「家族の旅路」第1話あらすじ&感想:主人公の秘密が早くもバレバレ

大人の土ドラ「家族の旅路」

どうも、夏蜜柑です。年の数の豆を食べるとお腹を壊すのでやめました。

さて、大人の土ドラ「家族の旅路」第1話。

サスペンスなのかと思っていましたが、早くもオチがわかる内容でした。どうやら推理は二の次で、見どころは別にあるみたい。遠藤憲一さんが重要な役。

※「家族の旅路」は【フジテレビオンデマンド】で各話配信中です

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

第1話のあらすじ

  • 若手弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)が勤める弁護士事務所に、河村礼菜(谷村美月)という女性が現れる。礼菜は、30年前に祐介の両親と祖父を殺して死刑判決を受けた死刑囚・柳瀬光三(遠藤憲一)の再審弁護人になってほしいと祐介に依頼する。
  • 30年前、柳瀬は礼菜の母・あかね(横山めぐみ)に逃げられ、自身も胃癌が見つかり、生後間もない一人息子・光男を抱えて途方に暮れていた。偶然身を寄せた大富家の裕福な暮らしに嫉妬を覚え、発作的に3人を刺し殺したと供述していた。
  • しかし柳瀬は、逮捕時には光男を連れておらず、行方について頑なに口をつぐむ。礼菜は母のために光男を捜し出したいと考え、祐介に再審弁護人となって柳瀬と会い、光男の行方を聞き出して欲しいと言う。
  • 一旦は断った祐介だったが、澤田(片岡鶴太郎)に弁護士としての本分を説かれ、考え直す。柳瀬は裁判で供述を覆し、無実を訴えたものの、3度の再審請求は棄却されていた。
  • 祐介は柳瀬に会いに行き、再審請求の意志を確認する。しかし柳瀬は祐介に会えたことを喜び、罪を受け入れると語る。

第1話の感想(展開予想)

ドラマが始まる前は、滝沢さん演じる祐介が真犯人を突き止め、エンケンさん演じる柳瀬の無実を証明していく話なのかと思っていました。

でも、このドラマの本筋はそこではないようです。

みんな予想がついていると思うけど、祐介は柳瀬の息子・光男ですよね。

柳瀬が光男の行方を話そうとしないのは、祐介と入れ替えたから。そして子供を入れ替えたことを隠すために、殺人の罪を被って服役しているのだと思われます(にしては、回想シーンで柳瀬が思いっきり刺し殺していたけど……)

ラストで祐介と面会したときの柳瀬の表情は、完全に父親が息子を見る顔でした。

もし本当に自分が殺した家族の生き残りが目の前に現れたら、たぶん、あんな表情は向けられない。目をそらすとか俯くとか、もっといたたまれない態度を取ると思う。

立派に成長した光男を見ることができたから、彼の表情には喜びしかなくて、「もう思い残すことはない」って言ったのも本心だったはず……。

問題は、もうひとりの子供(本物の祐介)の行方です。

柳瀬が祐介を連れ出していることは、電車の中で目撃されているから確かなはず。彼は、祐介をどこへ連れていったんだろう。

施設とか?
でも、それだと警察がすぐ見つけそうだけどなー。

そして、真犯人ですが。
怪しいのは、祐介の義父・浅利孝信、礼菜の父・河村真二、礼菜の祖父・花木重彦あたりですかね?

もしかしたら、事件の真相は、早い段階で明らかになるのかもしれないなー。

このドラマの本筋は、柳瀬の息子であることを知った祐介が、どうやって自分の運命を受け入れていくか、柳瀬がどんな思いで息子を入れ替えたのか、そのあたりにあるようです。

血の繋がった家族と、血の繋がらない家族。
30年間信じてきたものが、一瞬で失われる残酷な現実。

主人公は、相当深い問題に直面し、苦しむことになりそうです。

▼原作、登場人物、主題歌についてはこちら

滝沢秀明主演ドラマ「家族の旅路」原作・あらすじ・キャスト・主題歌は?
滝沢秀明さん主演のドラマ「家族の旅路」が、2月3日(土)からフジテレビ系オトナの土ドラ枠でスタートします。原作、あらすじ、登場人物(キャスト)、主題歌など気になる情報をまとめました。

「家族の旅路」の記事一覧を見る