「犯罪症候群」最終話|Season2に繋げるためのラスト?

オトナの土ドラ 犯罪症候群

(C) 東海テレビ/WOWOW

ついにSeason1が最終話を迎え、誘拐事件の真実が明らかになりました。
武藤と環の関係、そして鏑木は…。
Season2に繋がる人々も登場し、“復讐”の是非を問うストーリーはさらに続きます。

最終話ネタバレ

鏑木(谷原章介)は、誘拐犯が「身代金は偽物だった」と言っていることに疑問を抱き、もう一度捜査させてほしいと願い出ますが、許可されません。

武藤(玉山鉄二)は、高梨道典(高橋光臣)から妻・美和(前田亜季)がいなくなったことを聞き、すぐに捜索願を出すよう勧めますが、高梨は「俺と一緒にいれば苦しむ」と自分を責めます。

高梨の父・道治(竜雷太)が強引なやり方で恨みを買っていたことを聞いた武藤は、フォルトを調べるため秘書の桜井(相島一之)に会いますが、桜井は「孫を誘拐されるほどの恨みは買っていない」と言います。武藤は、環(渡部篤郎)もまた桜井を調べていることを知ります。

行き場をなくした高梨の妻・美和は、「少年犯罪を考える会」を訪ね、ボランティアの矢吹響子(木村多江)に会っていました。同じ犯罪被害者の響子から優しい言葉をかけられ、抱えていた犯人への憎しみを打ち明けます。

酒浸りの日々を送る高梨は、「犯人を殺して復讐する」と武藤に告げます。武藤は、自分もまた1年前に妹を殺されたこと、犯人に復讐しようとして警察を辞めたことを高梨に明かします。高梨に「復讐しなかったんですか?どうして?」と聞かれ、答えられない武藤。

「でも復讐しなくてよかった。今はそう思っています」
「それでいいんですか?武藤さんは、本当にそう思っているんですか?」

不審な行動を取る桜井を追って、武藤は「國本印刷」に辿りつきます。しかし、印刷所の人間は武藤の問いに何も話そうとしません。

誘拐犯の山名(高橋努)を取り調べた鏑木は、身代金の紙幣に<無効>と書いてあったことを山名から聞き出します。しかし、起訴中の事件を調べていることが知られた鏑木は、謹慎処分を受けます。

武藤は印刷に関する本を読み漁り、夜中に「國本印刷」に忍び込みます。そこで探していたものを見つけた武藤は、桜井に会いに行き問い詰めますが、桜井は何も話そうとしません。

武藤は道治本人に直接確かめます。道治は、サイモ化合物を使って紙幣に印刷をし、犯人が身代金を受けとった後で<無効>という字が浮かび上がるように細工を施したのでした。
「なぜこんなことを?」と問う武藤に、道治は「犯罪者に渡すような金は一円たりともない」と答えます。

「和樹くんの命より、金が大事だって言うんですか?」
「あの子が殺されるとは思ってなかった!一億を奪われ、孫も失った。私も被害者なんだよ」
「同じことを、息子さんにも言えますか!?」

道治がしたことを知った桜井は、道典から「桜井さんのこと、父親みたいに思ってました」と言われ、すべてを打ち明けます。

環と会った武藤は、桜井がすべてを証言したこと、高梨道典が父親を殺して逃亡中だということを聞かされます。環の目的は、道治と繋がっている政治家の贈賄の証拠を掴むことでした。

武藤は、逃亡中の高梨と会います。「自分が桜井を追いつめていなければ、あんなことにはならなかった。私が、あなたの人生を狂わせてしまったのかもしれません」と謝る武藤。
しかし、「親父は殺されて当然のことをしたんです。よかったんですよ、これで」と堂々と話す高梨に、武藤は言葉を失います。

「ある人に言われました。憎しみは風化しないと。あなたは本当に後悔していないんですか?俺は満足しています。自分のやるべきことをやった。それをあなたに伝えたかった」
そう言って、高梨は武藤の前から立ち去ります。

所轄に異動となった鏑木は、環に「武藤に何かしたら、いつでも俺が現れる」と告げます。環は「気づきませんでした……あなたのその目。どこか武藤さんに似てますね」と言います。鏑木が向かった先は、矢吹響子の部屋でした。

屋上で環とふたりきりになった武藤は、「誰の心の中にも獣はいるんです。それを抑えきれなくなったとき、人は罪を犯す。私もいつか、そうなってしまうかもしれません」と打ち明けます。

「だったら、あなたの獣の矛先を、犯罪者に向けて下さい」
環は「この世のすべての犯罪をなくしたい」と言います。

「以前、あなたにこう言いましたね。犯罪者に対して、異常な執着心を持っていると。私も同じなんですよ。だから、必要なんです、あなたが」

武藤は環に「次の事件はなんですか?」と尋ね、ふたりは共に立ち去ります。

スポンサーリンク

最終話感想

武藤さんは、裏の仕事を続ける決意をしたんですね。
ということは、Season2で、武藤と鏑木が対決することになります。
また辛い展開になりそうです。

ドラマ版は、渡部篤郎さん演じる環が、完全に悪役になった点が大きかったですね。
その分、ハラハラ度も増したのですが、あれほど環を憎んでいた武藤が、最終回でころっと懐柔されてしまった点は、ちょっと腑に落ちません。

Season2に繋げるためには、武藤に裏の仕事に戻ってもらう必要があったのはわかりますけれども……ストーリー的には、強引というか少し無理があったように感じました。
だって、家族まで利用されたんですよ?普通、簡単には許せなくないですか?

でもまだ続くので、最終的に環や武藤や鏑木がどこに落ち着くのかは、最後まで見ないとわかりません!
Season2にも、期待したいと思います。


ほかの記事を読む?

オトナの土ドラ 犯罪症候群 「犯罪症候群」と原作「誘拐症候群」の相違点【その2】 連続ドラマW 犯罪症候群Season2 「犯罪症候群Season2」で谷原章介が見せる裏の顔とは!?