WOWOW映画の日特別ドラマ NO MOVIE,NO LIFE/第1幕あらすじ&感想

WOWOW映画の日特別ドラマ 「NO MOVIE,NO LIFE」
どうも、夏蜜柑です。

「WOWOW映画の日特別ドラマ NO MOVIE,NO LIFE」第1幕。

30分だけど結構いい話で、面白かったです。矢本悠馬さん演じる子供っぽい同棲相手がリアルでよかった。セクハラ男に「感じ方は人それぞれ」と言い放った主人公がカッコいい。

スポンサーリンク

第1幕のあらすじ

  • 新入社員の野村麻里奈(桜庭ななみ)は、フリーターの小田涼(矢本悠馬)と同棲中。毎日2人で大好きなホラー映画を観てきたが、麻里奈は仕事でストレスが溜まり、のんきな涼に苛立つ。
  • 会社の先輩・墨田(矢野聖人)の大人な対応と優しさに触れ、涼の子供っぽさが気になり始めた麻里奈は、涼に冷たい態度を取るようになる。
  • 墨田に誘われ、麻里奈は2人きりの食事をOKする。泣ける映画が好き、と言う墨田だが、具体的なタイトルは出てこない。さらに「ホラー映画を見ると怖すぎて笑ってしまう」という麻里奈の感覚を否定する。
  • 自分と同じ感覚を持ち、人それぞれの感じ方を尊重する涼を思い出し、麻里奈は墨田に別れを告げて食事の席を後にする。家に帰ると、涼が麻里奈と一緒に映画を見ようと待っていた。

第1幕の感想

地味だけどいいドラマでした。

矢本悠馬さん演じる恋人・涼の空気読めなさに、主人公同様イラッしたけど、矢野聖人さん演じる墨田の下心がわかりやすすぎた^^;

墨田にとっては、映画は女を口説くための道具でしかないんだろうな。
相手の弱みにつけ込むとか、常に計算で生きている墨田は、映画を見て泣いたことあるのかな。

女は上司を褒めてニコニコしてればいいんだよっていう考え方にも地味に腹立つ。

桜庭ななみさん演じるちょっと頼りない主人公、墨田につけ込まれて危ない目に遭うんじゃないかと心配したけど、バシッとゆうたったね。

「映画、好きじゃないですよね」
「墨田さんには一生わからないと思います」
「感じ方なんて、人それぞれなんだから」

先輩相手でもちゃんと自己主張する主人公、エラい。

子供っぽいけど、無自覚に他人を尊重できる涼が素敵でした。

映画を見てどう感じるかは人それぞれだけど、自分と同じ感じ方をする人と出会えたらうれしい。そんな人と一緒に映画を見るのは楽しい。

そんな小さな、でも貴重な幸せに気づかせてくれるドラマでした。

ちなみに劇中で主人公がいちばん好きと言っていた映画はこちら↓

何コレ……ジャケット見ただけで怖いんやけど(ホラー超苦手)

「恐怖は人類の最も古い感情である」

涼が読んでいた雑誌「ホラー映画クロニクル」に載っていた名言。これは、クトゥルフ神話を作り上げたアメリカの作家、H・P・ラブクラフトの言葉です。

深いなぁ……。

▼各話のあらすじ、登場人物(キャスト)はこちら

WOWOW映画の日特別ドラマ NO MOVIE,NO LIFE/あらすじ・キャストは?
WOWOWによる映画の日特別ドラマ「NO MOVIE,NO LIFE」が2月10日(土)に放送されます。放送時間、あらすじ、キャストなど気になる情報をまとめました。

「NO MOVIE,NO LIFE」の記事一覧を見る