オーファン・ブラック第4話|山崎育三郎の怪しい魅力

オーファン・ブラック~七つの遺伝子~

どうも、夏蜜柑です。大掃除がなんとか終わり、ホッとしてます。
「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」第4話。

今回の沙羅は、暗殺者・エレナに振り回されっぱなしでした。
面白いけど、もうそろそろ新展開がほしい。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第4話のあらすじ

  • エレナ(知英)と揉み合いになった沙羅(知英)は、自分が真緒子(知英)ではないことを告げ、エレナの脇腹に鉄の棒を突き刺す。
  • 沙羅は金城(岡田浩暉)から渡された750万を理華(知英)に返し、「自分に何かあったら娘の萌絵(庄野凛)を助けて欲しい」と言う。
  • 真緒子の携帯にエレナから「会おう」と連絡が入る。エレナは捜査一課に侵入し、真緒子のデスクに高畑智子(鳥居みゆき)の写真を残していく。
  • 金城は、沙羅が犯人の正体を黙っていたことに不審を抱き、沙羅の言動を疑い始める。
  • 理華は、仕事で行けなくなった沙羅の代わりに、沙羅のふりをして萌絵に会いに行く。
  • エレナに呼び出され、指定された部屋を訪ねる沙羅。エレナは、自分がオリジナルで他は全員削除すべきニセモノだと洗脳されていた。沙羅はエレナに「私たちは姉妹」だと告げる。
  • 沙羅はエレナを逃がすが、エレナは傷が悪化し路上で倒れてしまう。気を失ったエレナの前に謎の男(大杉漣)が現れる。
  • 沙羅の後を追ってきた金城は、そこが死んだ高畑智子の部屋だと告げる。

第4話の感想

登場人物が増えるばかりで、今回も謎はひとつも解明されず。髪の毛灰色のエレナ、真緒子が射殺した高畑智子と関係ありそう。彼女の「お姉ちゃん」って高畑智子のこと?

エレナの言ってることがちんぷんかんぷんで、さっぱりわからんよ(+_+)

それより、高畑智子を演じてるの(と言っても死んでるので写真だけど)が鳥居みゆきさんって今回初めて知りました。

「陸王」にもチョイ役で出てましたよねー。普通のメイクだと、すぐには気づきません^^;

母親の自覚がなくてフラフラしてた沙羅ですが、今回ようやくそのことに気づいた様子。持ち逃げしようとしてた750万も、ちゃんと理華に返しました。いいとこあるじゃないの。

バッチバチだった沙羅と理華の関係が、少しずつ変化してきました。信頼が生じてきて、お互いの立場を尊重し合うようになってるところが、微笑ましくていいですねー。

理華のキャラクターも、だんだん受け入れられるようになってきました。

理華は、萌絵が沙羅の実の娘と知って、かなり驚いていたけど、ひょっとしてクローンは子供を産めないのでしょうか?

わたしは、沙羅はクローンじゃなくオリジナルではないかと踏んでるのですが、まだそこまで踏みこんだ展開にはなってないので、これからですね。

山崎育三郎さん演じる真緒子の恋人・槙雄が登場すると、毎回すごい勢いでエロモードに突入するのでハラハラします。出番(と台詞)は少ないのに、残していく印象が強烈なんですよねー。

沙羅も、すっかり槙雄の怪しい魅力のトリコになってしまったようですね。危険だわ。

真緒子と槙雄のモヤモヤした関係は、未だ詳細が明かされず、どうもスッキリしません。槙雄も謎めいてるけど、真緒子自身も謎が多いんですよね。

そもそもなんで死んだのかがわからない。メンタル弱ってたんだっけ……?

最後に大杉漣さん登場。どうやらエレナを洗脳していたのは大杉さんだったようです。

こんなに多くの謎をばらまいて、最終回までに全部回収できるのでしょうか?少し大風呂敷を広げすぎな気がして心配になりますが……。

次週は1回お休みで、1月6日に第5話放送。槙雄の正体が明らかになるかも?


ほかの記事を読む?

オーファン・ブラック~七つの遺伝子~ オーファン・ブラック第5話|正体がバレて絶体絶命 オーファン・ブラック~七つの遺伝子~ オーファン・ブラック~七つの遺伝子~|原作(リメイク元)・登場人物