「監査役 野崎修平」第5話あらすじ&感想:権力闘争よりも下町路線のほうが好き

連続ドラマW「監査役野崎修平」

(C)WOWOW

どうも、夏蜜柑です。
連続ドラマW「監査役 野崎修平」第5話。

今回は盛りだくさん。その割には、あまり面白くなかったなぁ。頭取と野崎のやりとりも同じことの繰り返しで、飽きてきました。次回に期待。

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

第5話のあらすじ

  • 野崎(織田裕二)が木村ビルの火災現場に駆け付けると、谷田(酒向芳)から「おまえのせいだ」という脅迫電話が入る。危険を感じた野崎は家族をアパートに引っ越させる。
  • 京極(古谷一行)は、総会屋と繋がりのある武田(岸谷五朗)に、海藤(宇梶剛士)と手を切るよう命じる。さらに、祥子(松嶋菜々子)に野崎の動きを見張るよう釘を刺す。
  • 沖田(小林且弥)が谷田に拉致され暴行を受ける。沖田はG1計画の詳細資料を手に入れ、木村ビルの土地が初めからG1計画に含まれていたことを野崎に話す。
  • 沖田はG1計画の資料をネタに父親の会社である大日本生命を脅迫するが失敗、資料を野崎に託す。野崎は京極に頭取を辞めるよう進言するが、京極はシラを切る。
  • 野崎に手を焼いた京極は、かつて懐刀として暗躍した柳沢(光石研)を副頭取として本店に呼び戻す。その直後、おおぞら銀行本店に特捜が入る。

第5話の感想

マフィアの権力闘争みたいなストーリーが、どうしても受け付けないなぁ……。

あくまで好みの問題だけど、わたしは下町路線の池井戸作品のほうがいいわ。裏社会とか権力闘争とか苦手。

監査役は、野崎しかいないんでしょうか?

毎回監査室ががらんとしてて気になってしまいます。
滝本さん演じる美保は、ほとんど野崎の個人秘書状態。

と思っていたら、前回処分を免れた坂本さんがチーム野崎に合流。

坂本「監査役室で働かせていただけませんか?」
野崎「力を貸してもらうよ」

えっ……そんなカンタンに部署異動できるの?

うーん^^;
今回はツッコミどころ満載だなぁ。

G1計画の全容が明らかになりましたが、政治や金融に疎いわたしには「ふ~ん」という感想しかなく、驚きはありませんでしたねー。

要するに「おおぞら銀行と大日本生命が、銀座1丁目を地上げして高層ビルを建てようとしていた」ということらしい。

それでウメさんの土地がどうしても必要になり、あえて返済不可能な融資をして土地を取り上げようとた、と。

その裏では京極頭取と鷹山首相が繋がっていて、京極はG1計画の利益の一部を鷹山首相の政治資金に回そうとしていたんですね。

前振りの割には予想通りのありがちな内容で、少しガッカリ。

で、その全容をまとめた書類が、なぜか沖田の手に渡り。
大日本生命(沖田の父)を強請ろうとしますが失敗→野崎の手に渡る。

沖田がどうして大事なネタを野崎に渡したのかが謎です。
野崎に渡しても、一文の得にもならないのにねぇ。

本人は「マスコミに流そうとも思ったけど、アンタに渡したほうが面白そうだ」って言ってたけど、沖田って何よりお金を優先する人じゃなかったっけ?

そして今回も京極頭取に振り回される野崎。

頭取、手強いねぇ(-_-;ウーン
どう見ても野崎が太刀打ちできる相手とは思えないのですが、どうするんでしょうか。

わたしとしては、野崎が武田専務と立川祥子と組んで、京極を失脚させる図を見たいけど。まだ5話目なので、そう簡単にはいかないのかな。

今回から登場した光石研さん演じる柳沢が、また厄介な存在になりそうで怖いです。

原作、登場人物についてはこちらで書いています▼

連続ドラマW「監査役野崎修平」
織田裕二主演ドラマ「監査役 野崎修平」原作・あらすじ・キャスト

「監査役 野崎修平」の記事一覧を見る