「リピート」第7話|坪井退場、犯人は誰?

リピート~運命を変える10か月~

どうも、夏蜜柑です。フィギュアスケート女子、興奮しました。宮原選手の蝶々夫人、メダルには届かなかったけど素晴らしかったです。

さて、「リピート ~運命を変える10か月~」第7話。

面白いことになってきましたねー。ここにきて天童までも何か秘密があることがわかり、みんな怪しくなってきました。安達祐実さんついに台頭。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第7話のあらすじ

  • 由子(島崎遥香)の死にショックを受ける鮎美(貫地谷しほり)と圭介(本郷奏多)。天童(ゴリ)はリピートの秘密を守るため警察に知らせず、密かに由子の遺体を始末する。
  • 天童と圭介は知恵(安達祐実)に事情を話し、由子を生き返らせるために再びリピートすることを企む。風間(六角精児)は渋々承諾するが、「それまでに何人生き残れるでしょうね?」と笑う。
  • 圭介は風間を尾行するが、「ミラーズコート」というマンションで見失う。それを聞いた天童は動揺。風間に自分の秘密を握られているのでは、と焦る。
  • 知恵は密かに坪井(猪野広樹)と接触。鮎美と圭介を恨む坪井に、「2人を出し抜いて私たちだけでもう一度リピートしない?」と持ちかける。嬉々として知恵の申し出を受ける坪井だったが、その直後、何者かに殺される。
  • 圭介の部屋に、由子を探す興信所の男・谷本(清水伸)が現れる。圭介と鮎美が一緒に暮らしていることを知った谷本は、2人を怪しむ。

第7話の感想

由子を生き返らせるために、再リピートを余儀なくされた鮎美と圭介。

ちなみに鮎美たちがいるのが、2017年5月7日。
リピートした日が、2018年1月11日(←ここで再リピートできる)。

半年以上も隠し通すのって、かなりしんどくない……?(-ω-;)

と思ったら、鮎美2週間も仕事休んでた。病欠(ウソだけど)とはいえ、そんな長期間休んでも小言ひとつ言わずふんわり迎えてくれる同僚たち。いい職場だねー。

そして、いよいよ安達祐実さん演じる知恵が怪しくなってきました。
知恵の怪しいと思われるシーンがこちら。

  • 由子に電話をかけていた
  • 職場の男性から謎の封筒を受け取っていた
  • 謎の薬を服用している
  • ゴリに「手を組まない?」と持ちかけながら、坪井にも密かに接触
  • 坪井を冷ややかな目で見下ろしていた

職場の男性(知恵のことが好き)からこっそり受け取っていた謎の封筒、中身は薬……?

知恵さん、もしかして病気ですか?
それでときどき暗い目をするのでしょうか?

「確かに、希望は生きる支えになるけど、それ以上でもそれ以下でもないわ。人はどんな状況でも生きていかなければならない。それが人としての性だから……」

この意味深なセリフ、自分のことだと思うんですけどねー。
でもなんで坪井に接触?実は悪い人なの?

知恵にリピート誘われてウキウキ歩いてた坪井、あっさり退場。
まぁ、こんなバカが生き残れるとは思ってなかったので、予想通りですけど。

そんで「ミラーズコート」って何なんだ?

「ミラーズコート」と聞いたとたん、明らかにキョドるゴリさん演じる天童。

男の死体を、高いところから見下ろす視点の回想シーンが挟まれ。
「まさか、あのことを風間が……」と青ざめる天童。

天童が人殺し?

そういえば前半、天童が由子の死体を粛々と片付けるシーンがあって。
なんか妙に落ち着いててコワ!て思ったんですけど、あれ前振りだったのか……。

どうやらドラマは、原作とかなり違うみたいですね(原作未読ですが)。
どんな結末が待っているのか楽しみです。

ただ、タイムトラベル好きとしては、たった1回のリピートは物足りないことこの上なし。
その点に限っては「トドメの接吻」のほうが満足度高いかなー。


ほかの記事を読む?

リピート~運命を変える10か月~ 「リピート」第8話|リピートできない?衝撃の急展開! リピート~運命を変える10か月~ 「リピート」ロケ地|大谷石採掘場跡、横浜港シンボルタワーなど