「奥様は、取り扱い注意」第9話|全て未解決で最終回へ

「奥様は、取り扱い注意」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第9話。

今回は、終始不穏な空気が漂う回でした。
来週最終回なのに、西島さんの正体は謎のまま。
残り1回であれもこれも回収できる?
どう考えても時間が足りない……。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

菜美(綾瀬はるか)の住む街で、一人の主婦が自ら命を絶った。横溝(玉山鉄二)に弱みを握られ主婦売春を続ける日々に、耐えられなくなったのだ。菜美は不吉な予感を抱くがその正体を掴むことはできず、真相は表沙汰にならないまま闇に葬られてしまう。

そんな中、勇輝(西島秀俊)の突然の海外赴任の話に彼への疑惑を深めた菜美は、小雪(西尾まり)に調査を依頼。啓輔(石黒賢)との結婚生活に限界を感じた優里(広末涼子)は、安西(小関裕太)に安らぎを求めるようになっていく。一方、渉(中尾明慶)の不倫疑惑と正面から向き合う決意をした京子(本田翼)は渉を尾行するが、同僚の女子とホテルに入っていく場面を目撃してしまい…!!

勇輝の指示に従い、菜美に偽の情報を伝える小雪。そんな小雪の言葉を受けて菜美は勇輝の海外赴任への同行を決めるが、菜美も勇輝も互いへの猜疑心と罪悪感でがんじがらめになっていく。そして、夫への愛を再確認した京子と、彼女の言葉に心を動かされた優里はそれぞれ夫婦の関係をやり直そうとするのだが、彼女たちが思いもしない方向へと事態は発展していき…!?

勢いで安西と一線を越えてしまい、横溝の仕掛けた罠にはまってしまった優里。思いがけない良枝(銀粉蝶)のひと言から渉が家を出ていき、呆然自失状態の京子にも横溝の魔の手は忍び寄り…!!

そして勇輝と共に「理想の夫婦」を目指すことを決めた菜美は、起死回生の一手を打つのだが!?番組公式サイトより)

第8話の感想(最終回予想)

西島さんの正体も、玉山さんとの対決も、仲良し3人組の危機も、優里と京子の夫婦問題も、ぜーんぶ最終回に持ち越してしまった……。大丈夫なのか(-_-;)

どれかひとつでも、先に片付ければよかったのに。
それができなかったということは、全部、何らかの形で繋がっている、ということだね。

優里は、安西と一線を越えてしまい、ついに闇組織の罠にかかってしまった。
主婦売春を取り仕切る組織みたいだけど、菜美は、玉山さん演じる闇組織のボス・横溝と面識がありそうだったよね。

工作員時代に知り合った?それとも施設?
玉山さんの表情を見ると、すごく驚いてはいるけど、菜美に対して敵意とか殺意とかは抱いてなさそうなんだよね……。

そこに、西島さん演じる夫の勇輝がどう絡むのかが不明。
素直に考えたら、横溝を捕まえるために“平和な街”に潜入した、というのが妥当だけど。

勇輝の部下らしい人が「例の案件はどうなってますか」って聞いていたから、菜美に近づいたのは組織の命令っぽい。その組織の正体が謎。

一緒にドイツへ行こうって言ったのは、組織を裏切って菜美と一緒に逃げるためなんだろうけど、ちょっと強引すぎるよねえ。いつもの勇輝と違って、切羽詰まってる感ありありだった。

だから菜美は即答できなかったんじゃなかろうか。
この時点で、勇輝が逃亡しようとしていることには気づいていたのかもしれないな。

もしかしたら、最終回は、ストーリー的には意外とあっさりしてて、アクションがメインになるのかなぁ。そっちのほうが面白そう。

菜美には、逃げずに戦って欲しい。
最終回では、思いっきり暴れて欲しい(ぜひ西島さんと一緒に)!

あと、優里のダンナと京子のダンナも、いっちょ懲らしめたってくれんかなー(`ε´)


ほかの記事を読む?

「奥様は、取り扱い注意」 「奥様は、取り扱い注意」最終回|衝撃的な結末!夫の正体は? 「奥様は、取り扱い注意」 「奥様は、取り扱い注意」第1話|ワケアリ夫婦の今後に注目