逃亡花第7話|弁護士・小堺も黒幕じゃなかった

【ネタバレ感想】蒼井そら主演「逃亡花」

どうも、夏蜜柑です。
「逃亡花」第7話。

またひとりになってしまった咲子。弁護士・小堺が黒幕かと思ったら違いましたね。なかなか〈刺青の男〉にたどり着けないもどかしさ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第7話「逆襲する女」あらすじ

  • 咲子(蒼井そら)は〈刺青の男〉がいるホテルへ行くが、男は既にホテルを出た後だった。咲子が来るまで時間を稼ごうとしたみどりは男に怪しまれ、殴られて怪我を負う。
  • 市川(福澤重文)は咲子を逃がすために囮となって警察に捕まり、竹田(大浦龍宇一)も逮捕される。伊崎(永澤俊矢)は上司に見張られ身動きが取れなくなる。
  • 咲子は、ニュースで報道された竹田が「コサカイ」と連呼するのを聞いて、逮捕時に国選弁護士として現れた小堺(三上一朗)を思い出す。咲子は弁護士のフリをして裁判所に潜り込み、小堺と接触。だが、小堺もまた黒幕に雇われた人間だった。
  • 娘を人質に取られているという小堺を一旦逃した咲子だったが、その直後、小堺は毒殺されてしまう。小堺は「ケンギヤツ」というダイイングメッセージを残していたが……。

第7話の感想

三銃士があっさり解散してしまい、残念です。あのトリオ面白かったのに。
またひとりになってしまった咲子……。

でも、すぐに咲子に協力する人間が現れるんだよね。
彼女には、人を惹きつける魅力があるようで^^

今度の協力者はスリのおじいさん。
おじいさんのバックアップもあって裁判所に潜り込み、弁護士・小堺と対峙する咲子。

でも小堺は黒幕じゃなく、彼もまた雇われた人間だった。

咲子を説き伏せて、罪を認めさせるのが彼の役目だったのですが、咲子が弁護士を変えちゃったから計画は失敗、それで竹田に裁判を傍聴させていたようです。

で、小堺さん、雇い主の名前を言う前に、口封じで殺されてしまった(-_-;)

「ケンギヤツ」っていうダイイングメッセージ残してたけど、なんのこっちゃ?

三銃士といい、みどりさんといい、咲子のまわりはいい人ばかりなのに、なかなかうまくいきませんねぇ。

逮捕された市川さんと竹田さんは、どうなるんだろ。
すぐに釈放されるのかな……?

できれば早く戻ってきて咲子を助けてほしいのですが。
伊崎さんは、しばらくの間おとなしくしててください(笑)

次回はまた怪しい男が登場するようです。
大丈夫かなぁ……。

見逃し配信は…
ネットもテレ東にて、最新話のみ期間限定無料配信されています。

ほかの記事を読む?

【ネタバレ感想】蒼井そら主演「逃亡花」 逃亡花第6話|咲子に惚れた3人の男たち 【ネタバレ感想】蒼井そら主演「逃亡花」 蒼井そら主演「逃亡花」原作・あらすじ・キャスト・主題歌