「奥様は、取り扱い注意」第1話|西島秀俊の正体は?旦那もワケアリ?

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第1話が放送されました。

これ面白いです。すごい設定ですけど。
主婦とアクションの組み合わせ、今までありそうでなかったな。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」は、Huluで各話有料配信しています。

第1話のあらすじ

伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、閑静な高級住宅街に暮らす専業主婦。合コンでひとめ惚れしたIT企業経営者・勇輝(西島秀俊)と穏やかな新婚生活を送っている。目下の悩みは、センスがなさすぎて料理がまったく上達せず、夫が自宅で夕食を食べてくれないこと。

実は、夫にも秘密にしている”ワケありの過去”がある菜美。波瀾万丈の過去を捨て、命がけであたたかい家庭を手に入れたのだが、新婚生活が半年経過する頃には、普通の主婦の普通の家庭生活が物足りなくなってしまい…。

そんなある日、菜美は隣人の主婦・優里(広末涼子)と京子(本田翼)に誘われて料理教室に通うことに。人生の知識豊富なお姉さん的存在の優里と、好奇心旺盛で人懐っこい妹的存在の京子。料理の味付けの仕方から、夫をその気にさせるムードの作り方など、今まで縁のなかった“主婦の知恵”について2人からアドバイスを受ける中で菜美は、生まれて初めての女友だちとの友情を育んでいく。

そんな中、同じ料理教室に通う知花(倉科カナ)が夫からDVを受けていることを直感した菜美は、優里と京子に相談。DVを受けている事実をひた隠しにしようとする知花の本音を聞き出すために、3人はまずは知花の“親友”になることを決意する。他愛もない会話を交わす中で少しずつ菜美たちに心を開き始めた知花は、夫の喬史(近藤公園)に支配され続けている生活について告白。菜美たちは、知花を救うために喬史に直接話をしようとするのだが、結局知花は喬史と暮らす道を選んでしまう。

知花の人生に“ただの主婦”がこれ以上介入することはできないのか…悩みながら知花のSOSを待ちわびる菜美。一方、菜美との出会いによって勇気づけられた知花は喬史に離婚を申し出るが、逆上した喬史から包丁で刺されてしまう!!喬史が事件を闇に葬ろうとしていることを知った菜美は、過去培ったスキルを駆使して彼と対決。菜美のお陰で夫の支配から解き放たれた知花は、新たな人生を歩みだすのだった。(公式サイトより)

第1話のゲスト

水上知花……倉科カナ
水上喬史……近藤公園

スポンサーリンク

第1話の感想

ありえない設定なんだけど、面白かった!
綾瀬はるかさん演じる菜美の秘密が“元特殊工作員”って、ぶっ飛んでるけどカッコイイ。
冒頭のアクションシーン、最高でした。

最後は菜美が悪いヤツを懲らしめてくれることはわかってたけど、知花がなかなか態度をハッキリさせないのでやきもきしました。
まさか刺されるとは思わなかったなー。
しかも菜美は、その現場を見てもまったく動じず^^;

倉科カナさんて、こんなにちっちゃくて可愛らしくて弱々しい感じだった?
今までそんな印象なかったから、やっぱり女優さんて役で変わるんだな。素直にすごい。

広末涼子さんも今までとは違う印象の役。
ベテラン主婦がすっかり似合う年齢になりましたねー。
どっちかというと可憐な印象だったのに、ちょっと箔がついてて驚いた。
彼女の言葉は簡潔明瞭で的を射ていて気持ちいい。

1話目なので、菜美さん、かなり手加減した様子。
彼女の実力はたぶんこんなもんじゃないでしょう。
これから先、どんなクレイジーな展開が待っているのか楽しみです。
彼女の生い立ちも、まだ全部聞いてないしね。

あと、西島秀俊さん演じる旦那様、なんか引っかかるんですよね。
両親は交通事故で亡くなってるとか、派手なことが嫌いで結婚式を挙げたがらないとか。
いまいち素性がはっきりしないあたりが……どうも怪しい。
何より、西島さんがただのIT企業経営者なはずがない!
……という先入観がハンパないです^^;

もしかして旦那様も、スパイなんじゃないの?
最後は、映画「Mr.&Mrs.スミス」みたいな展開になったりして。
いずれにせよ、なんかありそうな予感。

次回は「着付け教室」。ゲストは高岡早紀さんです。

「奥様は、取り扱い注意」の記事一覧を見る