「陸王」第2話あらすじ&感想:原作より存在感のある佐山と、影が薄い村野

ドラマ「陸王」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「陸王」第2話。

役所さんと寺尾さん、ハンパない安定感。
原作を読んだだけでは、シルクレイの製造機ってまったく想像できなかったんだけど、あんな大きい機械が登場すると圧倒されますねー^^;

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第2話あらすじ

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)。しかし、開発への道のりは遠く険しいものだった。目下、いちばんの懸案事項となっているのは、靴底のソール部分だ。試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューズで求められる耐久性は望めなかった。
そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村(光石研)から太鼓判を押されたシルクレイだが、その特許を持つのは飯山(寺尾聰)という人物だ。飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることに。しかし、飯山は……。番組公式サイトより)

ネタバレ

宮沢から話を聞いた飯山は、特許の使用料として年間5000万円を要求する。実は飯山のもとには、アメリカ大手の外資系企業からも話が来ており、飯山はそちらと契約を結ぼうと考えていた。

諦めきれない宮沢は何度も飯山宅に足を運び、飯山を「こはぜ屋」に招待する。会社を見学した飯山は「こはぜ屋」を気に入るが、「契約はできない」と言う。

後日、飯山は外資系企業から「一度倒産された方は信用できない」という理由で契約を断られる。飯山は自分を信用すると言ってくれた宮沢に「シルクレイ」を託す決意をし、自分もプロジェクトに参加させてほしいと頼む。

一方、故障から立ち直れず、アトランティスのスポンサードからも外され、自暴自棄になっていた茂木(竹内涼真)は、監督の城戸(音尾琢真)から「走法を変えるしかない」と言われる。

茂木は、ロッカーに入れたままになっていた「こはぜ屋」のシューズを思い出し、履いてみる。希望を見いだしたような明るい表情で走り出す茂木。

スポンサーリンク

第2話感想

ラストの、茂木がコスモスの咲く一本道を力強く走るシーン。
本当に景色がきれいで、感動的だった。
茂木の喜びが、画面いっぱいに溢れていました。

期待してた村野役の市川右團次さん、影薄いなあ。
原作の村野は、業界で一目置かれるカリスマシューフィッターで、茂木とはもっと親密な関係だったと思うんだけど……。
完全に小籔さんの圧に負けてるよね^^;
これから出番が増えると思うので、引き続き期待したいです。

役所さんと寺尾さんのベテランコンビは、さすがの一言。
この2人のシーンはホント引きこまれた。
人のいい宮沢と、ちょっと柄の悪い飯山。
同じ社長でも、まったく印象の異なる2人。
でも、もの作りが好きで情熱的なところは似ているかもね。

役所さんは、普通にしてたらすごい貫禄のある人だと思うんだけど、このドラマではそういう面がまったく見えないですね。
失礼かもしれないけど、お茶目で可愛い^^

「おとうさんのお箸は?」とか、「全米ナンバーワン?」とか、場面が切り替わる直前に呟くとぼけた台詞が胸キュン。あれ、アドリブかな?
今までの池井戸ドラマの主人公にはなかったタイプ。

次回は、大地と飯山がシルクレイの製造に苦戦するようです。

原作との違い

今回もほぼ原作どおりでした。
飯山のやさぐれたキャラクターも、まんまでした。
寺尾さんてあんまりこういうイメージなかったのに、役者さんてすごいねー。

佐山

ドラマでは、小籔さん演じる佐山が茂木に話をしてましたが、原作では小原でした。佐山は、後半になってからしか登場しません。
原作ではこの直後、村野は小原と激しく言い争ってます。

飯山の「こはぜ屋」見学

ドラマでは、飯山は「こはぜ屋」を見学した後に外資から断られていましたが、原作では、外資から断られた後、妻・素子に言われてしぶしぶ「こはぜ屋」を見学するという流れです。

茂木のシューズ

ドラマでは、茂木は宮沢が持ちこんだシューズを履いて走っていましたが、原作では、このシューズは履いていません。茂木が履くのは、のちにシルクレイをソールに使った新・陸王です。

トンボのマークが使われる理由については、こちら▼

http://dramaeveryday.com/rikuou_0-1/

ロケ地情報はこちら▼

http://dramaeveryday.com/rikuou_location/

「陸王」記事一覧を見る