「石つぶて」第3話あらすじ&感想:前代未聞のサンズイ!2000年ってどんな時代?

連続ドラマW 石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~

(C)WOWOW

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」第3話。

ついに木崎&斎見がタッグを組みました!
2人に促されて東田課長が判を押すシーンは、最高に興奮しました。
クライマックスシーンを盛り上げてくれる音楽もいい。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

第3話のあらすじ

残高が1億7千万円という真瀬のあおば銀行の定期口座を見つけた木崎は、興奮を隠せずにいた。さらに、普通預金では、3年間に4億円もの金が動いていた。前代未聞のサンズイ(贈収賄などの汚職のこと)の可能性に、斎見と協力し合うように勧める二課長・東田将之(萩原聖人)だが、木崎は聞く耳を持たずにいた。一方、口座の入出金を調べていた斎見は、真瀬があおば銀行に勤める女性行員に400万円を渡している証拠を見つけた。WOWOW公式サイトより)

ネタバレ

斎見(江口洋介)の情報を受け取った木崎(佐藤浩市)は、あおば銀行に勤める女性行員・若木麻里江(石崎なつみ)を聴取することを決意。ひとりで会いにいこうとする木崎に、斎見は無理やり同行する。

麻里江は、真瀬と体の関係があったこと、手切れ金として400万円を受け取ったことなどを正直に話す。すぐにでもナンバーに上げようと息巻く斎見に対し、木崎は「まだ何か足りない」と言う。

木崎は真瀬の元妻に会い、真瀬が常にカード決済していたことを聞く。カードの明細を調べると、真瀬が外遊で使った経費をすべて自分の口座から支払っていたことがわかる。斎見と矢倉(飯豊まりえ)は、真瀬が別の愛人のために購入したマンションを突き止める。

前代未聞の事件になると予測した木崎と斎見は、東田に報告書を提出。ナンバーに上げれば情報が漏れる可能性もあるが、それを踏まえた上での決断だった。

2人の意志を受け取った東田は、報告書に判を押し、刑事部長の国友(矢島健一)に提出。
しかし、国友は警備部長の山内(小野了)を伴い、外務省キャリアの澤井(山田明郷)と鈴原(田中健)にその情報をリークする。

第3話の感想

上の連中、ほんっっとにヒドイなー!
機密費着服する真瀬も最低だけど、もみ消そうとするキャリア連中も最低だ。
実話だと思うとよけい腹が立つ。

前代未聞のサンズイに、力がこもる木崎と斎見。
彼らが口にする「サンズイ」とは、「汚」という字のサンズイに由来する隠語。
つまり「汚職」のこと。
捜査二課の刑事にとって、汚職事件の摘発は別格なのだそう。

木崎や斎見たちの必死さが伝わるだけに、国友の行為が許せない。
あの報告を上げるまで、彼らがどれだけ苦労したと思ってるんだ。

報告書に判を押すとき、東田課長は武者震いでうまく押せないほどだった。
「手伝ってやるよ」と言って、東田の手に自分の手を重ねる木崎と斎見。
あのシーンは最高に興奮したのに、まさか警視庁内に敵がいたとは。
国友めーーー!

真瀬の豪遊ぶりも、前回でかなりドン引きしたのに、まだあるのか!って感じ。
経費を水増しするやり口も汚い。あんなの、体のいい脅迫じゃん。
しかも真瀬本人は同僚から尊敬され、まったく疑われてない様子。

ここまで官僚の醜悪な所行を見せられると、ゲンナリするなぁ……。
ニュース記事を読むのとは、リアリティが全然違う。

だからこそ、二課の活躍に期待しちゃうんだけどね。
次回はどうなるんだろ。

2000年について

物語の時代設定は、1999年から2000年に移りました。
2000年にどんな出来事が起こったか、調べてみました。

  • 1月 2000年問題が注目されるも大きな問題は起きず
  • 2月 Microsoft Windows 2000発売
  • 3月 映画「トイ・ストーリー2」公開
  • 5月 ウラジーミル・プーチンがロシア大統領に就任
  • 7月 九州・沖縄サミット開催
  • 8月 映画「TAXi2」公開
  • 9月 シドニーオリンピック開幕
  • 10月 白川英樹名誉教授がノーベル化学賞を受賞
  • 11月 イチローが野手として日本人初のメジャーリーガーとなる
  • 12月 日本でBSデジタル衛星放送が開始

日本は2000年4月から森喜朗内閣に。ネットバブルが早くも終息に向かいます。

女子高生のソックスは、ルーズから紺色ハイソックスへと移行。腰パンブームの兆しも見え始めます。ユーロビートやパラパラダンスも流行りました。
ドラマ「ビューティフルライフ」「やまとなでしこ」が話題になり、「話を聞かない男、地図が読めない女」がベストセラーに。

流行語は「おっはー」「最高で金、最低でも金」「IT革命」など。
街にはサザンオールスターズの「TSUNAMI」、福山雅治の「桜坂」、浜崎あゆみの「SEASONS」などの歌が流れていた時代でした。

このドラマで描かれている「外務省機密費流用事件」についてはこちら▼

「石つぶて」第1話あらすじ&感想:実話ならではの迫力!外務省機密費流用事件とは?
第1話のあらすじと感想です。1話目からめまぐるしい展開。ドラマの元になっているのは2001年に発覚した「外務省機密費流用事件」。実話ならではの迫力があるね。

原作、登場人物(キャスト)、主題歌についてはこちら▼

佐藤浩市主演ドラマ「石つぶて」原作&キャスト&主題歌&あらすじ
佐藤浩市さん主演のドラマ「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」が、11月5日(日)にスタートします。原作情報・あらすじ・登場人物(キャスト)、主題歌についてまとめました。

「石つぶて」の記事一覧を見る