「犯罪症候群」第7話|身代金に細工をしたのはあの人!

オトナの土ドラ 犯罪症候群

(C) 東海テレビ/WOWOW

誘拐事件の犯人を見つけようと、鏑木と共に捜査を始めた武藤。
しかし、またしても環が近づいてきて……。
今回は最終回直前の第7話ネタバレと感想、そして原作の結末をネタバレします!

第7話ネタバレ

誘拐犯をとり逃がしてしまった武藤(玉山鉄二)は、息子の和樹を失った高梨道典(高橋光臣)と妻・美和(前田亜季)に謝ります。

武藤を心配した鏑木(谷原章介)は、誘拐事件の捜査に無理やり加わり、武藤と一緒に犯人を追うことに。鏑木は、和樹が囚われていた場所に身代金の燃えかすが残っていたことを告げます。犯人は身代金を受けとった後に和樹を殺害していました。

犯人は、「高梨がフォルトの跡取りと知っていた」「武藤と高梨の関係を知っていた」人間だと推測し、武藤と鏑木は犯人を追います。そして、環(渡部篤郎)もまた……。

武藤は、フォルトの社長秘書の桜井(相島一之)が現れて高梨と揉めていた時、周りにホームレスたちがいたことを思い出します。ホームレスたちに話を聞くと、首に火傷の痕がある不審な男が浮かび上がります。

父・道治(竜雷太)から「こんな事態を招いたのはお前自身だ。これ以上家族を不幸にするな」と言われた高梨は、武藤に「これ以上俺に関わらないでください」と言って立ち去ります。

武藤が探していた不審な男の情報を、環が持ってきます。環と決別した武藤は拒みますが、環から「いちばん大事なことは、一刻も早く事件を解決することでは?」と言われ、受けとります。

高梨の妻・美和は、高梨の父・道治の秘書の桜井から「道典さんのために別れてくれませんか」と言われ、高梨に何も告げずに離婚届を置いて家を出て行きます。

犯人の目星がついた武藤と鏑木でしたが、鏑木はホームレスの証言だけでは捕まえることはできないと言います。業を煮やした武藤は、独断で犯人の山名(高橋努)の家に侵入し、盗聴器をしかけます。

武藤の存在に気づいた山名は、相棒の梶(鶴田亮介)と相談し、武藤を殺す計画を立てます。武藤はあえてその計画に身を投げ、自身が囮となって山名と梶を逮捕させることに成功します。

武藤の娘・真梨子(桜田ひより)が退院し、自宅に帰ってきました。武藤は真梨子に、自分が警察を辞めた本当の理由──犯人を殺そうとしたことを、包み隠さず話します。武藤の告白を聞いた真梨子は、泣きながら謝ります。

誘拐犯のふたりは自供しますが、なぜか「身代金は偽物だった」と言います。しかし、鏑木が調べた燃えかすは、確かに本物の一万円札でした。

フォルトの社長・高梨道治は、ある大物政治家と密会していました。その密会場所に環が現れ、秘書の桜井に「取り引きがしたい」と持ちかけます。

スポンサーリンク

第7話感想&原作ネタバレ

環さんの目的がわかりませんね……。
原作では、この事件に鏑木さんと環さんは関わってこないんです。
なので、環さんがどういう理由で高梨社長を見張っているのか、不明です。
あの「政治家」のほうが、本当の目的なのでしょうか?

さて、誘拐犯は捕まりましたが、事件の謎はまだ残っています。

誘拐犯はなぜ身代金を「偽物」だと言ったのか?
なぜ身代金を受けとったのに、子供を殺してしまったのか?

ちょっと原作のネタバレをします。
結末を知りたくない方は、読まないでください。

犯人は、あの身代金はすべて偽札だと思い込んでいました。
そのため、頭にきて人質を殺してしまったんです。

なぜ、偽札と思い込んだのかというと、そういう細工が施してあったからです。
ロイコ化合物というもので、それを使えば、数時間後に文字を浮かび上がらせることができるんです。

そのロイコ化合物を使って、本物の紙幣にあらかじめ<見本>とか<無効>という文字を印字しておいた。犯人はその文字が浮かび上がった紙幣を見て、偽札だと思い込んだ……。

細工を施したのは、高梨道治です。
彼は、犯人が和樹を殺してくれれば、息子夫婦を別れさせることができると思ったんですね。

そして、そのことを知った道典は、父親である高梨道治を灰皿で殴って殺してしまいます。
高梨は警察に指名手配されますが、武藤に会いにきてすべてを打ち明けたあと、「妻と一緒にどこまでも逃げる」と言って立ち去ります。

というのが原作のラストなのですが、ドラマでは環さんや鏑木さんも絡んでいるし、どうやらSeason2につながるような結末になりそうなので、少し違ったラストになるかも。

最終回が楽しみです!


ほかの記事を読む?

オトナの土ドラ 犯罪症候群 「犯罪症候群」と原作「誘拐症候群」の相違点【その2】 オトナの土ドラ 犯罪症候群 「犯罪症候群」最終話|Season2に繋げるためのラスト?