アンナチュラル第8話|文詠館とピンクのカバ

ドラマ「アンナチュラル」

どうも、夏蜜柑です。
「アンナチュラル」第8話。

六郎、ミコト、身元不明の遺体、UDIラボに保管されている遺骨や遺品。さまざまな理由で家に帰れなくなった人たちが、“帰る場所”を見つけるお話でした。松重さんの言葉に涙。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第8話「遥かなる我が家」あらすじ

  • 雑居ビルで火災が発生、UDIに10体の焼死体が運ばれてくる。9番目の遺体にロープで縛られ後頭部を殴られた痕跡があることから、ミコト(石原さとみ)たちは殺人を隠すための放火だったのではと推測する。
  • ミコトや中堂(井浦新)らが解剖を進める中、唯1人の生存者が六郎(窪田正孝)の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院に運ばれる。法医学に偏見を持つ俊哉は、UDIを訪ね六郎を解雇してほしいと言う。
  • 六郎は父に認めてもらうため、事件の真相を突き止めることを決意。ミコトが9番の遺体に残る銃創に気づいたことから、町田三郎と身元が判明する。
  • 前科者だった三郎は親から勘当され、火災が起きたビルを自分の家のように思っていた。火災が起きたとき、三郎は負傷しながらも懸命に家族同然だった人々を救おうとしていたことがわかる。
  • 六郎は「UDIラボで働きながら将来について考えたい」と父・俊哉に訴えるが、俊哉は「二度とうちの敷居をまたぐな」と六郎を勘当する。
  • UDIラボこそ“帰る場所”だと気づいた六郎は、週刊ジャーナルを辞める。直後、宍戸(北村有起哉)が六郎に宛てた封筒が見つかり、中には中堂の恋人・糀谷夕希子が残したと思われるピンクのカバの絵が入っていた。

第8話の感想

火災現場での真実、六郎親子の確執、神倉所長の震災経験、ミコトを心配する夏代、引き取ってもらえない遺骨、中堂の恋人が残した「ピンクのカバ」の絵。

今回もまた、1時間とは思えないほど充実した内容でした。

本筋は、上記あらすじに書いた雑居ビル火災の真実究明六郎親子の確執なのですが、枝道も秀逸でした。

そのひとつが、神倉所長が「ヤシキさん」と呼ぶ将棋の師匠とのエピソード。

ヤシキさんはゴミ屋敷の主人で、妻は1年半前に亡くなりUDIで解剖されました。しかし、今も妻の死を受け入れられず、遺骨の引き取りを拒否しています。

そのヤシキさんに、神倉所長が言うんです。

「死ぬのに、いい人も悪い人もない。たまたま命を落とすんです。そして私たちは、たまたま生きている。たまたま生きている私たちは、死を忌まわしいものにしてはいけないんです」

神倉所長のセリフなんですけど……松重豊さんの言葉のように聞こえて、泣けました。

UDIラボで法医学に携わり、亡くなった人の失われた人生と向き合ううちに、自分自身の在り方に気づいた六郎。

でも、マンモス親父は六郎の成長を認めず、勘当されてしまう。

六郎のお父さんを演じた伊武雅刀さんが「僕も娘を持つ親だからわかるけど、親子って親離れよりも子離れの方がはるかに難しいんです」とコメントされていて、そうかもなぁと。

まさか「好きにしろ」ってセリフのあとに、「二度とうちの敷居をまたぐな」が来るとは思わなかったです。

野木さんは、役者さんの魅力を引き出すのが上手いとは思っていましたが、よほど窪田正孝さんを信頼されているのでしょうね。

あのセリフがなかったら、その後、六郎がUDIの保管庫でヤシキさんの妻の遺骨が引き取られていることに気づいて流した涙や、ミコトたちに「おかえり」と言われた時に浮かべた泣き笑いの表情は、見られなかったのだから。

六郎が“帰る場所”を見つけてくれてよかった。
失ったものは大きいけれど、手に入れたものも大きい。マンモス親父を無視できるくらい強くなって、法医学を目指してほしいです。

バラバラのように思われた枝道のエピソードが、最後に本筋に繋がっていく気持ちよさ。
帰れずにいた人々が、それぞれの“家”に帰っていくラストシーンはじわっときました。

しかし同時に、週刊ジャーナルの出版社が、中堂の恋人・夕希子が絵本を出した出版社と同じ「文詠館」であることや、夕希子が残したと思われる「ピンクのカバ」の絵が池鉄さん演じる末次に渡ったこと、そしてスーツケースから発見された遺体に夕希子と同じ“赤い金魚”の傷が残っていたことなどがわかり……嵐の予感を抱かせるラストでもありました。

いよいよ残り2話となりました。
最後までUDIメンバーの活躍を見守りたいです。


ほかの記事を読む?

ドラマ「アンナチュラル」 石原さとみ主演ドラマ「アンナチュラル」あらすじ・キャスト・主題歌 ドラマ「アンナチュラル」 アンナチュラル第6話|“友達じゃない”と言えること