NHKドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」原作・キャスト・あらすじは?

土曜時代ドラマ 『そろばん侍 風の市兵衛』

向井理さん主演のドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」が、2018年5月19日(土)からNHKの土曜時代ドラマ枠でスタートします。

「清貧を旨とする浪人・唐木市兵衛が、得意のそろばんで様々な家を渡り、風のようにしなやかな剣で獅子身中の虫を退治していく新感覚時代劇」だそうです^^

番組情報

  • 放送局:NHK総合
  • 放送時間:2018年5月19日(土)から毎週土曜午後6時5分~【連続9回予定】
  • 原作:辻堂魁「風の市兵衛」シリーズ
  • 脚本:池端俊策(第1部)、小松與志子(第2部)、森岡利行(第3部)
  • 音楽:丸山和範
  • 演出:榎戸崇泰、中島由貴(NHKエンタープライズ)

あらすじ

時は文政。江戸では町民文化が花開き豊かさを謳歌する一方、武士の台所事情の逼迫は隠しようもなくなっていました。そんな時代に人々が頼ったのが、半年毎の契約で家計を預かる「渡り用人」。現代で言えば会計士兼経営コンサルタントです。経済に疎い武家の家計は何処も火の車。一方、消費の伸びで売上げを増やす商家の裏側には、これを利用して私腹を肥やし、店を乗っ取ろうとさえする輩がうごめいていました。
そんな家の家計を預かるのが主人公・唐木市兵衛。筆頭目付の家に生まれながら家を出て上方に上り、あらゆる商売を経験してそろばんの技を身につけた市兵衛ですが、実は剣の達人でもあります。愛する者を守る時だけに抜くその剣は、人呼んで「風の剣」。実直に生きながら悪に苦しめられる人々のもとに市兵衛が爽やかな風を吹き起こし、悪をなぎ倒して行きます。(NHK公式サイトより)

原作

このドラマの原作は、辻堂魁さんの長編時代小説シリーズ「風の市兵衛」です。

2010年3月に第1作「風の市兵衛」が刊行され、現在21巻まで刊行されています。第5回(2016年)歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞受賞作。

「秘剣風の剣」の遣い手で、大坂で算盤と商いを学んだ渡り用人・唐木市兵衛が、口入れ屋・矢藤太から持ち込まれる面倒事を解決していく姿を描いた痛快活劇小説です。

“渡り用人”とは?

この物語の主人公・唐木市兵衛は、「渡り用人」を生業としている設定です。
“用人”というのは、金銭の出納や雑事などを扱う職のようです。

用人:江戸時代の武家の職名。常設の職ではないが,家臣中の有能者をこれに任じて財政,庶務万端を取扱わせた。幕府の側用人などはこの例で,将軍に近侍し,幕政に参画したため,老中をしのぐ権勢をふるう者もいた。(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より)

「渡り」は、期間限定で雇われ、職場を渡り歩く……といったイメージですかね。今で言うと派遣社員のような感じでしょうか。ちなみに当時は、「口入屋」と呼ばれる斡旋業者が仕事を紹介していました。

時代劇で、こういう職業を生業とする主人公は珍しいのでは。
向井理さんの知的なイメージとも合っていて、適役だなぁと思っています。楽しみ。

登場人物(キャスト)

唐木市兵衛……向井理
様々な家に雇われて家計を預かる〝そろばん侍〟。目付の家に生まれながら、渡り用人として己の力で自由に生きる。人呼んで「風の剣」と呼ばれる剣の遣い手。

渋井鬼三次……原田泰造
一筋縄でいかない食えぬ人柄で、〝鬼渋〟とあだ名される北町奉行所の同心。組織に捉われず、単独行動も辞さない叩き上げの現場捜査官。

返弥陀ノ介……加治将樹
市兵衛の兄・信正に仕える小人目付。信正に心服し、その弟を案ずる思いを察して常に市兵衛に寄り添う。

青……山本千尋
清国から渡ってきた女剣士。中国武術の技を繰り出し、市兵衛をつけ狙う。

佐波……橋本マナミ
小料理屋の女将で市兵衛の兄・信正の恋人。身分の違いから正式に連れ添うことは出来ないが、信正と生涯を誓い合っている。

矢藤太……渡辺いっけい
用人を斡旋する口入屋の主人。市兵衛とは旧知の間柄で、難儀な仕事ばかり市兵衛に持ち込む。

片岡信正……筒井道隆
旗本・御家人を取り締まる筆頭目付で、市兵衛の歳の離れた異母兄。家を出た市兵衛と二十数年ぶりに再会、ともに悪に立ち向かう。