柄のお着物でお嬢様然としていて、浮きまくりです。

いいですね!

須賀がいるだけでピリッと緊張感が漂います。同じホームドラマでもえらい違い。
関係ないけど、橋本さんは着物とカツラがよく似合いますねー。美しい。

しかし、あっけなく退場。

須賀は、このドラマで初めて「いい!」と思えるキャラだったのですが。残念です。

吉之助を心置きなく江戸へ行かせるために、さらに支度金を用意してあげるために、潔く身を引いた須賀。物言いがハッキリしてて、気持ちのいい女性でした。

正直、橋の上で胸の内を吐露する場面は、もう少し控えめなほうがよかったんじゃないかと思います。セリフ喋りすぎで、せっかくの余韻が台無しです。

例えば、父親が須賀の気持ちを察して「おまえ本当は……」と探りを入れ、須賀が表情だけでそれに答えるとか。そのくらいでよかった。

須賀さぁには、無愛想な嫁のままで退場してほしかった。

西郷家が金策やら離縁やらでバタバタしている一方で、浦賀にはペリー率いるアメリカ艦隊が来航します。国を揺るがす大事件勃発です。

でも、あんまり危機感はないですね。

藤木直人さん演じる阿部老中が、黒船からの献上品だという白旗を取り出して息巻く場面がサラリと描かれるだけ(これ史実なの?)。

吉之助や正助たちは、黒船について議論してたっけ?
んー記憶にない……o(-_-;)

斉彬は、ティータイムを満喫している最中にその報せを聞いて「そうか。思ったよりも早かったな」と余裕です。

なぜだろう。
渡辺謙さんなのに、なんでかバカっぽく見える……。

わたし、この斉彬という人がどうも好きになれないです。いや、史実の斉彬公も、演じている渡辺謙さんも、嫌いじゃないのです。

ただ、このドラマの斉彬が嫌なんです。

ここからは、どうでもいいことですが。

吉之助と正助がいつも話をしているツリーハウスみたいなの。
アレ、当時の鹿児島ではどこの家にもあったんでしょうか?

何をするためのものなんだろ?見張り台?
初回からずーっと気になってます。

今回、ツリーハウスで吉之助と話し込んでいた正助が、突然「話をつくっど!」(話をつける?)と言って下に降りたけど、あの行動もよくわからなかった。

「話をつける」のだったら、別にツリーハウスの上でもよくない?

板垣さんは、そんなにホイホイ金を貸したりあげたりして、大丈夫なんだろうか。
「土下座したら金貸してもらえるぞ!」って噂が立って困りやしないだろうか。

篤姫や斉彬公は、なぜそこまで吉之助を買うんだろうか。
彼らが知る吉之助は、気は優しくて力持ちって程度じゃないんだろうか。

さて、やっと西郷さんが江戸へ旅立ってくれました。

ホームドラマ、これにて終了?o(^-^)o ワクワク
いや……期待はしないでおきます。

先日発表された新たな出演者も、豪華な顔ぶれ。
キャストは素晴らしいので、また須賀さぁのような面白いキャラに出会えることに期待します。


そのほかの記事を読む?

NHK大河ドラマ「西郷どん」 西郷どん第13回|わざとらしいBLには胸キュンしません NHK大河ドラマ「西郷どん」 西郷どん第5回|篤姫登場も面白くないホームドラマ展開が続く