「犯罪症候群」第6話|もうひとつの誘拐事件

オトナの土ドラ 犯罪症候群

(C) 東海テレビ/WOWOW

前回で失踪事件が解決し、環のもとを離れた武藤。
けれど、そんな武藤にまたしても試練が……新たな誘拐事件に巻きこまれます。

第6話ネタバレ

環のもとを離れ裏のた武藤(玉山鉄二)は、ふたたび調査員の仕事にもどります。調査のためにティッシュ配りをしていると、仕事仲間の高梨(高橋光臣)が背広の男達に連れ去られそうになる場面に出くわし、武藤は背広の男達を追い払います。

高梨の父は、一流企業・フォルトの社長で、会社を継ぐことを拒んで絵本作家になった高梨を呼び戻そうとしていたのでした。

高梨は、妻・美和(前田亜季)と息子の和樹と3人で、つつましいながらも幸せな暮らしを営んでいました。武藤は高梨家に招待され、夕飯を共にします。その帰り道、自殺未遂を図った娘の真梨子(桜田 ひより)が意識を取り戻したと聞き、武藤はほっとします。

武藤が勤める探偵事務所に刑事がやってきます。高梨の息子・和樹が何者かに誘拐され、犯人は身代金の運搬役に武藤を指名してきたのでした。

身代金の1億円は、高梨の父・高梨道治(竜雷太)が用意することに。しかし道治は、高梨が美和と別れて戻ってくることが条件だと言います。美和は子供のために、その条件をのみます。

身代金の運搬には、犯人が指定してきたレンタカーが用意されました。警察はレンタカーにGPSを取付け、小型無線機を仕込んだ携帯電話を使用するよう武藤に告げます。警察は武藤が犯人の一味ではないかと疑っていました。

犯人からの連絡を待っているさなか、武藤の携帯電話に環(渡部篤郎)から連絡が入ります。環は今回の誘拐事件や、高梨の家庭事情についてもすべて知り尽くしていました。環は近いうちにまた会うことを匂わせ、電話を切ります。

武藤が1億円を乗せた車で犯人の指定した場所に向かうと、途中で犯人から行き先変更の連絡が入ります。その後もたびたび行き先を変更する犯人。犯人は武藤に同行する警察車両の存在に気づき、武藤は人質を守るため、犯人の指示に従って単独行動に出ます。

最後に指定された場所へ行くと、覆面をした男が武藤に襲いかかってきました。さらに、別の男が背後から鉄パイプで武藤の後頭部を殴り、武藤は気を失ってしまいます。

刑事に発見された武藤は、犯人に逃げられたことを悟ります。警察の取調室で、武藤が乗っていた車は途中で犯人によってすり替えられ、GPSでの追跡が不可能だったことを知らされます。

武藤を疑う刑事は、武藤から人質の居場所を聞き出そうとしますが、そこに環が現れます。心配でかけつけたという環は、「一刻も早くここを出て、犯人を捜したらどうですか」と言います。武藤は「私はもう二度とあなたの力を借りたりはしない」と、突っ撥ねます。

翌朝、再び取調室に環が現れ、和樹の遺体が発見されたことを告げます。

犯人の隠れ家だった場所には、札束の燃えかすが残っていました。

スポンサーリンク

第6話感想

武藤さんが可愛そうすぎて見ていられないです。
原作の3人分を武藤さんひとりにまとめちゃったから、これでもかというくらい、不幸に襲われてます。こんなに辛い出来事が立て続けに起こったら、普通なら耐えられませんよ……。

ドラマは違う結末になるかもと予想したのですが、今のところは原作通りですね。
でも、次回は鏑木さんが捜査に加わるようなので、少しは救われるかな……。
環さんの存在が不気味ですけどね。

今回のドラマを見ていて、いい伏線だなあと思ったのは、

  • ティッシュ配りの場所で、ホームレスを登場させたこと
  • 高梨の妻・美和に「子供を助けてください」と言わせたこと
  • 犯人が武藤のことを「ティッシュ配り」と呼んでいたこと
  • 金を持ってきた秘書の桜井に「警察に運ばせなかったんですか?」と聞いたこと

などです。

誘拐犯は2人ですが、間接的に子供を殺した人がいます。
わかりますか……?

原作との違いについては、のちほどまとめたいと思います。


ほかの記事を読む?

オトナの土ドラ 犯罪症候群 「犯罪症候群」第7話|身代金に細工をしたのはあの人! オトナの土ドラ 犯罪症候群 「犯罪症候群」最終話|Season2に繋げるためのラスト?