松下奈緒&古田新太「闇の伴走者~編集長の条件」原作・あらすじ・キャストは?

連続ドラマW「闇の伴走者~編集長の条件」

(C)WOWOW

松下奈緒さんと古田新太さんがW主演を務めるドラマ「闇の伴走者~編集長の条件」が2018年3月31日にWOWOWプライムの連続ドラマW枠でスタートします。

2015年春に放送された「闇の伴走者」の続編。前作から3年後を舞台に、元警察官の調査員・優希と、変人漫画編集者・醍醐の凸凹コンビが複雑怪奇な事件の謎に迫ります。

ドラマ「闇の伴走者~編集長の条件」の原作、あらすじ、登場人物(キャスト)についてまとめました。

▼前作「闇の伴走者」のあらすじと感想はこちら

松下奈緒×古田新太「闇の伴走者」あらすじ&感想(最終回ネタバレあり)
「闇の伴走者」全5回のあらすじと感想です(ネタバレあり)。漫画好きな人は、すごく楽しめると思います。ミステリとしても極上で、最後まで先が読めないスリリングなドラマでした。
スポンサーリンク

基本情報

  1. 放送局:WOWOWプライム
  2. 放送時間:2018年3月31日(土)から毎週土曜夜10時~【全5話】
  3. 原作:長崎尚志『編集長の条件―醍醐真司の博覧推理ファイル―』(新潮社刊)
  4. 監督:三木孝浩(「連続ドラマW 闇の伴走者」「ホットロード」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」)
  5. 脚本:阿相クミコ(「連続ドラマW 闇の伴走者」「マルモのおきて」「カインとアベル」)
  6. 漫画担当:森秀樹、田中圭一
  7. 漫画協力:平松伸二、土山しげる
  8. 音楽:グランドファンク(「連続ドラマW 闇の伴走者」「海街diary」「告白」)
  9. 公式サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/bansosha2/

原作

このドラマの原作は、長崎尚志さんの『編集長の条件―醍醐真司の博覧推理ファイル―』(2018年1月発行)です。

長崎尚志さんは、「MASTERキートン」などを手がけた漫画原作者としても知られています。

続編となる本作は、伝説の漫画編集者・南部の不可解な死をめぐって、1949年に当時の国鉄総裁が轢死体で発見された戦後最大の怪事件「下山事件」や、謎めいた紙芝居とリンクしていくというサスペンスフルなストーリー。

前作同様、漫画原作者・長崎尚志さんならではの漫画ミステリです。

長崎尚志さんのコメント

『編集長の条件―醍醐真司の博覧推理ファイル―』は、戦後漫画のルーツの探究とあの未解決事件の真相を軸に、昭和の漫画編集者の死にざま、そして平成の漫画編集者のリアルな実態を絡ませた人間ミステリーです。前作同様、三木孝浩監督、松下奈緒さん、古田新太さんによるドラマ化――このメンバーになんの不安もありません。にわか編集長となった醍醐の痛快な変人ぶりと、少し成長した優希の名推理を楽しんでいただければ幸いです。

あらすじ

かつて一世を風靡した伝説の漫画誌編集者が、中堅出版社の漫画雑誌の復興を依頼され、強い意欲を持って編集長に就任した。しかしその直後にビルの屋上から転落死。遺書も不審な点もないことから、警察は早々に「事故」として処理をした。だがその死には、不可解な謎が多く残されていた。あの人なら殺されても仕方がないと言う編集部員や周囲の人々。「他殺か、自殺か?」――出版関係専門の調査員・優希(松下奈緒)と、偶然にも後釜として編集長に就任した醍醐(古田新太)は、再びコンビを組み、伝説の編集長の死の解明に乗り出す。手がかりは故人が残した作者不明の古い漫画画稿。二人は調査を進め、やがて戦後最大の謎「下山事件」に辿りつく。その背後には、「下山事件」を実にリアルに描写した謎の漫画家の存在が! 戦後最大の謎の真相とは?伝説の編集長の死と「下山事件」、そして謎の漫画の関係は? 優希と醍醐が行き着いた驚愕の「真実」とは!?

登場人物(キャスト)

水野優希……松下奈緒
出版関係がメインの調査会社・EKリサーチの契約調査員。元警察官で、亡き父は捜査一課の管理官だった。真面目で正義感が強い。よく躓いたりモノにぶつかったりする。

醍醐真治……古田新太
フリーランスの漫画編集者。優希の調査の手助けをする。変わり者だが漫画のウンチクを語らせたら右に出る者はいない。ジャンクフードに詳しく、商店街フェチでもある。食欲旺盛。

津田寛治
白石隼也
今野浩喜
小宮浩信(三四郎)
八木亜希子
温水洋一
野間口徹
前野朋哉
真野響子
森本レオ
田中 泯
平泉成
岩松了

詳細はわかり次第更新予定

「闇の伴走者」記事一覧を見る