「さくらの親子丼」第4話感想:ヒリヒリするも玄さんの一言に癒やされる

さくらの親子丼

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「さくらの親子丼」第4話。

由希がギリギリのところで助かってよかった。
すんなりいきすぎな感もあるけど、このドラマはあまり深追いしないみたい。
重いテーマに毎回ヒリヒリするけど、玄さんの言葉に癒やされてます。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

ドラマ「さくらの親子丼」は、フジテレビオンデマンドで各話有料配信しています。

第4話のあらすじ

さくら(真矢ミキ)の古本屋・九十九堂に、摂食障害に苦しむ小学校教諭・御代川由希(大西礼芳)の母・峰子(森口瑤子)が訪れた。たまりばにいる人たちを怪しく見ていた峰子は、由希もこの場所で親子丼を食べているとさくらから聞き、不快感をあらわにする。峰子は由希に決して九十九堂に近づかないよう警告するが、後日、由希が銀行やローン会社から多額の借金をしていることを知り驚愕する……。

そんな折、さくらは俊太(塚田僚一)が持っていた雑誌の記事から、恭子(本仮屋ユイカ)が未成年の少女が起こしたリンチ事件の取材をしていることを知る。その事件の加害者は、あざみ(吉本実憂)の不良仲間であるリエ(柳美稀)だった。恭子の記事を見て被害者がいまだに寝たきりの状態だということを知り、リエは苦しむ。「ウチの気持ちなんてわからないくせに」と言われたあざみは、自分の母親が人を殺したことを語り、泣いてリエを抱きしめるのだった。

一方、峰子のプレッシャーに耐えかねた由希は、ついに学校を無断欠勤するようになった。そんなある日、さくらの元に警察から一本の電話がかかってきた。摘発した風俗店関係者の中に由希がいたというのだ。さくらに助けを求めた由希は、峰子との縛られた親子関係を静かに話し始めた。そして泣き崩れた由希の手首に、さくらはリストカットの跡を見つける。極限まで追い詰められた由希を救おうと決心したさくらは、峰子に会いに御代川家を訪ねることにするが…。番組公式サイトより)

スポンサーリンク

第4話の感想(ネタバレあり)

あずみの母親に殺された息子・悠平を思い続けるさくら。
由希を自分の分身のように育ててしまった峰子。

ふたりの母親が一緒に子供から巣立とうとするラストに、安堵しました。
いろんな問題があっという間に解決してしまった点には、少し納得いかない気持ちもあるけど……。

現実には、こんなに短時間ですんなり解決するわけないし、さくらのような、赤の他人のことでここまで親身になってくれる人は、そうそう近くに存在しない。
でも、ドラマとしてはいい終わり方だった。

それにしても峰子、何も言わずに由希の前から姿を消して、いきなり新潟へ引っ越すとか、思いきったねぇ。大丈夫なんだろうか^^;
でもそれくらい思いきった離れ方をしないと、この親子はいつまでも離れられないかもしれないね。

あざみとリエの問題も、簡単には解決しないと思うけど、ドラマ的には何らかの決着をつけるんだろうな。あんまり無理やりなハッピーエンドは、ちょっと冷めるかも。

終始ヒリヒリするドラマだけど、玄さんが出てくる場面はホッとする。
玄さんの場面がいちばん好きかもしれないなー。

何げに毎回刺さる一言をつぶやくんですよね、玄さん。
今回の一言は、「花は誰のために咲きますか?」。
次はどんな絵を描くのかも、ひそかに楽しみにしてます。

ロケ地、登場人物はこちら↓で書いています。

http://dramaeveryday.com/sinya_oyakodon_0/

「さくらの親子丼」記事一覧を見る