おっさんずラブ第6話|「好きじゃない」という告白

土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」

「おっさんずラブ」

どうも、夏蜜柑です。
「おっさんずラブ」第6話。

せ、せつな~。思いもよらない急展開で、戸惑ってます。どうしちゃったんだ春田。いや、乙女な武蔵好きだけど。応援もしてたけど。急展開すぎてついていけないぞ(笑)

以下、ネタバレを含みますのでご注意を。

第6話のあらすじ

  • 春田(田中圭)は牧(林遣都)と付き合っていることを職場でカミングアウトするが、牧はなぜか否定。黒澤(吉田鋼太郎)は春田への想いを再燃させ、蝶子(大塚寧々)と共に牧から春田を奪う作戦を練る。
  • 牧に「親に会って欲しい」と言われ、戸惑いつつも牧の実家を訪ねる春田。だが牧がカミングアウトしていたのは母親と妹だけで、何も知らない父親は激怒する。
  • 春田を好きだと気づいたちず(内田理央)は、牧に「告白してもいい?」と確認。笑って許すものの、内心では動揺を隠せない牧。ちずの告白を受けた春田は驚き、泣き出すちずを思わず抱き締めてしまう。
  • 2人が抱き合う様子を目撃した牧は、「春田さんのこともう好きじゃないです」と泣きながら春田に別れを告げる。春田が理由を問い詰めても答えず、牧は荷物をまとめて家を出て行く。1年後、春田はなぜか黒澤部長と同棲していた。

第6話の感想

何がどうしてこうなった?^^;

牧は春田とちずをくっつけようとして身を引いたんだよねー?
春田のお母さんが望むような平凡な家族の幸せを、自分とじゃ叶えられないと思ったから。

「春田さんのことなんか好きじゃない」って、真逆の意味にしか聞こえないし。牧、どんだけ春田のこと好きなのよ。

なのに、なんで1年後に部長と同棲してんの?
何やってんだ、春田ぁ~!

いや、部長がダメってわけじゃないんだけどさ(笑)

なんかアッサリ春田を手に入れたような印象を与えたのがわたし的にはマイナス。はるたんをゲットするまでの過程が描かれていたら、共感できたかもしれない。

牧があんな辛い思いをして春田と別れたことを考えるとね、春田のラストシーンの満面の笑みが意味わかんなくて。なんで自分だけ幸せになってんの~?って思ってしまいます。

牧の気持ちもわかるけど、好きな人を手放しちゃダメだよ。

ラストの衝撃が強すぎて内容がふっとんでしまったんだけど、今回、ほかの登場人物もそれぞれよかったです。

両想いになれないことを知りながら、春田に告白するちず。
年上の蝶子さんを本気で口説くマロ(春田を友達扱いするのめっちゃ笑う)

牧が風邪を引いたと知って、春田に「見ろ。おまえじゃ牧を守れない」とドヤ顔する武川主任。
ウジウジする元夫を見かねて、女子高生のノリ(やや昭和)で恋愛相談に乗る蝶子。

若くてイケメンでフレッシュで仕事が出来る牧に対抗しようと、自分のストロングポイント(家庭的で情熱的で包容力があって大人の色気がある)をアピール、春田を見つめながらリンゴの皮を剥いたり「アイシテル」のサインを送る部長。

うーーーん。
みんな幸せになる未来はないの?

これ、「おばさんずラブ」だったらどうだろう、とか、部長と牧の役が女だったらどうだろう、とか、いろいろなパターンを考えちゃいますね。

男女の恋愛モノだったら、やっぱりここまで面白くなかっただろうなぁ。
わたしは100%見てないですね。

「おばさんずラブ」はちょっと見たいかも(笑)

次回は最終回です。
どういう結末になるんだろ?また裏切ってくるのかな。楽しみです。

見逃し配信は…
テレ朝キャッチアップにて、最新話のみ期間限定無料配信されています。

キャスト

春田創一……田中圭
牧凌太……林遣都
黒澤武蔵……吉田鋼太郎
黒澤蝶子……大塚寧々
荒井ちず……内田理央
武川政宗……眞島秀和
栗林歌麻呂……金子大地
瀬川舞香……伊藤修子
荒井鉄平……児嶋一哉


ほかの記事を読む?

土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」 おっさんずラブ第5話|付き合ってます→待ったぁぁーっ! 土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」 おっさんずラブ第4話|高速パタパタとバックハグ