「100万円の女たち」第10話ネタバレと感想:ついに招待状の送り主が明らかに!

100万円の女たち

(C)青野春秋・小学館/「100万円の女たち」製作委員会

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「100万円の女たち」第10話を見ました。

ついに招待状の送り主が明らかになりました。
前回・前々回を見返すと、白川美波が彼女を挑発していたことが、よくわかります。

第10話「解散」ネタバレ

道間慎(野田洋次郎)の自宅が火事で全焼し、焼け跡から白川美波(福島リラ)の遺体が発見されます。再び警察から事情聴取を受ける道間と塚本ひとみ(松井玲奈)、小林佑希(我妻三輪子)、鈴村みどり(武田玲奈)。

道間に敵対心を抱く人気作家・花木ゆず(中村倫也)は、評論家・森口竜市(池田鉄洋)の番組で道間と対談をしたいと言い出します。

企画のタイトルは、「開菜々果追悼企画・週刊誌が報じた男VS最後の夜を共にした男。世界的大女優が選んだ本物の才能はどちらの小説家か」。それを聞いて、森口も乗り気になります。

帰る場所を失った道間と3人の女たちは、解散することに。道間が泊まるホテルを訪ねた編集者・桜井(山中崇)は、花木ゆずとの対談企画を道間に伝えますが、道間は「勝ち負けのために小説を書いているわけではない」と断ります。

ネットカフェに泊まる鈴村みどりの前に、美波の部下・砂子(遠藤雄弥)が現れます。美波は、遺産のすべてをみどりに残すという遺言を砂子に預けていました。

みどりは道間に会い、美波は自分が死ぬことをわかっていたのではないか、と伝えます。道間は、招待状に何が書いてあったのかをみどりから聞き出します。

招待状には、女たちの素性や道間の経歴、家族関係などが事細かに書かれていました。そして命を失う危険があるということも……。

道間は自分のすぐそばに招待状の送り主がいたことに気づき、花木ゆずとの対談を引き受けることにします。自分の都合のいいように菜々果を利用し、道間を非難する花木ゆず。道間は最後にカメラに向かって言います。

「やっと気がついたよ。君が嘘をついていたことに。今度は僕が君のことを招待するよ」

夜、道間が泊まっているホテルの部屋のドアがノックされます。ドアを開け、「招待状を書いたのは、君だったんだね」と告げる道間。

そこには、「ご招待いただきありがとうございます」と言ってほほえむ小林佑希がいました。

スポンサーリンク

第10話「解散」感想

う~ん……。
原作にはなかった、花木ゆずと道間慎の対談シーン。
道間が「真犯人を招待する」という目的のためだけに引き受けた感じなので、中身がまったくなくて、ちょっと肩すかしでしたね~。

それとも、この対談の中身のなさで、花木ゆずがスカスカだということを示して次回への伏線にしている……とか?
どっちにしても、私はこのシーンは好きにはなれませんでした。
亡くなったからといって、菜々果を自分に都合よく利用する花木ゆずが許せません!

まあ、最も許せない人は、招待状の送り主ですけども。
普通、犯人を推理するときは、動機や目的から辿って考えるものですが、この人の場合それがちょっと異常なので、まったく予想がつきませんでしたね。
その気になる目的は、次回明らかになります……が。

予告見ると、んん~??
もしかして原作とは違う展開ですか?

5人の女たちの正体については、こちら↓で書いています。

http://dramaeveryday.com/sinya_100man_01-1/
「100万円の女たち」記事一覧を見る