中谷美紀×東野圭吾「片想い」第1話あらすじ&感想:男前な女性たちに惚れぼれ

連続ドラマW「片想い」

どうも、夏蜜柑です。
WOWOWドラマ「片想い」第1話。

“男”を演じる中谷美紀さんの美しさに惚れぼれ。
この殺人事件がどう展開していくのかまったく予想がつきません。
次回以降が楽しみです。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

第1話「七夕」あらすじ

「人を殺した」元女子マネジャー・日浦美月(中谷美紀)はそう告白した。帝都大学アメリカンフットボール部だった西脇哲朗(桐谷健太)は、早田幸弘(大谷亮平)らと開いた同窓会の帰り、美月と遭遇。美月は、殺人の告白に続けて、自分が性同一性障害で、今は男として生きていると打ち明ける。元マネジャーで哲朗の妻・理沙子(国仲涼子)と美月の元恋人・中尾功輔(鈴木浩介)らも加わり、哲朗たちは美月を守ろうと奔走する。(WOWOW公式サイトより)

スポンサーリンク

第1話「七夕」感想

中谷美紀さん、しゃべり方とか仕草とか、完全に男だったなぁ。
ご本人は「筋トレしたけど、全然男らしくなれなかった」なんてことをおっしゃってましたが、十分イケメンですよ!

昔の仲間と再会するなり「人を殺した」と告白する美月。
その後、実は中身は男だったとさらに衝撃の告白。

おろおろするばかりのだらしない男ふたり(桐谷健太&和田正人)に比べ、「美月は私が守る」と言い切る理沙子(国仲涼子)の潔くカッコいいことよ!
女のほうが男前じゃないですか^^;

いくら昔の仲間とはいえ、やけにあっさり殺人を告白するなーと思ったんだけど、どうやら美月は何か隠しごとをしてるみたいですね。
この殺人事件、単純なものではなさそう(東野圭吾さんだから当然か)。

哲朗が取材してた陸上選手がどう絡んでくるのか気になる。

原作、登場人物(キャスト)、エンディング曲についてはこちら↓で書いています。

http://dramaeveryday.com/wowow_kataomoi_0/