永作博美主演「沈黙法廷」原作&あらすじ&キャスト

連続ドラマW「沈黙法廷」

連続ドラマW「沈黙法廷」

永作博美さん主演の連続ドラマ「沈黙法廷」が、9月24日(日)からWOWOWプライムでスタートします。

無罪を主張する女をめぐって、警察、弁護士、マスコミ、そして彼女を信じる者……それぞれの立場の視点で展開される、刑事・法廷ドラマが融合したミステリー。原作は、直木賞作家・佐々木譲さんの法廷小説です。

ドラマが始まる前に、原作、登場人物(キャスト)、あらすじなど、気になる情報をまとめました。

ドラマ「沈黙法廷」基本情報

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2017年9月24日(日)から毎週日曜夜10:00~【全5話】
  • 原作:佐々木譲「沈黙法廷」(新潮社刊)
  • 脚本: 尾崎将也(連続テレビ小説「梅ちゃん先生」)、三浦駿斗(「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」)
  • 監督: 村上牧人(「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」「連続ドラマW 誤断」)、東田陽介(「水族館ガール」)
  • 音楽: 遠藤浩二(連続テレビ小説 「とと姉ちゃん」『悪の教典』)
スポンサーリンク

ドラマ「沈黙法廷」原作

このドラマの原作は、直木賞作家・佐々木譲さんの法廷小説「沈黙法廷」です。

初老男性の絞殺死体が発見され、捜査の過程で家事代行業の女性が浮上します。彼女の周りには複数の男性の不審死が。しかし彼女は公判で無実を訴え、証言台で突如黙秘に転じます。警察小説と法廷小説が融合した、新機軸の長編ミステリーです。

佐々木譲さんについて

1950年、北海道夕張市生まれ。
北海道中標津町在住。

美術系大学への進学を断念したのち、アルバイト生活を経て広告関連の仕事に従事。
1979年、「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞し、作家デビュー。
1990年、「エトロフ発緊急電」で、山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。
2002年、「武揚伝」で新田次郎文学賞を受賞。
2010年、「廃墟に乞う」で直木賞を受賞。

著書に「ベルリン飛行指令」「ユニット」「天下城」「笑う警官」「駿女」「制服捜査」「警官の血」「警官の条件」「地層捜査」「代官山コールドケース」「犬の掟」など多数。

ドラマ「沈黙法廷」あらすじ

高見沢弘志(市原隼人)は、突然消えた恋人を忘れられず、ずっと行方を捜していた。その頃、都内でひとり暮らしをする資産家の老人(北村総一朗)が、絞殺体で発見される。所轄の刑事・伊室真治(杉本哲太)と西村敦子(臼田あさ美)は、隣人の証言などから家事代行業の女・山本美紀(永作博美)に行き着く。伊室らは警視庁捜査一課と合流し、美紀宅に急行するが、一足違いで埼玉県警に彼女の身柄を拘束される。その現場に居合わせた弘志。やっと見つけた彼女は、警察に連れて行かれてしまった。連続殺人犯としてマスコミの報道は過熱する。弘志は、弁護士の矢田部完(田中哲司)と共に、彼女の真実を探るため奔走する。それぞれが抱く美紀の人物像は十人十色。その上、美紀は裁判中に、突然黙秘し、事件は迷走していく。彼女は悪女かー、淑女かー。

ドラマ「沈黙法廷」登場人物(キャスト)

山本美紀……永作博美
家事代行業。周囲で連続不審死事件が発生し、容疑者として疑われる。何を考えているかよくわからない。

高見沢弘志……市原隼人
パイプ工場の契約社員。行方知れずとなった彼女を探し続けている真っ直ぐで不器用な男。

矢田部完……田中哲司
弁護士。うだつの上がらない男であり、名声を手にしたいと考え、面白い事件を探している。

馬場幸太郎……北村総一朗
赤羽で、変死体となって発見された資産家の老人。美紀に家事代行業を頼んでいた。

馬場昌樹……尾上寛之
馬場幸太郎の息子。両親が離婚し、母親に引き取られる。一人暮らしの父のことを心配している。

丸山香織……菜葉菜
丸山不動産を経営。幸太郎の不動産を預かり、資産管理している。

高井陽介……甲本雅裕
テレビ局のディレクター。情報番組を担当し、数字がでるネタを常に探している。

立花亮子……藤本泉
テレビ局の新人ディレクター。正義感が強く、真っ直ぐな性格。

伊室真治……杉本哲太
警視庁赤羽警察署刑事課の刑事。老人の不審死事件の捜査に当たる。一方的な捜査の方向性に、疑問を抱く。

鳥飼達也……大倉孝二
警視庁捜査一課の刑事。警視庁からきたキャリア組であり、伊室とバディーを組む。

西村敦子……臼田あさ美
赤羽警察署の刑事。刑事課に来たばかりで、伊室についていく。

新庄正男……金田明夫
赤羽警察署の強行犯係長。伊室の上司。本部と所轄の間を上手くとりもつ。

石橋康……寿大聡
優れた情報収集能力をもち、捜査に貢献。

北島徹也……菅原大吉
埼玉県警大宮警察署の刑事。大宮とは別の老人不審死を捜査中。

スポンサーリンク

ひとこと

WOWOWらしい、重厚なミステリドラマになりそう。
法廷ドラマは、ついつい引き込まれて見てしまうんですよね~。
今回も期待しています^^

原作者の佐々木譲さんは、「警察小説では書きにくい逮捕後のドラマを描けると思いました」と語っています。どういう展開になるのか気になります!

主演の永作博美さんは、「人は一瞬の小さなことがキッカケで運命が変わってしまうものなのだ、ということを深く考えさせられる作品でした」とコメントされています。

また、「人との距離感の保ち方ひとつで、周囲からの印象が一変してしまうということが描かれています。本作をご覧になった皆さんが、“人との距離の取り方”について考え直すキッカケになったら嬉しいです」とも。

どんなドラマが展開されるのか楽しみです!


第1話の記事を読む?

連続ドラマW「沈黙法廷」 「沈黙法廷」第1話|謎の女をめぐって

ほかの記事を読む?

連続ドラマW「沈黙法廷」 「沈黙法廷」第3話|“ふたくちコンロ”の哀しさ 連続ドラマW「沈黙法廷」 永作博美主演「沈黙法廷」原作&あらすじ&キャスト