「セトウツミ」第3話|ハツ美&一期の絶妙トークが最高だった

ドラマ「セトウツミ」

(C)此元和津也(秋田書店)/「セトウツミ」製作委員会

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「セトウツミ」の第3話です。

回を重ねるごとに面白くなってきた!今回は、瀬戸に恋する変人・ハツ美ちゃんが登場。独特すぎるキャラで、ココロ鷲づかみ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第3話のあらすじ

高校生の内海想(高杉真宙)と瀬戸小吉(葉山奨之)が関西弁で繰り広げる放課後トーク。
①サッカー部を辞めたらバレンタインチョコがゼロになった瀬戸。一方、内海はブーム到来でモテまくる。謎のバルーンさんも登場!
②ついに瀬戸ファンの女子が出現!前髪パッツンの不思議ちゃん、ハツ美(片山友希)が樫村(清原果耶)を好きな瀬戸にグイグイ迫る。
③河川敷で樫村と鉢合わせたハツ美。「めっちゃ必死やん」と説教を始め…。三角関係勃発!?番組公式サイトより)

スポンサーリンク

第3話の感想(ネタバレあり)

1.大根とからし

今年のバレンタインチョコがゼロだったのは、サッカー部を辞めたせいだと気づいた瀬戸。納得がいかない瀬戸は「部活って、おでんで言う“からし”みたいなもんやん」と力説するものの、内海は全くピンとこない。

この前半部分、めっちゃ好きで、録画何回も再生して見ました(笑)
内海の「柚子胡椒はなんなん?」がツボ。笑う。

モテる内海を見て瀬戸がイジけていたところで、ハツ美ちゃん登場。
登場シーンからして強烈なインパクト。

2.戦争と虫歯

「わたしは瀬戸が好き!!」と書いた手紙を渡すものの、瀬戸の前では上手く話せないハツ美。かわりに内海が聞き取り、瀬戸に伝えることに。
そのうちなぜか意気投合するハツ美と内海。

ハツ美ちゃんのキャラが独特すぎて衝撃だった……^^;
七夕の短冊に「戦争と虫歯がなくなりますように」って書く瀬戸が可愛い。
ハツ美が惚れる気持ち、ちょっとわかるかも。

3.イチゴとハツミ

河原で偶然会った一期とハツ美。
いきなりタメ口で話すハツ美に一期がツッコむと、ハツ美は「そういうあざといところが内海くんに好かれへんねんで」とやり返し、内海に好かれる方法を語り出す。

今回のイチオシ。
このふたり、めっちゃいいじゃないですか~。
樫村さんのほわほわーんとしたツッコミと、ハツ美ちゃんのキレッキレの毒舌が絶妙にマッチしてて、最高に面白かったです。
ハツ美ちゃんの洞察力&語彙力にビビる。恐れ入りました(笑)


ほかの記事を読む?

ドラマ「セトウツミ」 「セトウツミ」第4話|馬場が登場!田中から見た瀬戸と内海は? ドラマ「セトウツミ」 ドラマ「セトウツミ」のロケ地は東京だった!河原と学校が判明!