「アンナチュラル」第5話あらすじ&感想:中堂への甘ったるい同情をぶった切る

ドラマ「アンナチュラル」
どうも、夏蜜柑です。
「アンナチュラル」第5話。

地上波のプライムタイムではあまり見られない重い結末でした。でも、素晴らしかった。1時間、どこを切り取ってもムダな瞬間がなかったです。

こういうドラマ、もっと増やして欲しい(なかなか届かないので何度も言います)。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

第5話「死の報復」あらすじ

  • UDIラボに、溺死した鈴木果歩(青木美香)の遺体が運ばれてくる。依頼主は夫の鈴木巧(泉澤祐希)。警察は自殺と判断したが、巧は納得できないと話す。
  • だが、遺体は葬儀場から盗まれたもので、巧は夫ではなく同棲中の恋人だった。巧との交際を反対する果歩の両親は、巧のせいで自殺したと思い込み、解剖を拒否する。
  • 中堂(井浦新)は「今調べなければ永遠にわからない」と、密かに遺体から肺を切り離し、保存。秘密裡に調査を続行しようとする。
  • 巧の想いを知ったミコト(石原さとみ)も、中堂と協力し調査を続けることに。六郎(窪田正孝)や東海林(市川実日子)も加わり、果歩が目撃証言とは別の場所で死んでいたことを突き止める。
  • 中堂から話を聞いた巧は、犯人に心当たりがあると果歩の葬儀場へ向かう。果歩を殺したのは友人のまゆ(城戸愛莉)だった。巧はミコトと六郎の制止も聞かず、まゆを刺してしまう。
  • なぜ巧を止めなかったのか、と問うミコトに、中堂は「思いを遂げられて本望だろ」と答える。中堂の行為を受け止められないミコトは、中堂に「UDIを辞めてほしい」と訴える。

第5話の感想

衝撃的な結末でしたね。
前半の和気あいあいムードから一転、後半の突き放しが容赦なかったです。

「考えたことがあるか?永遠に答えの出ない問いを繰り返す人生。今結論を出さなければ、もう二度とこの人物がどうして死んだのかを知ることはできない」

所長から中堂さんの悲惨な過去を聞かされたミコトは、もう今までのように中堂さんを見ることができない。
恋人を殺した犯人を今も探し続ける彼の苦しみを想像し、寄り添おうとするミコト……。

誰だって、そうなっちゃいますよね(ノ_-。)

ましてやミコトは、自身も無理心中で家族を失っています。
“永遠に答えの出ない問い”と、向き合って生きています。

ミコトが自分と中堂さんを重ねてしまうのも、無理のない話で……。

だから、「中堂さんもまた、恋人が死んだ理由がわからなくて苦しむ巧に、自分を重ねている」のだと思い込んでしまったのでしょうね。

そう、わたしもそう思い込んでました。
たぶん、ほとんどの視聴者が、ミコトと同じ気持ちだったと思う。

でも。

「あなたの気持ちを考えたり、遠慮するのが、クソばかばかしくなりました」

この瞬間、わたしとミコトの気持ちは離れてしまった。

ミコトは、恋人の死因さえハッキリさせれば、巧を(中堂を)救えると考えた。
中堂さんは、恋人を殺した犯人を自らの手で抹殺しなければ、巧は(自分は)救われないと考えた。

前回、わたしはミコトというキャラクターに対してどこか冷めた目を持っている、と書いたけれど、ここでもそれが顕著に表れているような気がします。

「答えの出ない問いに向き合い続けるって、本当にしんどいんだよー」と、軽い口調で話すミコトは、自分の過去に対して異常なほどクールに向き合っています。まるで他人事のように。

ミコトから見れば、いつまでも過去に囚われてさまよっている中堂さんの弱さは、受け入れがたいものだったのかもしれない。

どんな理由があろうと、人が人の生きる権利を奪ってはいけない。

それは正論だし、ミコトが許せなかったのは、中堂さんが自分の抱える闇に他人の人生を巻き込んだことであることは、間違いない。

でも、わたしには、ミコトのように中堂さんを責めることができませんでした。
自分も同じ立場に立ったら、同じような考えに囚われてしまうんじゃないかって思ったから。

非常に多くのことを、考えさせられる回でした。

中堂さんの過去を聞いて「可哀想……」ってなっていた甘ったるい同情を、みごとにぶった切ってくれました。

こういう遠慮のない、視聴者をバカにしないストーリー運びは大好きです。

「アンナチュラル」の記事一覧を見る