「ホリデイラブ」第1話あらすじ&感想:なぜ男は罠にひっかかる?

金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」

(C)テレビ朝日

どうも、夏蜜柑です。ベランダのハナニラが咲き始めました。

さて、「ホリデイラブ」第1話。

苦手な不倫モノ。初回見てダメだったら止めようと思ってたけど、意外と受け入れられたし面白かった。仲里依紗さん演じる主人公が自然体で、感情移入できたことが大きい。視聴決定です。

※「ホリデイラブ」はU-NEXTで各話配信中です

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

第1話のあらすじ

  • 高森杏寿(仲里依紗)は、夫・純平(塚本高史)と娘・七香(渋谷南那)に支えられ幸せな家庭を築いていたが、突然純平が単身赴任することになり、週末しか会えなくなる。
  • 杏寿のネイルサロンに新規の女性客・坂口麗華(壇蜜)が来店。麗華は杏寿に自作のスピリチュアル・アプリのモニターになって欲しいと言い、勝手にアプリをダウンロード。アプリに登録されていた黒井(山田裕貴)に杏寿の名前でメッセージを送ってしまう。
  • 杏寿の前に井筒渡(中村倫也)が現れ、「あなたの旦那はうちの妻と不倫している」と言う。戸惑う杏寿だが、純平が顔に多数のアザを作って帰宅。浮気の事実を認める。
  • 純平は、たまたま知り合った井筒里奈(松本まりか)が偶然、単身赴任先に新しいパート事務員として現れ、関係を持ったと言う。杏寿は「偶然なはずがない」と純平を責める。

第1話の感想

仲里依紗さんがごく普通の主婦を好演してます。
ドラマはドロドロした内容だけど、彼女の明るさと健全さに救われますね。

主人公とは対照的なのが、松本まりかさん演じる里奈。
かわいこブリッコを絵に描いたような、ゆるふわ女性。か弱い部分を前面に押し出して、男性に媚売りまくり&罠仕掛けまくり。

ここまでくると腹が立つというより「よくやるねー」と感心してしまうわ。いやホント。

同性には絶対好かれないタイプだと思うんだけど、職場の後輩で「こういう女の子になりたいわー」って真顔で言ってた子がいたから、全員に嫌われるわけではないみたい。

どこかで「羨ましい」と思ってる女性は多いのかもしれないですね。
友達にはなれそうにないけど^^;

かわいいだけならいいんだけど、里奈は内面に問題ありそうで怖いです。
純平との不倫が夫にバレて修羅場化してるっていうのに、鼻歌って……。

フリルのエプロンでくるくる踊ったりして、むしろ不倫がバレて嬉しそう。
これはもう、間違いなく確信犯ですね。

壇蜜さん演じる坂口麗華の名前を使って、杏寿に予約の電話をかけてきたのは里奈でしたよね?つまり里奈と壇蜜さんは繋がってるということですよね。姉妹とか?

要するに、里奈には罪悪感のカケラもなく、純平と杏寿の家庭を壊すことに何のためらいもないってことですね。

コワ。

男の人って、こういう女性のあざとさに、本当に、1ミリも、気づかないのかなぁ?
あるいは薄々気づいているけど、「かわいいからそんなことはどうでもいい」ってなっちゃうのかなぁ?

女から見たら危険な香りプンプンなんだけど、男としてのプライドを満たしてくれるかわいい女の子の前では、冷静な判断を失っちゃうとか?

純平はそんなつもりなかったとか偶然だったとか言い訳してたけど、「そんな偶然あるワケないでしょ!」って、杏寿と一緒に叫んでましたわ。

不倫ドラマだけどそんなに嫌な気分にならないのは、主人公がごく普通の明るい主婦だということもあるけど、少しミステリ仕立てになってる部分もわたしとしては見やすいかな。

中村倫也さん演じるモラハラDV夫が何か仕掛けてきそうで、気になります(中村さんは粘着系の役が上手いなぁ)

「ホリデイラブ」の記事一覧を見る