「ブラックリベンジ」第4話あらすじ&感想:驚愕の急展開!黒幕はあの人だった!

ドラマ「ブラックリベンジ」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「ブラックリベンジ」第4話。

沙織の復讐、無事に完了かと思いきや!
まさかの急展開でしたねー。
全員隠し事だらけで、わけがわからなくなってきたぞ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

ドラマ「ブラックリベンジ」は、Huluで各話有料配信しています。

第4話のあらすじ

将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事をスクープされ、それを苦に自殺。妻の今宮沙織(木村多江)は最愛の人、そして生まれてくるはずだった新しい命を奪われる。5年後、そのスキャンダルがねつ造された事を知った沙織は「週刊星流」の契約ライターになり、スキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)への復讐を誓う。そして、沙織は塚本、サユミのスキャンダルを暴き、2人を社会から葬り去り、地獄の底に叩き落す。

沙織はネット通販会社の女社長、南條が芸能の仕事をエサにモデルの川崎隼也(大和孔太)を食い物にしている事実を突き止める。沙織は南條との関係を独占告白させるために隼也を説得。隼也は協力を約束し、証拠写真の撮影を沙織に頼む。だが、これは隼也の罠だった。沙織が隼也の部屋に入ると、逆に隼也に写真を撮られる。隼也は南條を裏切るつもりはなく、不法侵入した「週刊星流」の記者として、写真を他誌に売ると沙織を脅す。沙織は「南條は私が必ず地獄へ叩き落す。そして、お前も必ず炎上させる」と怒りを露にする。

隼也は沙織の不法侵入の瞬間を撮影した事を南條に報告して写真を見せる。だが、写真は真っ黒で、沙織のスカーフしか写っていなかった。隼也を警戒し、光を跳ね返すナノクリスタルを散りばめたスカーフを巻いていた沙織。これを身に着けていれば写真を撮られてもフラッシュがレンズに反射して何も映らないのだ。高槻裕也(堀井新太)は沙織から話を聞き、狙いがバレた以上、復讐は諦めた方が良いと助言する。沙織を心配する高槻だったが、沙織は「ここで終わりにするつもりはない。後は私1人でやる」と言って去っていく。

沙織は「週刊星流」編集部で芦原咲良(岡野真也)が撮影した南條のマンションに出入りした人間の写真を改めて確認。沙織は隼也が「俺たちが夕子さんを裏切る訳ないだろ」と言っていた事を思い出し、芦原に頼み事をする。デスクの天満龍二(平山浩行)はそんな沙織たちの会話に聞き耳を立てる。南條は秘書の柏原弘樹(菅原卓磨)と運営する美少年愛人倶楽部「ラヴパラディーゾ」について話していた。柏原は倶楽部の存在を「週刊星流」にバレる事を恐れ、一度運営を止めて様子を見る事を勧める。だが、南條は「お金や権力だけでは満足できない女たちが男を求めて私の元に集まってくる。その様を見るのが快感なの。星流に嗅ぎつけられた程度で、私の楽園は揺るがない」と継続の意思が固かった。

沙織の前に便利屋の城田純一(DAIGO)が現れる。城田は「もし逃げたら、1000万円は石山綾子から徴収する」と脅し、妹の綾子(中村映里子)とその息子の悠斗に会った事を伝える。城田は沙織が逃げた場合、悠斗を誘拐して綾子を脅そうと企んでいた。

高槻は糸賀朱里(鈴木砂羽)のクリニックを訪れ、「あなたが沙織さんに行っている行為はカウンセリングなんかじゃない。マインドコントロールだ」と言い放つ。高槻は沙織の復讐心を助長しているのは朱里と考えていた。朱里は「彼女の復讐に手を貸しているのは寺田圭吾への罪滅ぼしのつもり?あなたも秘密を隠して今宮沙織と接している」と言い返し、言い当てられた高槻は動揺する。朱里は高槻が沙織に特別な感情を抱いている事も見抜いていた。復讐を止めさせたい高槻だったが、朱里は「無理よ。もう一度生きようと思った理由が復讐なんだから」と話し、「ねぇ、あなたに頼みがあるんだけど・・・」と微笑む。

南條は隼也に連絡し、今夜、新規の指名が入っている事を伝える。その客は南條が昔からお世話になっている人だった。隼也は同じ倶楽部に在籍する幸成、雅紀、透とカフェにいた。隼也たちは客の女性をババア呼ばわりし、悪口を言って盛り上がる。芦原は少し離れたテーブルから、その様子をスマホで撮影していた。夜、隼也はマンションの部屋にやってきた客を迎え入れる。その客は朱里だった。朱里は鞄にポケットWi-Fiを忍ばせていた。

芦原はカフェで撮影した隼也たちの動画を沙織に見せ、「間違いありません。南條はネットでイケメンをマダムに紹介しています」と報告。だが、記事にするにはサイトの存在と南條が運営している証拠が必要だった。帰宅後、沙織は芦原と連絡を取り合う。沙織から指示され、南條の愛人倶楽部のホームページを探した芦原は「いろいろ検索をかけているんですけど、やっぱり普通に辿り着けるサイトじゃないですね」と見つからない事を伝える。その時、パソコンにメールが届く。差出人は寺田圭吾になっていた。沙織は疑心を抱きつつメッセージを開く。メールにはサイトのURLが貼られ、フォルダも添付されていた。

数日後、南條のネット通販会社の設立10周年&オリジナルブランド発表会が開催され、テレビ、雑誌のカメラや記者たちが集まる。南條は隼也らモデルたちが立つステージに登壇し、あいさつのスピーチを始めるが、そこに柏原が「社長、すみません!大変です!すぐに見て頂きたいものが・・・」と大慌てでやってくる。「な、何よ。柏原、今、大事なスピーチの・・・」「そんな事言ってる場合じゃないんです!こちらへ!」「え?ちょっと・・・」この後、南條は柏原が持っていたものを見て愕然となる・・・。番組公式サイトより)

第4話ゲスト

南條夕子……横山めぐみ

スポンサーリンク

第4話の感想(ネタバレあり)

やってくれましたね。
南條夕子を炎上させ、ようやく沙織が復讐を遂げた……と思ったら。
本当の黒幕は編集長だったとは!!

佐藤二朗さん、完全にノーマークだったよ(-_-;)
番宣で「僕は主人公を温かく見守る編集長の役で」って言ってたから、完全に信じ込んでました。騙されたわ~!

第2話だったか、編集長がチラッと鋭い視線を向けるシーンがあって、その時は一瞬「あれ?」って思ったんですけどね。
その後なんもなかったから、スルーしてしまいました。不覚。

そしてチュッパチャプス城田が退場。
あっさり死んじゃいましたね……。
殺したのは、やっぱり精神科医の朱里?

いろいろ複雑になってきたので、ちょっとまとめてみます。
(個人的に怪しいと思う順)

1人目・糸賀朱里

  • 沙織が信頼し、何かと相談する精神科医
  • 沙織に隠れて妹・綾子とも会っている
  • あらゆる方法を使って沙織の復讐をバックアップする
  • 圭吾が自殺する前に撮った動画をひとりで見ていた
  • 私立恵蘭女子中学の卒業アルバム?をひとりで見ていた

2人目・寺田圭吾

  • 沙織の亡き夫で、将来有望な政治家
  • 5年前にスキャンダルを苦に自殺
  • 自殺する直前、自分を陥れた3人を暴露した動画を残す
  • 沙織に「すべてが終わったら、君もおいで」と言い残す

3人目・福島勲

  • 週刊星流の編集長
  • 沙織の実力を買い、期待している
  • 記者の天満から沙織のことを聞かれた際、「考えすぎだ」と流した
  • 圭吾のスキャンダルをねつ造した黒幕(南條夕子談)

4人目・石山綾子

  • 沙織の妹で、シングルマザー
  • 沙織を心配し、気にかけている
  • 沙織に隠れて朱里の病院に通っている
  • 沙織に「復讐されるかもしれない」秘密を持っている
  • 沙織に復讐をやめさせようとする

5人目・高槻裕也

  • 圭吾の元秘書
  • 沙織の復讐に協力する
  • 沙織を心配するあまり、盗聴器を仕掛ける
  • 沙織に隠れて朱里に会いに行く
  • 沙織に好意を抱いている
  • 朱里に秘密を握られている……?

福島編集長は、真の黒幕ではない、と私は踏んでるんですけども。
朱里が沙織に復讐を仕掛けるのにも、深い事情がありそうな予感。
朱里自身も、誰かに復讐しようとしてるのかも。

なんかいろんな人に利用されて、沙織がかわいそうになってきました。
高槻だけは味方でいてほしいなー。

すごいシリアスな展開なんだけど、たまに吹き出してしまう場面がある^^;
今回は、南條夕子の「このハゲー!!」発言と、城田の「さらわれちゃうよ~!」がツボでした。あと、編集長がカミナリのコントに毎回冷静にツッコむ「終わった?」も好きだわー。

次回は、天満に沙織の正体がバレるみたいです。
天満が味方につくかどうかもポイントですね。

「ブラックリベンジ」の記事一覧を見る