「犯罪症候群Season2」第2話|響子と鏑木の関係が明らかに

連続ドラマW 犯罪症候群Season2

(C) 東海テレビ/WOWOW

WOWOWドラマ「犯罪症候群:Season2」第2話が放送されました。
響子と鏑木の繋がりと、ふたりがどうして殺人代行を行うようになったのかが明らかになりました。
そして、武藤が自分に近づきつつあると知った鏑木……。

展開が早いのは嬉しいのですが、悲しい結末に近づきつつあり、見たいような見たくないような複雑な気持ちです。

第2話ネタバレ

息子を同級生に殺された梶原知之(野間口徹)は、犯人の少年がシンナー中毒で死んだというニュースを目にし、「これでトオルも浮かばれる」と喜びます。

しかし梶原は、矢吹響子(木村多江)に殺人を依頼したことを、妻の成美には話していませんでした。そのことで梶原の妻が混乱していると知った鏑木護(谷原章介)は、「どうして依頼人の意志を確認しなかったんだ」と響子を責める一方で、自分が犯した罪に苦しみます。

先日の交通事故が、臓器移植を目的とした殺人ではないかと考える鏑木と北嶋(阿南健治)は、連続殺人の可能性があると見て、ここ最近の臓器移植手術を調べることに。

成徳総合病院の小児科で働く看護師の小島和子(手塚理美)は、心臓移植のためのドナーを待つ息子・継治(小林豊)のために、次の“標的”を探していました。

響子は、鏑木には言わず、被害者遺族の牧田浩文(板尾創路)と共に梶原夫妻と面会します。「警察に話します」と言う成美に、牧田は「ご主人も捕まりますよ」と脅します。

成美は響子に、「大事な人を殺されたら、相手を殺す権利が生じるんですか?そんな考えを主人に吹きこんだあなたを、私は恨みます」と言います。

牧田の家を監視していた武藤(玉山鉄二)は、牧田宅から出てきた響子の後をつけ、アパートを突き止めます。

響子は、梶原夫妻と会ったことを鏑木に話します。「納得したとは言えないけど、でも結果的によかったのよ。いずれにせよ、復讐されて当然の相手だったんだから」

「それは違うよ」と反論する鏑木。「俺たちはあくまでも代行だ。殺してくれという依頼があって初めて成立する。だから高い報酬をもらっているんだよ。依頼人の気持ちを確かめるために」

「その報酬、私は本当は要らないと思ってる。だって私たちは、正義を守るためにやってるんだから」
「正義なんかじゃない。俺たちは、俺が殺してる相手と同じ、単なる人殺しだ」

「そんなことない!身内を殺された人間は、加害者が正当な報いを受けるからこそ、なんとか生きていけるの。それが適わない理不尽な世の中が間違っているのよ」
「どんな理由があっても人の命を奪うことは許されない。正義の殺人なんてあり得ないんだよ」

「知らなかった……あなたがそんなふうに思ってたなんて」
鏑木の本心を知り、愕然とする響子。

その頃、武藤は取材と称し、牧田の家を訪れていました。武藤は、自分も未成年者に身内を殺された被害者遺族であることを告げます。

「正直牧田さんが羨ましいですよ。どうしたらそんなふうに、立ち直れるんですか?」
牧田は笑って「あなたは大丈夫ですよ」と言います。

「何人ものご遺族を見てきましたから、わかります。立ち直れない方は、目がね、拒絶してるんですよ。他人に救われることを」

武藤は、牧田が事件に関わっていることは間違いないが、実行犯ではないことを環(渡部篤郎)に報告します。武藤は復讐を代行している人間もまた未成年犯罪の被害者だろうと推測し、牧田の言葉を伝えます。環は「会ったことがある気がしますよ、そういう人間に」と言います。

ここ1年の臓器移植手術のドナーを調べた鏑木は、そのうち2件の交通事故が今回の交通事故と似ていることから、同じ犯人による殺人事件ではないかと考えます。しかし、犯人がどうやって3人の臓器移植の意思表示を確認したのかがわかりません。

武藤は、矢吹響子が少年犯罪の被害者であることを調べます。響子は未成年者にレイプされ、恋人を殺されていました。主犯格の加害少年たちは、少年院を出たあと死んでいました。復讐代行の最初の依頼人は、矢吹響子だと推測する武藤と環。

その頃鏑木は、恋人・小百合が殺された時のことを思い出していました。捕まった犯人を殴る武藤を、鏑木は雨の中、ただじっと見つめているしかありませんでした。

その後、小百合を殺した犯人は自殺し、やり場のない怒りと復讐心に苦しむ鏑木。そんな時、「少年犯罪を考える会」で、同じ大学だった矢吹響子と出会います。

事件の後も立ち直ることができず、犯人を殺したいと泣きながら訴える響子に、鏑木は「殺してやろうか?俺が代わりに」と言います。

和子の病院に長期入院しているシックハウス症候群の少女・彩音が発作を起こし、急死します。和子は、直前に見舞いに来ていた母親が何時間も彩音の病室に留まり、彩音を厄介払いするために、わざと彩音の体に触れて殺したのだと憤ります。

和子の息子・継治の病状が悪化し、病院に運ばれます。「こんな症状がまた起きるようなら、厳しいかもしれない」と医者に言われ、「あなたは、絶対に死なせないからね」と眠る継治に呟く和子。

和子は病院のデータベースを調べ、「市原智貴」を次の“標的”にすることを決めます。

交通事故死した3人の共通点を調べていた鏑木は、3人が過去に同じ救急病院に運ばれていたことを突き止めます。その病院は、和子が勤務する成徳総合病院でした。

牧田から取材の依頼を受けた響子は、鏑木に相談します。相手が熱心なルポライターだと聞いた鏑木は、響子のアパートを確かめに行きます。

そこには、響子を監視する武藤がいました。

スポンサーリンク

第2話感想

響子の過去、そして鏑木と響子の関係が明らかになりました。
原作とはずいぶん設定が変わっているので、ふたりの雰囲気が少し違うのですが、骨子は同じなのであまり違和感はありませんでした。

ですが、やっぱり原作で丁寧に書かれている部分がけっこう省かれていますね。
ドラマだし、全4話なので、仕方がないことですが……。

梶原さんの奥さんのこと。
牧田さんのこと。
和子の病院に入院していた彩音ちゃんのこと。

みんな、それぞれの思いを抱えています。
特に牧田さんは、ドラマだとなんとなく悪役っぽいけど、原作では温和で優しい人なんですよね。梶原さんの奥さんを脅したのも、苦し紛れで、内心ではとても落ち込んでいて。

今回は、殺人代行を正義だと信じる響子と、単なる人殺しだと言う鏑木の、ふたりの思いのすれ違いが悲しかったです。

原作の結末は本当に救いがなくて、自業自得と言えばそうなんだけど、ただただ悲しいだけなので、ドラマでは少しでも、誰かに救いがあったらいいなぁと思います。


ほかの記事を読む?

連続ドラマW 犯罪症候群Season2 「犯罪症候群Season2」第3話|原作にはなかった牧田の行動 連続ドラマW 犯罪症候群Season2 「犯罪症候群Season2」の原作「殺人症候群」の人物相関図