イノセント・デイズ第3話|幸乃がストーカーになった理由

連続ドラマW「イノセント・デイズ」

連続ドラマW「イノセント・デイズ」

どうも、夏蜜柑です。
連続ドラマW「イノセント・デイズ」第3話。

今回は、幸乃と敬介との関係が明らかになりました。画面の暗さやザラザラした感じ、そして竹内結子さんの生気のない薄い表情が、幸乃という女性を遠ざからせ、簡単には手の届かない(理解できない)謎めいた存在に見せています。こんな良質な作品をテレビで見られることがうれしい。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第3話のあらすじ

  • 慎一(妻夫木聡)は、被害者遺族である井上敬介(池内博之)の中学時代からの友人・八田聡(山中崇)と会い、話を聞く。八田は、敬介の元恋人である幸乃(竹内結子)とも顔見知りだった。
  • 幸乃には自殺願望があり、敬介に必要とされることで生きる希望を見いだしていた。八田は敬介がたびたび幸乃に暴力をふるうのを案じ、幸乃に別れるよう進言するが、幸乃は敬介と共に生きることを選ぶ。
  • 敬介は新しい恋人を作り、あっさりと幸乃を裏切る。八田からそのことを聞かされた幸乃は諦めきれず、敬介につきまとうようになる。八田は幸乃を説得しようと自分の思いを伝えるが、幸乃は拒絶する。
  • 事件当日の夜、八田の携帯に幸乃から連絡が入るが、八田は出なかった。幸乃を追い詰め、敬介の妻子を殺させたのは自分だと、罪悪感に苦しむ八田。慎一は八田に、もう幸乃のことは考えなくていいと告げる。
  • 翔(新井浩文)が幸乃を精神鑑定にかけて死刑執行を遅らせようとしていることを知り、失望する慎一。翔もまた、慎一が自分に「普通のサラリーマン」と嘘をついていたことを知って慎一を責める。なぜ幸乃に会いに行かないのかと問い詰める翔に、慎一は「会う資格がない」と答える。

第3話の感想

鬱屈した日々を送りながらも、ひたむきに幸乃を信じ、助けようとする慎一。
妻夫木聡さんの抑えた演技がとてもいいです。

第1話では、幸乃の小学生時代が描かれ、マスコミや検察が語る「覚悟のない若い母のもとに生まれ、養父からの激しい暴力にさらされた」ことが事実と異なることが明らかになりました。

第2話では、幸乃の中学生時代が描かれ、「中学時代に起こした強盗致傷事件」が実は冤罪だったことが判明しました。

そして今回。「敬介へのストーカー行為」もまた、何らかの間違いだったのでは……という期待を抱いて見ていたのですが、どうやらストーカー行為は事実だったようです。

幸乃がストーカー行為に至る経緯がとてもリアルで、胸が痛かった。

これまで何度も裏切られ、捨てられてきた幸乃。どうしても自分の思いが届かない現実に、彼女は「もう誰も信じない」「誰も好きにならない」と心に決めて生きていました。

でも、そんな幸乃の固く閉ざした心を、敬介がこじ開けた。

敬介という男は、身勝手で尊大で、友達だろうが恋人だろうが容赦なく傷つける暴力的な人間なのですが、愛情表現も人一倍激しくて。幸乃は「人を信じるのも好きになるのもこれが最後」と決めて敬介と共に生きることを選ぶんです。

正直、わたしには、幸乃が敬介を選ぶ気持ちが理解できませんでした。

でも、「この世界から必要とされていない」と感じることは、わたしにもあります。「もう誰も信じない」と思ったことも、何度もあります。だから、幸乃が生きることに絶望する気持ちは、想像できるんだけど。

生きていられないほどの孤独に苛まれた幸乃が、敬介のような男を好きになってしまったのは、無理のないことだったのでしょうか……悲しすぎる。

こちらから見れば八田のほうがよっぽどいいのに、と思うけど、八田の好意をピシャリと拒絶したところを見ると、幸乃は「誰でもいいからすがりたかった」わけではないんですね。

敬介には、幸乃の心を掴む何かがあったのでしょうね。

事件当日の夜8時頃、幸乃は八田に電話をかけていました。
放火したのが深夜1時頃だから、この空白の時間、彼女は何をしていたのかという話になる。

幸乃は、八田に自殺を止めてほしくて電話したんじゃないかと思う。
あのとき、敬介が言ったんですよね。
「死にたくなったら俺に電話しろ。俺がだめならコイツに電話しろ」って。

でも、八田は電話に出なかった。
だからあの夜、幸乃は薬物自殺を図ったのではないかと。放火はしていないと思う。

山中崇さん演じる八田という人物が、等身大でリアルでしたね。

敬介が酷い奴だと知りながら、付き合いをやめないところも。
密かに想っていた幸乃にすげなく拒絶されて、傷ついたところも。
事件当日にかかってきた幸乃からの電話を取らず、ひとり罪の意識に苦しむところも。

慎一は、清掃会社でバイトしていることが翔にバレてしまいました。
さらに、翔が幸乃の裁判を通して名を上げようとしていることを知って、2人は決裂。

幸乃に会いに行けという翔に、慎一は「会う資格はない」と答えていたけど……。
やはり、慎一は幸乃に負い目があるらしい。強盗致傷事件のことかなぁ。

そして第1話で、幸乃が死刑判決のあとで微笑みかけた相手は、慎一で間違いないようです。わたしは別の誰かなのかとも思ったのですが……。
幸乃は、いったいどういう思いで慎一に微笑みかけたんだろう。

毎回、見応えがあって画面に釘付けになるのですが、残り3話です。
これから慎一がどういう行動に出るのか、幸乃と会うことができるのか、気になりますね。

次回は、余貴美子さん演じる怖いおばあちゃんが再び登場するようです。


ほかの記事を読む?

連続ドラマW「イノセント・デイズ」 イノセント・デイズ第3話|幸乃がストーカーになった理由 連続ドラマW「イノセント・デイズ」 イノセント・デイズ第2話|長谷川京子が犯した罪