「セトウツミ」第8話|「絵しりとり」が想像を絶する面白さ

ドラマ「セトウツミ」

(C)此元和津也(秋田書店)/「セトウツミ」製作委員会

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「セトウツミ」の第8話です。

絵しりとり、めちゃくちゃ笑いました。内海も瀬戸も絵うますぎ。特に内海。なんでそんな魚の知識豊富なん?
その画力どうしたん?(笑)

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第8話のあらすじ

関西の高校生、内海想(高杉真宙)と瀬戸小吉(葉山奨之)が繰り広げる放課後トーク2編。

①“絵しりとり”を始める2人。互いに無言の心理ゲーム。勘違いと深読みによって噛み合わないまま迎える、見事な結末とは!?

②河川敷で再び手紙をしたためる田中真二(森永悠希)。樫村一期(清原果耶)へのラブレターだ。そこへハツ美(片山友希)が現れて文面を読まれてしまい…。番組公式サイトより)

スポンサーリンク

第8話の感想(ネタバレあり)

1.過去とファイル、未来とフォルダ

第6話の「バツとテリー」と同じく、ほぼモノローグで構成された話。

絵を描いてしりとりをするという、ただそれだけの単純な遊びが、誤解と思い込みと無知と疑心暗鬼で、想像を絶する壮大なセトウツミワールドに。

内海の闇の深さと、瀬戸へのリスペクトの強さを思い知らされましたねー。
内海の絵がリアルすぎてヤバかった^^;

たかが絵しりとりで内海を救った瀬戸、本物のスーパースターやな。
これはもう、見てもらわないと文字だけじゃ伝えられない。

2.しあわせとふしあわせ

誰もいない河川敷で、ひそかに想いを寄せる樫村さんに手紙を書く田中。そこへ、ハツ美が現れる。ハツ美は、田中に内海のことを調べてほしいと言う。

ふたりの姿を見かけた内海は、引き返そうとするが、たまたま通りかかった大橋に「瀬戸をあそこから解放したってくれへんか」と言われる。

なんでしょうか、この不穏な空気は……。
ちょっと怖いぞ(-_-;)

ハツ美を演じる片山友希さん、ほんと上手いなー。

「ただただ忘れてるだけやねん。田中真治のことを」のところとか、イントネーションとリズムと間が完璧すぎるくらい完璧で、笑ったあとで唸ってしまったよ。

ハツ美と喋る時の、声高な田中くんも新鮮でよかった。
卑屈じゃないほうが全然いいじゃん。

そろそろ終わりが近づいてきてるみたいで、寂しいです。
いつの間にか、高杉&葉山のセトウツミにすっかり取り込まれてしまってた。
最終回どうなるんかなー。


ほかの記事を読む?

ドラマ「セトウツミ」 「セトウツミ」第9話|ハツ美の行動が謎!不穏な空気と胸騒ぎ ドラマ「セトウツミ」 ドラマ「セトウツミ」のロケ地は東京だった!河原と学校が判明!