2017春ドラマ真野恵里菜主演「この世にたやすい仕事はない」のあらすじと出演者

 

4月6日(木)スタートの連続ドラマ「この世にたやすい仕事はない」がちょっと面白そうだったので、調べてみました。

【放送予定】2017年4月6日(木)スタート
BSプレミアム 毎週木曜・夜11時~11時29分(連続8回)
【脚本】土田英生、ブラジリィー・アン・山田
【出演】真野恵里菜、塚本高史、浅野温子 ほか
【主題歌】wacci「Ah!Oh!」
【原作】津村記久子

原作は、芥川賞作家・津村記久子さんの連作短編小説です。

面白いけどきつい仕事に燃え尽きてしまった主人公が、まったく違う5つの仕事を体験し、自分と仕事との健全な関係を取り戻すまでを描いたお話です。

ドラマは全8回だから、オリジナルの話も加わるんでしょうね。

主役を演じるのは、昨年の朝ドラ「とと姉ちゃん」で高畑充希さんの上司、「逃げるは恥だが役に立つ」では新垣結衣さんの元ヤンの友人を演じたことでも記憶に新しい、真野恵里菜さん。

今年に入ってからも「増山超能力師事務所」や「スリル!~黒の章~」に出演し、脇役ながら印象に残る役を演じていましたが、今回、NHK初主演だそうです。

個人的には、不思議なハローワーク職員を演じる浅野温子さんが楽しみです。
“お仕事ファンタジードラマ”というコピーもすごく気になります(笑)

「嘘なんてひとつもないの」みたいな、ちょっと変わったドラマなんでしょうか?
30分ドラマなので、さくっと気軽に見られるかな?

ドラマ「この世にたやすい仕事はない」あらすじ

子供の頃から抱いていた夢をかなえた霧中かすみ(真野恵里菜)は、見事に小学校教諭の職に就く。だが有り余る熱意がオーバーワークを引き起こし、志半ばで“燃え尽きて”退職してしまった。
だが、28歳女ひとり、働かねば食べていけない! 社会復帰に向けて短期の仕事からリハビリを始めたかすみは、ハローワークの不思議な職員・正門(浅野温子)と出会う。
どんな条件でも「希望ぴったりの仕事」を正門は紹介してくるが、そのどれもが“どこか奇妙なお仕事”。現実にあるようでないようなお仕事と、それぞれの職場で出会う人々との交流を通じて、かすみは恋人(塚本高史)との関係にもある結論を下し、徐々に仕事への向き合い方、働く意味を見出していく。

引用元:http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/262483.html

ドラマ「この世にたやすい仕事はない」キャスト

霧中かすみ……真野恵里菜
長年の夢を実現し小学校教師になるが、オーバーワークによる疲労が理由で退職。ハローワークで仕事を紹介してもらうことに。

正門……浅野温子
かすみにおかしな仕事ばかり紹介する、不思議なハローワーク職員。

百合岡純……塚本高史
かすみの恋人。