ドラマ「光のお父さん」第1話ネタバレと感想~ゲーム好きじゃなくても面白い!

火曜深夜放送のドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」がスタートしました。

これ面白い!!

“父と息子の関係”を描いたドラマや小説は過去にもたくさんあるけど、この設定は今まで見たことがなかったです。
ゲームを通じて、ひそかにお父さんと仲良くなろうとする息子。

実話らしいですが、そうじゃなくても楽しい設定ですね~。
私は全然ゲームに詳しくないド素人なので、ファイナルファンタジーがどういうゲームなのかも知らないんですけど、お父さんと一緒になんとかついていきたいと思います!

これから2人の関係がどう進展していくのか……すごくワクワクしています。

第1話「光のお父さんがやってきた。」ネタバレ

小学生の夏休み、光生(千葉雄大)は父・博太郎(大杉漣)にゲームを買ってもらいます。これまで何度ねだっても買ってくれなかった父に、初めて買ってもらったゲームは「ファイナルファンタジー」。

その夜、光生が目を覚まし階下へ行ってみると、父が暗いリビングでひとりゲームをしています。光生は父に声をかけ、アドバイスをします。親子は、たちまちゲームに夢中になりました。

「たびだつのだ ひかりのせんしたちよ!」
画面に出てきたセリフに、「まかせとけ」と答える父。

月日は流れ、光生は大人になりました。
社会人になった今でも、光生は「ファイナルファンタジー」をプレイし続けていましたが、父はとうの昔にゲームから離れ、ほとんど言葉を交わすことがなくなっていました。

そんなある日、父が突然、会社を辞めてしまいます。
寡黙な父は、その理由を光生にも母・貴美子(石野真子)にも語ろうとしません。

父が何を考えているのかわからず、モヤモヤする光生。オンラインゲームの仲間・きりんちゃん(声・悠木碧)は、「正体を隠して仲良くなれば、心を開いてくれるかも」と言います。

会社の先輩・袴田(袴田吉彦)にも、「どこの家でも、親父なんてのはわかりにくい存在なのかもな」と言われ、光生はますます父の本心を知りたいと思うようになります。

その夜、光生は父に「退職祝い」としてゲームを贈ります。リビングのテレビにセッティングし、「適当に選んできた」と言って「ファイナルファンタジー」のソフトを渡します。

世界中の人と一緒にやるオンラインゲームについて説明する光生。ゲームの中で使う父のキャラクター「インディー」を設定し、その場を離れます。

すぐさま部屋に戻り、さっそくゲーム仲間たちに状況説明する光生=マイディー(声・南條愛乃)。

「今、このエオルゼアに、僕の父さんがいる。父は僕=マイディーという金髪美女と知り合うことになります。僕たちは冒険の途中、たくさんの言葉を交わし、互いを理解し、なんでも話せる関係を築くんです。そして旅の終着点で、僕らは最強の敵・ツインタニアと戦い、勝利する。それが終われば、僕は正体を明かします。その頃には父が何を考えているのか、わかっていると思うんです」

ツインタニアまでの長い道のりを、父が続けられるか心配する仲間たち。しかし、マイディーの強い決意を知り、父=インディーをサポートすることを引き受けます。

ゲームの世界の中で、正体を隠して父=インディーを見守る光生。「まさかこんな日がやってくるなんてなぁ」と嬉しくなります。

「あの頃と同じように、ファイナルファンタジーの世界を一緒に冒険しよう」

<光のお父さん計画──それは、僕が愛してやまないファイナルファンタジーXIVの世界へ父を誘い、正体を隠しながら、壮大な冒険を共にする親孝行計画である>

スポンサーリンク

第1話「光のお父さんがやってきた。」感想

なんかわかんないけど、こっちまで楽しくなるドラマ。
キャストもいいですね。千葉雄大&大杉漣という配役はおいしすぎます。

私のゲーム体験はファミコン初期で止まっているので、ファイナルファンタジーも知らないし、オンラインゲームもやったことないんですけど、ゲームの知識がなくても関係なく充分楽しかったです。
これからの光生と父の冒険、どうなるのか楽しみです!

オープニングに既視感があるな~と思ったら、「ロード・オブ・ザ・リング」のエンディングでした。狙いかな?(笑)
私はゲームは苦手なのですが、ファンタジーは大好きです。

ドラマ「光のお父さん」の原作は?

このドラマの原作は、マイディーさんのブログ「一撃確殺SS日記」の中の連載記事“光のお父さん”です。

ドラマが始まる前に読んでみようと思ったのですが、ゲームど素人の私にはちんぷんかんぷんで……即撃沈でした。
その点、ドラマだと映像があるのでわかりやすく、千葉雄大さんが簡単に説明してくれるので助かりますww

なんかドラマ化するにあたっても紆余曲折あったみたいで。
そのあたりのこともブログに書かれているので、興味がある方は読んでみてください。

次回予告:第2話「光のお父さんが姿を消した。」あらすじ

新人女子社員の離職率が高い原因の調査を依頼される光生(千葉雄大)。
最も辞めそうな社員として先輩・袴田(袴田吉彦)が挙げた新人正田陽子(馬場ふみか)に接近する光生。陽子は光生に非協力的な態度をとり続け調査が難航する。
一方、無事ゲームを始め、一見順調そうな博太郎(大杉漣)であったが、ゲーム内のコミュニケーションが上手くとれない。そんな時、博太郎は些細な理由から、ゲームから離脱してしまう。
あまりにも些細な理由が初心者の躓きになることに思い至った光生は、陽子に同じ質問を投げかけてみるのだった。
無事ゲームに復帰した父の危機を救う光生に、上手くコミュニケーションが取れない父は光生に精一杯の感情表現をする。

スポンサーリンク

ドラマ「光のお父さん」キャスト

マイディー/稲葉光生……千葉雄大
ゲーム好きで真面目な会社員。父・博太郎とは距離を感じている。“マイディー”はゲーム内の光生のキャラクターで、FC「じょびネッツァ」のマスター。

インディ/稲葉博太郎……大杉漣
光生の父。仕事一筋で生きてきたが、最近会社を辞めてしまった。“インディ”はゲーム内のキャラクターで、新米冒険者。

稲葉貴美子……石野真子
光生の母。韓国ドラマに夢中。

正田陽子……馬場ふみか
光生の会社の新入社員。クールだけど実は……?

袴田貴弘……袴田吉彦
光生の会社の先輩。面倒見が良い。

大野肇……長谷川初範
博太郎の旧友。会社を経営している。

引用元:http://hikarinootosan.jp/