トドメの接吻第5話|家族事情がハッキリしない主人公

どうも、夏蜜柑です。
「トドメの接吻」第5話。

やっぱりタイムリープの回数が少ないと、ストーリーに集中しやすいなー。春海の正体、最後まで明かさないつもりかしら。ヒントくらいくれてもいいんじゃない?

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第5話のあらすじ

  • 旺太郎(山﨑賢人)は宰子(門脇麦)にキスを迫り再びタイムリープするが、尊氏(新田真剣佑)が美尊(新木優子)にプロポーズする運命を変えることができない。
  • 長谷部(佐野勇斗)から、尊氏がビデオテープをネタに郡次(小市慢太郎)から脅されていると聞いた旺太郎は、尊氏と美尊の婚約披露パーティーに潜り込み、ビデオテープを盗むことに成功。美尊にも本当の生い立ちを話し、信頼を取り戻す。
  • しかしそのさなか、母・光代(奥貫薫)が事故で亡くなってしまう。「肩の荷が下りた」と強がっていた旺太郎だが、宰子に言われて過去に戻ることを決意。旺太郎は光代を助け、沈没事故の原因は父・旺(光石研)ではないことを知る。
  • 沈没事故を引き起こしたのは、ビデオテープに映っていた尊氏だと気づいた旺太郎。だがビデオテープは尊氏に奪われ、燃やされてしまう。旺太郎は婚約披露パーティーの壇上で美尊とキスを交わす。
スポンサーリンク

第5話の感想

今回は見どころ満載で、1時間ずっと楽しめました。

何より旺太郎のクズではない一面が見られてよかったです。お母さん役の奥貫薫さんとのシーンがとても新鮮で、なんでだろう?と思ったら、そうか。

このドラマ、主要人物の年齢層が重なりすぎてて、演技が似たり寄ったりという弱点があったんだね(今ごろ気づくか……)

山﨑賢人さんは、陸王の役所広司さんとか、寺尾聰さんとか、今回の奥貫薫さんとか、年配のベテラン俳優さんが相手だと、とたんに変身するよね。
ひねくれた若者役がうまいというか^^;

しかし旺太郎が家族を遠ざけているのには、もっと深い事情があるのかと思ったけど、そのまんまというか、大した理由はなかったんですね。

  1. 事故のせいで家庭がメチャクチャに
  2. 嫌になって家族と過去を捨てる
  3. 愛を信じられず女性を弄ぶクズホストに成長

……という流れ?
( ̄  ̄;) うーん……なんかピンと来ない。

事故の後の家族の様子が一切描かれないから、伝わってこないんだよね。
お母さんが、光太は生きてるって信じる理由も、よくわからない。

それとも私がいつものクセで深く考えすぎるのか。
このドラマはもっと肩の力を抜いて見るべきなのか。

まあ、まだお父さんが出てきてないし、旺太郎の家族についてはこれからだと思いますが。

尊氏はますますブラック化して敵役まっしぐら……という感じですね。イイですね。このまま突っ走ってほしいと思います。

でも、できれば頭脳派路線でお願いしたいなぁ。

宮沢氷魚さん演じる布袋に宰子を捕らえさせて、旺太郎が見ている前でビデオテープを燃やすとか、ちょっとやることがバカっぽい……。

旺太郎もやっと事故の原因が尊氏だということに気づいたみたいなので、尊氏への気持ちも今までの単なる恋敵とは違ってくるはず……と期待しております。

結局、尊氏は美尊のことをどう思ってるんだろ?

楽しみなのは、タイムリープの罠ですね。

タイムリープを繰り返すと副作用?的なことが生じるらしく。時間ものフェチとしては、それがとてもとても楽しみです。

次回はついに旺太郎のお父さんが登場するんかしら?お待ちかねの光石研さん。
また旺太郎の新しい一面が見られるとうれしいです。

旺太郎が死んだ世界を描く、スピンオフ連続ドラマ「トドメのパラレル」は、Huluで配信中。ゾクッとする人間模様と、本編の鍵を握る“新たな謎”が描かれます。

▼主題歌「さよならエレジー」MV、登場人物はこちら

「トドメの接吻」山﨑賢人主演ドラマ「トドメの接吻」あらすじ・キャスト・主題歌

「トドメの接吻」の記事一覧を見る