「陸王」第6話|平瀬のラストラン

ドラマ「陸王」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「陸王」第6話。

ニューイヤー駅伝、盛り上がりましたね!
臨場感たっぷりで興奮しました。
こんな大規模なロケ、見るからに大変そう^^;

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第6話あらすじ

いよいよ始まったニューイヤー駅伝。怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」だった。決意を新たに自分の出番を待つ茂木。レースがスタートしてから順調にタスキをつなぐダイワ食品は、3位という絶好のポジションで、4区を走るエース・立原(宇野けんたろう)がスタート。
みんなの期待を一身に背負い走り始めた立原だったが、連戦の疲れからか、ほどなく失速してしまうと次々と順位を落としてしまった。先頭から大きく差をつけたられたダイワ食品チームだが、いよいよ6区を走る茂木へタスキがつながれる。同じ区間を走る毛塚(佐野岳)と静かに火花を散らす茂木。そんな茂木の力走に、声をふりしぼって声援をおくる宮沢(役所広司)らこはぜ屋のメンバーたち…果たして勝負の行方は!?番組公式サイトより)

ネタバレ

8位でタスキを受け取った茂木(竹内涼真)は、宮沢たちが見守る中、見事な力走で順位を上げていく。やがて3位の毛塚と熾烈なデッドヒートを繰り広げ、向かい風を利用して毛塚を抜き去る。

茂木からタスキを受け取った平瀬(和田正人)は、2位でゴール。茂木は区間賞を獲り、宮沢に「陸王を履いて勝ち続ける」ことを誓う。

本格的に陸王の商品化に踏み切った宮沢だが、売れ行きは全く伸びない。さらに、アッパー素材の提供元であるタチバナラッセルがアトランティスと独占契約を結ぶことを決め、こはぜ屋は窮地に追い込まれる。

第6話感想

平瀬さんのラストラン、泣かせる……(>_<。)

平瀬役の和田正人さんは、日大出身で箱根駅伝にも出場経験があり、俳優に転身する前は実業団の陸上選手だったらしいです。
ニューイヤー駅伝に出場するのが夢だったのに、その夢をかなえる前に引退したとか……。

そういう背景を知っていたので、なおさら平瀬の走りが感動的でした。
役柄とはいえ、夢がかなってよかったです。
ちなみに、ドラマの平瀬も日大出身になってましたね^^

ニューイヤー駅伝の感動も束の間、今度はタチバナラッセルの裏切り。
橘社長の言うことはわかるけど、やっぱり、アトランティスと契約してほしくなかったなー。一緒に陸王を作り続けてほしかった。
原作ではこれっきり橘社長は出てこなかったと思ったけど、キム兄もお役御免なのかな……。

そして大地。逞しくなったなぁ。
ラストの、泣きながらタチバナラッセルを後にする宮沢の肩を抱くシーンなんて、完全に立場が逆転してた。宮沢が小さく見えたもんなぁ。

こはぜ屋はこれから窮地の連続だけど、大地はますます頼もしくなっていくので、ドラマ版の大地がどこまで成長するか楽しみです。

原作との違い

平瀬と茂木の入浴シーン

ドラマでは、ニューイヤー駅伝の後、平瀬と茂木が一緒にお風呂に入り、平瀬の今後の人生について語り合うシーンがありましたが、原作にはこのシーンはありません。
もちろん、城戸監督が素っ裸で平瀬にエールを送るシーンもありません^^;

陸王の商品化

ドラマでは、ニューイヤー駅伝での茂木の走りを見て、宮沢は「陸王」を商品化することを決意しましたが、原作だとニューイヤー駅伝の前に決めています。

原作では、その前に東京体育大学陸上競技記録会という公式戦があって、茂木はその大会に陸王を履いて出場し、ぶっちぎりのトップでゴールします。これが陸王の公式デビューとなりました。

この記録会の後、宮沢は村野からお墨付きをもらって陸王の量産に踏み切り、百貨店のバイヤーに売り込みをかけています。

アトランティスの企み

ドラマでは、小原と佐山がタチバナラッセルの橘社長を口説いていましたが、原作だと佐山と調達課の中畑という人物です。

原作では、陸王のアッパー素材の供給を止めるという手段を思いついたのは佐山で、小原はあとからこのことを聞かされ、バックアップします。

タチバナラッセルの寝返り

ドラマでは、宮沢と大地がタチバナラッセルを訪ね、橘社長を説得していましたが、原作では宮沢と安田でした。
また、ドラマでは帰りがけにアトランティスの小原と佐山に会い、宮沢が彼らに熱弁をふるう場面がありましたが、原作にはこの場面はありません。

原作では、宮沢は橘に向かって静かに決別の言葉を告げて終わっています。小原と佐山に会う場面はありませんでした。


ほかの記事を読む?

ドラマ「陸王」 「陸王」第7話|シルクレイ製造機が炎上 ドラマ「陸王」 「陸王」ロケ地|こはぜ屋のロケ地は創業100年の会社