石つぶて第6話|天は高くして卑きに聴く

連続ドラマW 石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~

(C)WOWOW

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」第6話。

真瀬、ついに壊れる。
外務省に見限られ、新聞の一面に載り、命の危険を感じてメンタル崩壊です。
木崎と斎見は、ついに真瀬の横領の手口を突き止めます。
今週も最高に面白かったぞー!

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第6話のあらすじ

  • 木崎(佐藤浩市)と斎見(江口洋介)、東田(萩原聖人)の3人は、真瀬が着服した金が“機密費”ではないかと推測する。
  • 事情聴取を終えた真瀬(北村一輝)は外務省に戻るが、事態を危ぶむ安西(佐野史郎)は真瀬を見限る。
  • 木崎たち情報係は捜査を続け、真瀬があおば銀行以外にも多数の隠し口座を持っていることや、領収書を偽造して外遊費を水増し請求していたことを突き止める。
  • 真瀬が受け取っていた金は、総理官邸の金庫から出されたものだった。相手が官邸とわかり、奮い立つ木崎。
  • 新聞に真瀬の記事が載り、マスコミが真瀬の自宅に押しかける。木崎と斎見が訪ねると、真瀬は怯えきって寝室に閉じこもり、「殺さないでください」と繰り返していた。
スポンサーリンク

第6話の感想

外務省と総理官邸に立ち向かう捜査二課……もう、シビれます。
最高にカッコイイです。
真瀬が自殺するかもと心配して、木崎と斎見が急いでマンションに向かう場面とか、2人ともカッコよすぎ。スーツ似合いすぎ。

実際には、ドラマの見せ場には決してならないような、地味で緻密な捜査が延々と続いたんでしょうねー。投げ出したくなったりはしなかったんでしょうか。

情報係のメンバーが出してくるデータが、ほとんど紙に手書きというところにも時代を感じて、すこし和みました。矢倉ちゃんは、スクラップといい、手書きのグラフといい、仕事がまめで丁寧だな。
でも木崎が個人情報を記載した紙を外に持ち出して見てたりすると、思わずヒヤヒヤしてしまう。会社でさんざん叩き込まれたコンプライアンス意識がまだ消えてないわー^^;

厚顔無恥を極めた真瀬も、やはり命は惜しいんだね。
あんな大胆な不正をして豪遊しておいて、何のお咎めもなく済ませられると思う方がおかしいけどねぇ。
しかも総理官邸の秘密の金に手を付けたんでしょ?それで平気な方が恐ろしいわ。
何の覚悟もしてなかったんでしょうかねー彼は。

佐野史郎さん演じる安西官房局長が車の中で密会してた相手って、首相?首相だよね?「いっそのこと死んでくれればいいのに」って……コワッ。リアルにありそうでコワッ。
こういうのを見せられると、権力者の裁量ひとつでどんな真実も簡単に消したりねじ曲げたりできる、ということがリアルに伝わってきてゲンナリしますね。

実際、このドラマの元になった外務省機密費流用事件は、当時ほとんど報道されなかったらしいです。私もまったく記憶にない。こんな衝撃的な事件なのに。

国家という巨大な権力に立ち向かっていった二課の人たちの覚悟は、どれほどのものだったんだろう。ちょっとやそっとのことでは折れない強い信念を持っていないと、できないことだろうなぁ。

強がっていた真瀬も、ついにメンタル崩壊しちゃいました。
でも今度の聴取は、泣く子も黙る羽佐間主任だからね。
泣きべそかいたって、許しちゃくれないよ。
今度こそ、しっかり覚悟して全部吐き出しなさい。

そして東田課長。
前回は不意打ちのスラムダンクでしたが、今回は十八番の司馬遷でした。

(てん)(たか)くして(ひく)きに()

天帝は高い所にいながら下界の人々の声を聞き、その善悪を監視し、厳正な判断をする……という意味です。

東田課長は、この言葉どおりの人ですね。
木崎と斎見の上司が東田課長でよかった、と毎回思います。

次回は、この事件に隠された真相を暴けるでしょうか。
最終回まで残り2話です。

このドラマで描かれている「外務省機密費流用事件」については、こちらで書いています▼

http://dramaeveryday.com/wowow_ishi_1/

原作、登場人物(キャスト)、主題歌については、こちらで書いています▼

http://dramaeveryday.com/wowow_ishi_0/

「石つぶて」の記事一覧を見る