「明日の君がもっと好き」第2話あらすじ&感想:なぜかみんなポエムを語る

明日の君がもっと好き

どうも、夏蜜柑です。

「明日の君がもっと好き」第2話。

初回で見るの止めようと思ったのですが、怖いもの見たさで続きを見てしまいました。今回は気持ち悪さが鳴りを潜め、比較的見やすかったです(セリフはくさいけど)

気味悪いタクシー運転手も出てこなかったしなー。今後も続けて見てみようかな。

※「明日の君がもっと好き」はU-NEXTで各話配信中です

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

第2話「月齢」のあらすじ

  • 香(森川葵)から性に関する悩みを打ち明けられた亮(市原隼人)は、香を受け入れ結婚を前向きに考えようとする。
  • 夫の智弘(渡辺大)との関係が冷えきっている梓(志田未来)は、智弘にウソをついて香のいるガールズバーに通う。梓を送る途中、香は思わず梓にキスしてしまう。そこへ偶然通りかかった遥飛 (白洲迅)が、2人のキス現場をスマホで撮影する。
  • 茜(伊藤歩)は智弘に呼び出され、梓に内緒で2人きりで会う。食事の帰り、茜は智弘にキスされるが拒めない。
  • 亮の熱心な仕事ぶりを見て好感を抱いた茜は、自宅の庭の剪定を丹野園に依頼する。茜と亮が2人で商店街を歩く姿を見た梓は声をかけ、亮が香の知り合いとわかると2人をガールズバーに誘う。

第2話の感想

初回のドロドロ感が少し薄まって、恋愛ドラマとしての要素が強くなった感じがしますね。

伊藤歩さん演じる茜の「男に擦り寄る感じ」は好きではありませんが、ドラマとしては面白いです。

変な男に自ら歩み寄る女

「変な男、多いから」と合気道の練習を再開してたけど、変な男に寄っていってるのはアナタだからね!

昔の男に呼ばれたからって、なぜホイホイ会いに行く?
なぜ仲良く寿司なんか食べちゃったりする?

今は妹の夫ですよ?
キスなんか許しちゃってナニ考えてるの?

レモンの月はいつしか消えて、霧のようにかすむ細かい雨の水滴が、昔の男のまつげに潤んで光っていた

ポエミーなモノローグ語ってる場合じゃないっつーの!

伊藤歩さん本人は嫌いでもなんでもないんだけど、彼女が演じる役は好きになれないわー。平成細雪の三女雪子といい、今回の茜といい。

なぜかみんなポエムを語り出す

それにしてもまぁ、のっけから恥ずかしいセリフのオンパレードでしたね^^;
なんだろうなぁ……この既視感。

そうそう。バブル崩壊直後のドラマって、こんなの多かった気がする。

この世界は、蝶の羽ばたきが起こす偶然と必然とで出来上がっている。瞬きする一瞬の蝶の羽ばたきで、男と女が出会い、まばゆい蝶の羽ばたきで、男と男が出会い、女と女が別れ、それぞれの喜びと悲しみを彩るのかもしれない

三田佳子さん演じる茜の祖母は、祖父を施設に預けてはという茜の提案を「夫婦だってのっぴきならない絆で結ばれることがある」と却下。

のっぴきならない絆の行き着く先が虐待か……コワ。

女は誰も1匹、胸に鬼を飼ってる。男はずるいけど、無邪気。どこかきれい

茜の頭の中は、いつでも男のことばかり。

レモンの形をした月。見上げたら、胸に酸っぱいジュースがほとばしった

白洲迅さん演じるクズ男・遥飛のまったく同情できない孤独。
釈由美子さん演じる美晴の財布を奪い取るも、乱暴はしなかったね。

行き場のなさに、今夜の月の齢なんかを調べている

森川葵さん演じる香と、志田未来さん演じる梓のキス。
ふたりとも幼いから子供のママゴトみたいにカワイイ。嫌らしさはまったくなかったな^^;

ファーストキス セカンドキス 男 女 くるくる くるくる 男 女 胸に磁石の針は、方向が定まらず回り続けてる

梓が黒い顔してたので、次回はドロドロ展開に突入する予感。

ロケ地、登場人物(キャスト)、主題歌はこちら▼

市原隼人主演ドラマ「明日の君がもっと好き」ロケ地・あらすじ・キャスト・主題歌
市原隼人さん主演のドラマ「明日の君がもっと好き」が2018年1月20日(土)にテレビ朝日系土曜ナイトドラマ枠でスタートします。あらすじ、登場人物(キャスト)、主題歌、ロケ地についてまとめました。

「明日の君がもっと好き」の記事一覧を見る