石原さとみ主演ドラマ「アンナチュラル」あらすじ・キャスト・主題歌

ドラマ「アンナチュラル」
石原さとみさん主演のドラマ「アンナチュラル」が2018年1月12日(金)からTBS系金曜ドラマ枠でスタートします。

不自然死究明研究所(UDIラボ)を舞台に、死因究明のスペシャリストである解剖医たちが“不自然な死”の謎を解く一話完結の法医学ミステリー。

ドラマ「アンナチュラル」のあらすじ、登場人物(キャスト)、主題歌についてまとめました。

基本情報

  • 放送局:TBS系
  • 放送時間:2018年1月12日(金)から毎週金曜夜10時~
  • 脚本:野木亜紀子(「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」「空飛ぶ広報室」ほか)
  • 主題歌:米津玄師「Lemon」
  • 音楽:得田真裕
  • 法医学監修:上村公一、鵜沼香奈(東京医科歯科大学)
  • プロデューサー:新井順子、植田博樹(TBSテレビ)
  • 演出:塚原あゆ子、竹村謙太郎、村尾嘉昭
  • 製作:ドリマックス・テレビジョン、TBS

あらすじ

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医。
彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。しかし日本においては、不自然死のほとんどは解剖されることなく荼毘に付されている。その現実に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになる。
このドラマは、新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描きながら、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、一話完結型の法医学ミステリーである。(番組公式サイトより)

登場人物(キャスト)

※第8話までのネタバレを含みます。ご注意ください

不自然死究明研究所(UDIラボ)の人々

三澄ミコト……石原さとみ

三澄班の執刀医。医大の法医学教室で准教授として研鑽を積み、UDIラボに来たのは4か月前。浦和市一家四人無理心中事件の生き残りで、父親の妹夫婦に引き取られ養子として育てられた。人の「生の権利」が脅かされることに猛烈に反発する。この世に美しい死はなく、死んでしまえば終わりだと考えている。

中堂系……井浦新

中堂班の執刀医。UDIラボに来て1年になるが、態度が悪く口も悪いため、チームを組むスタッフがすぐに辞めてしまう。8年前、日彰医大にいた時に殺害された恋人・夕希子の遺体を解剖するが、犯人は今も捕まっていない。
夕希子と同じく口の中に“赤い金魚”の印がある遺体を捜すため、国内の不自然死の情報が集まるUDIで働いている。さらに葬儀社の木林を使って“赤い金魚”の印がある遺体を捜させている。

久部六郎……窪田正孝

三澄班の記録員で医大生。バイトとして雇われた新人。実はUDIラボの内部事情を探るため、週刊ジャーナルの編集者・末次に送り込まれたのだが、無理心中で家族を失ったミコトの過去を知って意識しはじめる。
医者一家の三男坊で、三浪した挙句に三流医大に入ったものの、情熱を傾けられず今に至る。父親は帝日大学病院の医師(教授)で、法医学に偏見を持っている。

東海林夕子……市川実日子

三澄班の臨床検査技師。薬学部出身。UDIラボ設立時から在籍しており、それまでは監察医務院で働いていた。仕事よりプライベート優先。中堂とはほとんど口を利かないが、それ以外の人には遠慮がない。ミコトとは監察医務院時代からの仲で気の合う同僚。

坂本誠……飯尾和樹

中堂班の臨床検査技師。大阪の監察医事務所で24年間の勤務経験あり。仕事内容に不満はないが、中堂の暴言にびくびくしながら働いていたが、ストレスに耐えかねて転職した。ムーミンが好き。退職後もたまにUDIラボに助っ人としてやってくる。

神倉保夫……松重豊

元厚生労働省医政局職員で、東日本大震災の身元不明遺体調査を機にUDIラボへの転属を決意したという話もあるが、単なる天下りという噂もあり真偽不明。UDIラボはいつ潰れてもおかしくないと思っているが、自由すぎるメンバーたちには伝わらず、好き勝手されている。

三澄家の人々

三澄夏代……薬師丸ひろ子

ミコトの実父の妹で、義理の母。法律事務所で弁護士として働く。離婚問題などの民事事件を担当している。竹を割ったような性格で、良かれと思ったことは即座に行動に移してしまうため、ミコトや秋彦は困惑することも。三澄家がミコトにとって安心して帰れる場所でありたいと願っている。

三澄秋彦……小笠原海(超特急)

ミコトの義弟で予備校の講師。両親が不在がちだったため、お姉ちゃんっ子として育つが、ミコトから「秋ちゃん」呼ばわりされるのは照れくさい。真面目で責任感が強い。密かにミコトを心配している。

西武蔵野署の人々

毛利忠治……大倉孝二

西武蔵野署の刑事。UDIラボに解剖を依頼する。中堂にいつも毒を吐かれ、目の敵にしている。不自然死が“事件”に繋がることを面倒臭がるが、いざというときは頼りになる。

向島進……吉田ウーロン太

西武蔵野署の刑事。毛利の部下であり、行動を共にする相棒。空気が読めない。

そのほかの人々

木林南雲……竜星涼

ミコトらが働く「UDIラボ」に出入りするフォレスト葬儀社の社員。遺体をUDIラボに運ぶ役目以外にも、中堂系と密約を交わし、“赤い金魚”の傷を持つ遺体を探している。

末次康介……池田鉄洋

週刊ジャーナルの編集者で、六郎をUDIラボに潜り込ませた張本人。情報通で物知り。UDIラボの裏金疑惑に関する記事を企んでいる。

関谷聡史……福士誠治

ミコトの彼氏。ミコトと結婚したいと思っていたが、ミコトが仕事を優先し両親との顔合わせの場に遅れてきたことから、不信感を募らせる。結果、別れることに。

宍戸理一……北村有起哉

汚い手を使ってでもネタをあぶり出し、週刊誌にネタを売って生計を立てる謎のフリーの記者。中堂の恋人・夕希子が殺された事件について調査している。六郎を使って情報を集める。

糀谷夕希子……橋本真実

絵本作家。中堂と付き合っていたが、8年前に何者かに殺害された。遺体の口の中には“赤い金魚”のような印が微かに残されていた。犯人は今も捕まっていない。生前、2作目の絵本は「ピンクのカバ」だと言い残していた。

主題歌


このドラマの主題歌は、米津玄師(よねづけんし)さんが歌う「Lemon」です。

「Lemon」は、米津さんが同ドラマのために書き下ろしたという新曲で、米津さんは「すごく面白いドラマで光栄です。また新しい曲になると思うんで楽しみにしていてください」とライブでコメントされています。

「アンナチュラル」の記事一覧を見る