「セトウツミ」第10話|衝撃のサスペンス展開!内海の闇が明らかに

ドラマ「セトウツミ」

(C)此元和津也(秋田書店)/「セトウツミ」製作委員会

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「セトウツミ」の第10話。

衝撃の急展開に頭がついていかない。ちょっと前から不穏な空気が流れてたし、前回の内海もあれだったし、やばそうとは感じてたけれども。
内海の闇がここまで絶望的だったとは。ショックだわー。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第10話のあらすじ

関西の高校生、内海想(高杉真宙)と瀬戸小吉(葉山奨之)が繰り広げる放課後トーク3編。

①瀬戸のもとに突然、内海の姉(谷村美月)が現れた。ハツ美(片山友希)に遠隔操作されて、瀬戸が姉から聞き出した内海の秘密とは!?

②樫村(清原果耶)に恋文を書いた瀬戸…内海が発した一言に逆上し、殴りかかる…。

③内海が抱える闇、知られざる過去がついに明らかに…密かに企てた恐ろしい計画とは!?番組公式サイトより)

スポンサーリンク

第10話の感想(ネタバレあり)

1.天使と電池

瀬戸の携帯に、ハツ美から連絡が入る。イヤホンで話している途中、内海の姉だと名乗る女性が瀬戸の前に現れる。ハツ美は瀬戸に指示を出し、内海について質問をさせる。

内海の部屋の家具の配置問題、引っ張るなぁ。
いったいなんの伏線だ?

うっつみんの姉、瀬戸にそっくり。

谷村美月さん、なんか久しぶりだなー。
実際の年齢は27歳だけど、大学生設定でも違和感ないですね。
そして大阪府堺市出身ってことで、大阪弁もナチュラルです。

最後に「誕生日です…」って呟きながら消えていくハツ美ちゃんが可愛かった。
ハツ美ちゃんは、あのノートからいったい何を読み解こうとしているのか……未だ謎。

2.ふわといと

ついに樫村さんに恋文を書くことを決めた瀬戸。

和歌風に書きたいってことで、内海に昔の言葉になおしてもうことに。内海は瀬戸にサッカー部に戻ればいいと言うが、瀬戸は従わない。本当は辞めてホッとしてるんやろ、と言われ、内海につかみかかる瀬戸。

うーん。
内海がわざと瀬戸を怒らせたのはわかるけど、恋文の意味がわからんなー。
樫村さんとは既にメールでやりとりしてるし、なぜここにきて手紙なのか。

あのメモ帳、なんか特別なものだったりするのかな。
それとも、これも全部ハツ美ちゃんの指示?

3.贈り物と劣等生

内海はわざと瀬戸を遠ざけ、ある計画を実行する。

子供の頃から人並み外れた才能を発揮する内海だったが、周りに興味が持てず、ある日病気であることが判明する。以来、両親は姉の優のみを可愛がるようになる。母親は完全に無視、父親からは暴力を受けた。

内海は両親の殺害を計画。姉の誕生日である2月19日に家を燃やそうと企てる。内海がいつもの河川敷で家が燃えるのを待っていると、何者かが現れる。

ついに内海の闇が全開に。
予想以上に壊れていた内海の家族……ショックです。

でもさぁ。でもさぁ!

瀬戸と語り合ってたあの時間は、内海にとって何の救いにもならんかったのー?悲しすぎるやん。それに、自由になる方法はほかにもあるんだからさー。内海、天才なんだから考えようよ、家燃やす方法とかじゃなく。

でも、内海のホントの気持ちはまだわからない。
もしかしたら、瀬戸が助けに来てくれるのを待ってるのかもしれない。

次回、スーパーマン瀬戸はどうやって内海を救い出すんだろう。
河原で喋るだけの青春は、どんなふうに終わるんだろう。

ハツ美ちゃんは?樫村さんは?田中くんは?
馬場くんは顔を思い出してもらえるの?

次週が待ちきれません!


ほかの記事を読む?

ドラマ「セトウツミ」 「セトウツミ」最終回|瀬戸の恋文の謎が明かされる! ドラマ「セトウツミ」 ドラマ「セトウツミ」のロケ地は東京だった!河原と学校が判明!